「久保帯人」にまつわる記事

『BLEACH』久保帯人先生の新作はラブコメ!『BURN THE WITCH』に海外からも歓喜の声「おかえり(泣)」「女の子可愛い」

2018年7月20日に実写映画の公開も控える『BLEACH』。週刊少年ジャンプの2000年代黄金期を支えるほどの人気を誇った本作が大団円を迎えたのは2016年である。あれから2年……久保帯人先生が帰ってきた

新作の名前は『BURN THE WITCH』。少年ジャンプ編集部のTwitterによると、2018年7月14日発売の少年ジャンプ創刊50周年記念号・33号に掲載されるとのこと。この情報に、日本のみならず海外のファンも歓喜の声を上げている

続きを全部読む

【深イイ話】『BLEACH』と久保帯人先生を救った名前も住所もない手紙、差出人が見つかる

昨年2016年の年末、15年の連載に終止符を打った『BLEACH』。海外でも多くのファンを獲得した本作の終了には悲鳴もあがっていたが、作品終了後、作者の久保帯人先生がTwitterを再開したことも大きな反響を呼んだ。

再開の理由は「人探し」。連載で悩んでいる時期に届いた1通のファンレターの差出人を探したいという。2017年12月13日、そんな手紙の差出人が見つかったことを久保先生がTwitterで報告していたためお伝えしたい。

続きを全部読む

『BLEACH』の久保帯人先生が Twitter を再開してエッセイマンガを投稿! ファンから喜びの声が挙がる一方、炎上の気配も

週刊少年ジャンプの黄金期を支えたマンガ『BLEACH』。ジャンプによくあるバトルものでありながらその洗練されたセリフとスタイリッシュな絵は、圧倒的な個性を放っており、生涯のベストマンガに挙げる読者も少なくない。

15年にわたる連載が終了して3カ月……なんと作者の久保帯人先生が Twitter を再開していた! 2016年10月31日に開設された新アカウントには、早くもエッセイ風のマンガがアップされている。久保先生のマンガが読めるのは Twitter だけ!!

続きを全部読む

【悲報】マンガ『BLEACH』の完結に「まだやってたの?」という声多数 / ネットの声「おわりかたひどい」「藍染との戦いがピークだったな」

2001年、週刊少年ジャンプに彗星のごとく現れたマンガ『BLEACH(ブリーチ)』。絵がキレイで個人的に好きだった連載『ゾンビパウダー』の作者・久保帯人さんの新作ということもあり、とてもワクワクしたのを覚えている。

特に、主人公・黒崎一護のライバルとして登場した護廷十三隊の隊長たちの言葉は、今も私(中澤)の心に突き刺さっている。「カッコ良さとは何か?」そんなことを隊長たちの背中から学んだ。あれから15年……すっかり社会人となった私の耳に『BLEACH』が最終回を迎えたという情報が飛び込んできた。えええ! まだやってたんかい!!

続きを全部読む

EXILEの関口メンディーさんに変身しようとしたら、小物感あふれるMCハマーみたいになったでござる

以前の記事で、私(佐藤)は人気漫画家の久保帯人先生に変身するつもりが、間違えてKBTITになってしまったことをお伝えした。なぜこんなことになってしまったのか……。メッシュのタンクトップを探すのにめちゃくちゃ苦労したのに、間違って変身してしまうとは我ながら大失態……。

・メンディーさんならイケるはず!

このままではマズイ! ということで美容師さんに相談して、急きょ「EXILE」でもっとも尊敬するメンバー、関口メンディーさんに変身することにした。今回はイケる! 絶対イケメンになるに違いないッ! と確信していたのだが……。

続きを全部読む

オッサンが美容院で「BLEACHの久保帯人先生みたいにしてください」と言ったら間違えてただの変態みたいになった件

モテたい一心で先日 L’Arc-en-Ciel の「Hyde」さんに変身した佐藤記者。Hydeパワーでモテるようになるかと思いきや……まったくモテなかった!

彼がなぜモテなかったのか考えた結果「イケメン度は近いものがあるが、歌手と記者では職業が違いすぎて違和感が出てしまった」ということらしい。

続きを全部読む

【悲報】人気漫画『BLEACH』の作者「久保帯人」先生の偽画像が拡散 / 本物より前に偽物「KBTIT」が出る状態に

週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画『BLEACH』の作者といえば、「久保帯人」先生である。筆者も最近BLEACHを読み始めたのだが、いままで勘違いをしていたことがある。それは、久保帯人先生の顔だ。

なぜいままで勘違いしていたのかというと、インターネット掲示板やTwitterに「BLEACH 久保帯人先生」と書かれた画像が張られており、その人物が久保帯人先生だと思い込んでいたのだが、髪型とサングラスが同じなだけの違う人物、通称「KBTIT」だったのである。

続きを全部読む