「抗議」にまつわる記事

米の男子高校生が「肩出しトップス」を着て登校したアツ〜い理由

たとえ制服がなくても、学校や職場では適切な服装を心掛ける必要がある。だが時として、“適切” の解釈の違いによって、トラブルが起きてしまうこともあるようだ。

以前にロケットニュースで、短パンで出勤した男性が家に帰されてしまい、法律を逆手に取ってワンピ姿で職場に戻ったニュースをお伝えしたことがあった。そして今度は、「肩だしのトップス」で登校した女子生徒が帰宅させられる事態となり、それに抗議した男性生徒が、「問題のアイテム」を着て学校で抗議したというのである!

続きを全部読む

美しきモデルが全裸で抗議!「ドナルド・トランプよ出てこい!」と NY タイムズスクエアで主張し話題に

世の中には、色々な抗議方法がある。言葉や手紙で直接思いを伝えたり、ストライキやデモを行ったり。そしてときには、突飛な行動をとり衆目を集めることで、何かを主張しようとする人もいる。

現在話題になっている美しきモデルがまさにそうだ。ドナルド・トランプ氏の発言や行動に異議を唱えるために、このモデルは、真っ裸になってニューヨークのタイムズスクエアに立ったというのだ……!

続きを全部読む

【動画あり】長いミーティングに女性従業員がキレた! 同僚に「母乳をぶかっけて」ミーティングの終了を宣言する決定的瞬間

本日2月12日はブラジャーの日である。今から100年以上前の今日、1913年にアメリカ人女性がブラジャーの原型となるものの特許を取得したことからワコールが制定したらしいが、そんなブラジャーの日にふさわしい(?)ニュースが飛び込んできたので、動画と合わせて紹介したい。

事件の概要を簡単に説明すると、1人の女性がミーティング中に片乳を引っ張り出し、周囲に母乳をぶっかけたのだ。どうやら、長過ぎるミーティングにイライラしていたらしい……。

続きを全部読む

【動画あり】白人至上主義団体 KKK の人種差別的パレードを “平和的にマヌケな雰囲気にする”  独創的な抗議方法が「天才的だ!」と拍手喝采

世界中が頭を抱える人種差別問題。日本のみならず、あらゆる国・地域で差別が起こり続けているようだ。例えばこの度、アメリカであの白人至上主義団体 KKK が人種差別的なパレードを行ったというではないか!

その場に居合わせた男性は、彼らに抗議するために「なんとかパレードの雰囲気をおマヌケにしたい」と考えた。そしてある行動をとったのだが……その方法が「天才だ!」と話題を集めているのである。一体、何をやったんだろう!? 動画『KKK marchers going to Rally』をチェックだ!

続きを全部読む

性的暴行を受けた女子大生が「現場となったマットレスを常に持ち歩き」大きなニュースに / 犯人が罰を受けるまで止めない!と主張

満員電車や夜道の一人歩きで、ふと不安になる女性の気持ちは男性には分からないものだろう。いつ痴漢や性的暴行の犠牲になるかも分からない女性達は、常に危険にさらされているといっても過言ではない。

そんな犠牲者の一人になってしまった米女子大生の抗議運動が、注目の的となっているので紹介したい。性的暴行の現場となったマットレスをキャンパス内で常に持ち歩き、「犯人が罰を受けるまで止めない!」と主張する彼女のニュースが、大きく取り上げられているのである。

続きを全部読む

「デブの客はお断り」有名ブランドCEOの暴言が物議 / 抗議行動にでた男性の動画が大反響を呼ぶ

2009年に、日本初上陸を果たした米国ブランド「Abercrombie & Fitch」、通称「アバクロ」。有名人たちから支持されていたこともあり、オープン当初から日本でも人気が高かった。だが実は、差別主義的ともとれるポリシーやCEOの度重なる暴言などにより、海外ではこれまでに幾度となく訴えられているアパレルブランドなのをご存じだろうか。

つい先日も、アバクロのCEOマイク・ジェフリーズ氏が、「太った人にはうちの店で買い物してほしくない。アバクロが求めているのは細くて美しい人だけだ」との発言をし、物議を醸した。これを受けて、ひとりの男性がアバクロに抗議するためある行動に出たのだが、その様子を撮影した動画が現在大きな反響を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

以前の記事で、フランス国営放送のテレビ司会者が、福島原発事故を揶揄(やゆ)するような発言をして、物議をかもしたことをお伝えした。この司会者、ローラン・リュキエ氏の発言問題に駐フランス日本大使館は文書で抗議し、政府藤村修官房長官も不快感を示したのだが、彼が再び暴言を発していたことが判明した。

ローラン氏はラジオ局「Europe1」で、日本側に抗議されたことに触れ、「(問題になった発言で)日本人も福島の犠牲者も侮辱したつもりはない」と反論。そして「フランスのテレビ放送がやることを、決めるのは日本じゃない!」としたうえで、「正気じゃない!」と猛烈に抗議した。さらに次のように表現して、とるに足らないことと言い放った。

続きを全部読む

国際ハッカー集団アノニマスがコミケ会場に来る! コミケ初日に作戦実行を宣言

日本では10月1日より違法ダウンロード罰則化が施行される。それに強く抗議し日本の政府機関や関係団体に宣戦布告、次々と攻撃したことで日本中に名前が知られた国際的ハッカー集団「アノニマス」。

彼らは違法ダウンロード罰則化以外にも児童ポルノサイト撲滅運動など各方面で抗議・行動をしている。8月8日に公式Twitterに「状況は予断を許さない。我々は緊急行動を発動する」とツイート。その動向が注目されていたが、ついに行動内容が明らかになった。

彼らは「8月10日、有明のやぐら橋付近で清掃活動を行う」と、宣言したのである。有明と言えば日本最大規模の同人誌の祭典『コミックマーケット』の会場、そして8月10日はその初日だ。

続きを全部読む

国際的ハッカー集団アノニマスが7月7日に渋谷で作戦を行うことを宣言!

違法ダウンロード罰則化を織り込む改正著作権法が成立され、10月1日から施行される日本。それに強く抗議するのが国際的ハッカー集団「アノニマス」であり、日本の政府機関や関係団体に宣戦布告、次々と攻撃したことは記憶に新しい。

その結果、ついに警視庁も本格捜査へ乗り出すなど、一瞬も目が離せない状況であるが、またもアノニマスが日本に向けた作戦を発表した。その名も「オペレーション・アノニマス・クリーニング・サービス(Operation Anonymous Cleaning Service)」。通称「OpACS」こと、街頭清掃作戦である。

続きを全部読む

中国国営テレビの美人アナウンサーが中指を立てて抗議か / ネットユーザー「よくやった!」

中国国営テレビ中央電視台のニュース番組で、生放送中にアナウンサーが批判的なコメントをしたところ、突然画面が関係ないものに切り替えられるという事件が起こった。すぐに元のニュース画面に戻ったが、そこに映し出されていたのは美人アナウンサーが中指を立て抗議する姿だったという。

続きを全部読む