「児童虐待」にまつわる記事

【ネタバレなし】史上最悪に不快でおぞましいリアリティーショー『SNS-少女たちの10日間-』配信開始

チェコ発のリアリティーショー『SNS-少女たちの10日間-』のデジタル配信が各種動画サービスで始まった。テーマは児童の性的搾取。SNS上で、相手が12歳だと知りながら性的目的で近づいてくる男性たちを告発した内容だ。

本国チェコではドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。チェコ警察から刑事手続きのための映像提供が要求された問題作だという。

ちょっと乱暴な言葉だが、これほど「胸クソ」な映画もない。「見て欲しい」という単純なセリフでは表現できない作品の一端をご紹介したい。

続きを全部読む

【漫画】「嫁が生きてきた壮絶な16年間」が想像の100倍壮絶で読むに堪えない / それでも児童虐待から目を逸らすな

出だしから申し訳ないが、今回ご紹介する漫画『嫁が生きてきた壮絶な16年間』は、ハッキリ言って胸クソが悪くなる作品である。もちろん作品そのものではなく、漫画に登場する「約10年に渡り児童虐待し続けた親に対して」だ。

鬼か魔物か畜生か──。そんな言葉では生ぬるいほど作品に登場する親はヒドい。なので、万人に「読んでください」とは言いづらいが、それでも万人が読むべき作品でもあると思う。社会の一員である以上、我々は児童虐待から目を逸らしてはならない。

続きを全部読む

デヴィッド・ベッカムのタトゥーがアニメーションに!「児童虐待防止」を呼びかけるユニセフのキャンペーンに一肌脱ぐ!!

元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカムは、イケメンすぎる容姿を活かして、下着姿で人気アパレルメーカーH&Mの広告塔を務め、タトゥーだらけのムキムキバディを惜しげもなく披露していた。

そんな、彼のタトゥーがアニメーションになり、「児童虐待防止」を呼びかけるユニセフのキャンペーンのために、文字通り ‟一肌脱いだ” というのである!

続きを全部読む

児童虐待防止! 内閣府がFacebookを利用した「守る力を」ネットワークを発足

悲しいことだが、たびたびニュースになってしまうのが児童虐待。罪のない子どもたちは、まわりから守っていかなければならないだろう。同じく、個人で解決しにくいのが自殺対策や減災である。

そんな問題意識を広く共有するため、このたび内閣府はFacebookを利用した『「守る力を」ネットワーク』を発足。減災や自殺対策、児童虐待防止(オレンジリボン運動)など、様々な情報を発信・共有し始めたのである。

続きを全部読む