「恋」にまつわる記事

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第54話:恋の奥義の如し1」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【コラム】なぜ「ここ一番の大勝負」の時に限って鼻毛が出ているのか

どう人間があがいても、自分の目からダイレクトに「鼻毛」は見えない。奴らときたら、ご主人様から見えないことをいいことに、やりたい放題の大盤振る舞い。抜いても切っても整えても、「ここぞ!」という場面でピロリンチョと出ているのだ。

かなり神経質に鼻毛カッターなどを用いて処理をしても、なんのつもりだか1本だけ「ど〜も〜」と勝手に挨拶している始末である。まさに「ここ一番の大勝負」の時に限って、いくら注意してもグイグイと出しゃばってくるのだ。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【コラム】なぜ電車のとなりの席に女性が座ってきただけで「俺のこと好きなのかな」と思ってしまうのか

電車の中は社会の縮図である。秩序もあれば無秩序もあり、人それぞれ、様々な “想い” がそこにはある。たとえば男の私(筆者)が電車に乗る。空いているので端っこの席に座るが、徐々に席は埋まってきた。見渡すところ、空いている席はのこり3人分。

ひとつは7列シートに座る私の隣であり、もう一つは対面7列シートに空いている2席だ。

――と、そこに新たな乗客が乗り込んだ。OL風の女性である。さぁて、どこに座るんだ……と思いきや、選んだのは私の隣。そして私はこう思う。「もしかして、この女性(ひと)、俺のこと好きなのかな……」と。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【ある愛の形】会ってわずか一日の男性の名前を顔にドデカく刻んだロシア人女性に海外ユーザーも驚愕

一度入れてしまうとそう簡単には消せないタトゥー。もちろん、レーザーや切除方法などで除去することはできるが、まったく傷跡を残さずまるで何もなかったかのように完全にもと通りにすることは、最先端技術をもってしてもなかなか難しいようだ。

そんななか、いま海外では、顔のほとんどを覆ってしまうほどデカデカと、愛する人の名前を刻んだロシア人女性が話題だ。国内外の大手メディアでも取り上げられるほどの注目度なのだが、彼女がここまで話題になっているのは単に顔のタトゥーだけが原因でない。実は、顔に彫ったその名前は、出会って一日しか経っていない男性のものだったのだ。

続きを全部読む

「恋は盲目」「恋は麻薬」は本当だった! 最新研究で恋がおよぼす影響が明らかに

その昔から、恋にまつわる名言は無数に存在します。そのなかでも「恋は盲目」や「恋は麻薬」はよく聞く言葉ではないでしょうか。はたして、恋は本当に周りを見えなくさせ、心を麻痺させるのでしょうか。最新の科学研究で、どうやらこれらが本当であることが明らかになったようです。胸を焦がすような恋に落ちると、人は冷静ではいられなくなるようですね。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2