「就職活動」にまつわる記事

【ハローワークの日】無職の私がハローワークに行かなかった理由

本日4月17日が何の日か、皆さんはご存知だろうか。アポロ13号が地球に帰還した日であり、「THE ALFEE」の高見沢俊彦さんの誕生日でもあるのだが、実は公共職業安定所(ハローワーク)が発足したのが1947年の今日。4月17日は「ハローワークの日」なのだ。

そこで今回、長きに渡り不動の無職を続けてきた私(西本)が、「ハローワークに行かなかった理由」と題して、ハロワにまつわる思い出をお送りしたい。とはいえ、敬遠していたものの結局は「行った」のだが……なぜ避けていたのか、行ってみて何を感じたかを書いていければと思う。

続きを全部読む

私を「尊敬している」という人物に会ったら、めちゃくちゃ可愛い子で猛烈にビビった話 / あるいはスタバオジサンの悲哀

こんにちは、佐藤です。賢明な読者の皆さんであればおわかり頂ける通り、私は並みのオッサン。いや、 “中の下” くらいのオッサンである。そう自負している。人生40年も生きていれば、自分の価値くらいはわかるものだ。自分が特別な存在ではないことくらい重々承知している。

さて、そんな私でも、時々「会いたい」と言って頂ける方がいる。有難いことだ。しかもその多くは外国人であることが多いから驚く。最近またしても、オーストラリア在住の大学生から、「日本に来た時にぜひとも会いたい」というメッセージが届いた。その人物は私のことを、ビックリするくらい高く評価してくれていたのだ。マジかよ!

続きを全部読む

【実話】日本の新卒信仰は異常 / 転職サイトの人「女性で27才? 年齢的にどこの会社も採用したがらないから無理」

就職において、日本のような「新卒一括採用」は世界に例を見ない。そんな話をよく聞く。日本の新卒信仰は異常。新卒の前には、数年の経験なんて無いに等しいらしい。

そんな新卒&若さ信仰を肌で感じたことがある。27才の頃、転職支援サイトに登録、カウンセラーに相談しに行ったところ、年齢を理由に門前払いされてしまったのだ。えええ、まだ若いつもりだったのに! 新卒と5つ違うだけで価値ナシなの!?

続きを全部読む

世界的な企業トップが語る「面接でかならず聞く質問」8選

働かざるもの食うべからず。今日も多くの人々が労働に従事していることだろう。しかし働き始めるまでに、大きな関門を突破しなければならない。そう、面接だ。

反射的に「いやだな〜」と思ってしまうが、しょうがない。たいていの仕事に面接は不可欠なのだ。そこで今回は、CEO や社長など、世界的企業のトップが語る「面接でかならず聞く質問」8選をご紹介したい。

続きを全部読む

【面接の極意】就職活動してる人必見! 面接で一度も落ちたことがない達人が教える「面接のコツ」

当人たちや関係者以外は気付きにくいが、そろそろ就職活動のピークを迎えるシーズンである。希望する企業に就職するため、就活生たちは緊張感を持って生活していることだろう。

就職にあたり、絶対にクリアしなければいけない関門に「面接」がある。せっかく書類選考を通っても、面接官と真正面から向き合う面接を通らなければ、就職には至らないのだ。そこで今回は「人生で一度も面接で落ちたことがない達人」が、面接におけるコツを伝授するぞ!

続きを全部読む

提供:ワークスアプリケーションズ

【マジかよ】最近の新卒採用が迷走してる件 / 超マジメな企業が戦隊ヒーロー風の社歌まで作っててビビッた

寒い冬が終われば春がやって来る。新しい季節、新社会人として新生活をスタートさせる人も多いだろう。どんな毎日が始まるのか、期待に胸が躍りますなぁ~!

新社会人のみなさんがめでたく新社会人になれたのも、就職活動を死に物狂いで頑張った賜物である。ちょっと面白いな!と、就活中に気になった学生もいるかと思うが、最近の企業の採用活動はどんどんユニークになっていて、採用試験にSNSを活用したり、ゲームを取り入れたりしているところもあるらしい。

そんな中、めちゃめちゃ斜め上な採用活動を行っている企業を発見した。それは、大手企業向けビジネスアプリケーションを扱う『ワークスアプリケーションズ』である。めちゃめちゃマジメ系な会社なのに……斜め上すぎて震える。

続きを全部読む

斬新な方法で就活してガッツを見せた男子が仕事をゲット!! 今度は同じ方法でリクルートする側に!

ほとんどの人が生活のために働いているわけだが、一日の大半を費やす仕事だけに、好きな仕事ができるに越したことはない。そんな仕事を求めて就職活動をしていた男子が、ある斬新な方法で仕事をゲットし、 今度は同じ方法でリクルートする側になったと話題になっている。

自分が本当に求めるものは、これぐらいの覚悟でゲットしなければいけないのだと、考えさせられるストーリーになるはずだ。

続きを全部読む

【就活生必見動画】いくらなんでも失敗&不運続きの就職面接 / テンポよく展開するショートフィルムがどこか “あるある” で泣ける

就職活動と言えば、避けて通れないのが面接だ。就活生の中には、「どうしても緊張してしまう」と悩んでいる人も少なくないだろう。今回はそんな緊張の就職面接をテーマにした1本のショートフィルムをご紹介したい。

YouTube にアップされた動画「Long Story Short – I Went to the Bathroom」がそれ。その内容はというと……面接直前の男性が、これでもかと言うほど、失敗しまくるのである。致命的ミスと不運の連続! しかし、どこか共感を感じて「あるある!」と思ってしまう……そんな映像なのだ。

続きを全部読む

【あるある】ぬるま湯につかっている大学生が就活のグループディスカッションに参加した時にやりがちなこと40連発

就職活動でよくあるのが、グループディスカッションだ。当日出会ったばかりの他の学生と、何かについて議論をする、アレである。ここでは、そんな就職活動のグループディスカッションにまつわる、あるあるネタを紹介したい。題して「ぬるま湯につかっている大学生がグループディスカッションに参加した時にやりがちなこと40連発」だ。就活生は、以下を読めば「こうなったらヤバイ」と、少しはモチベーションが上がるかも!

続きを全部読む

日本の「就活」を見事に描いたアニメーションが話題に! ネットの声「息苦しいほどに絶望的」「いかにも日本らしい…」

多くの学生を苦しませる「就職活動」、いわゆる「就活」。あるシーズンになると学生たちが一斉にスーツに身を通し、企業説明会へと足を運ぶこの就活は、日本独自の一種の文化であり、世界的に見ても他ではなかなか見られないスタイルである。

その日本らしさがいっぱい詰まった就活を見事に描き切った映像作品が、現在ネット上で注目を集めている。「就活狂想曲」というタイトルのその映像作品は、吉田まほさんという方を中心に制作されたものであり、全編アニメーションとなっている。

続きを全部読む

「仕事をください!」最後の7万円を使って自分の看板広告を出した就職浪人の若者が話題に

長引く世界的な不況の中、若者の失業率は年々増えているといわれています。就職浪人という言葉ができて久しい日本も例外ではありませんよね。

明けても暮れても「企業の出す求人に応募して返事を待つ」暮らしは、とっても疲れるものです。「それだけで1つの仕事みたいなものさ」なんてシニカルなジョークが言われるイギリスで、現在、人とは違うユニークな就職活動に踏み切った若者が話題になっています。

続きを全部読む