「痛い」にまつわる記事

【コラム】30代なのに健康診断の注射が怖いんだけど、涼しい顔してるヤツ何なの?

誰でも子供の頃に怖かったもの、嫌いだったものがあると思う。ニンジン、ピーマン、お化け、暗い所、雷……。おそらく、その中には注射も含まれるはずだ。インフルエンザの予防や採血で腕に注射を刺される。それは、子供にとって恐怖以外の何物でもない。

子供の頃と書いたが、現在30代の私(あひるねこ)は、いまだに注射がけっこう怖い。先日行われた会社の健康診断で採血をされた時も、やられる前からすでに怖かった。なのに、周りの大人たちを見ると、みんな涼しい顔をしてやがるのだ。あんたら、注射が怖くないんか!?

続きを全部読む

記事提供:Z TOKYO

超絶カッコイイ!  外国人に大ウケする「痛部屋」の魅力とは?

部屋に入るとベッドカバーやカーテンはもちろん、壁、天井まで萌え系のイラストが埋め尽くしている。ここは東京・麻布十番のとあるゲストハウスの「痛部屋」だ。「痛い」という言葉は要するに「見ていて痛々しい」ことを指すネットスラングだが、この空間は痛々しさを超えてもはや前衛的なアート作品のようである。

続きを全部読む

タトゥーの痛さってどんな感じ? どこの部分が痛いの? など体験談色々

あなたは入れ墨やタトゥーを入れようと思ったことがあるだろうか? きっと本気じゃなくても、「入れるならこんな絵柄だな」「体のここに入れてみたいな」なんて想像したことがある人も多いはずだ。けれども実行に移すためには、高い壁を乗り越えなければならない。それが……痛みだ。

針などで肌を傷つけ、そこに色をつける……。想像するだけでも恐ろしいのに、実際にやった場合には、どれほどの痛みを感じるのだろうか? ということで今回は、「タトゥーを入れるときの痛さ」や「特に痛い部分」など体験者の声をお伝えしよう!

続きを全部読む

最初にお伝えしておこう。この画像は “閲覧注意” である。特にワンコ好きの方はご注意頂きたい。

米オクラホマ州在住のある一家がペットとして飼っていたブルドッグのベラ。ある日庭で遊んでいたところ大惨事にみまわれてしまった。ベラは顔面トゲだらけになっていたところを発見されたのである。その時の様子があまりにも痛々しいのだ。

続きを全部読む