「中澤星児」にまつわる記事

【ネット恋愛後日談】ネットで彼女ができたので「両家顔合わせ」してみた結果 → 悲劇の結末に……結婚してる人SUGEEEEE!

もう少しで平成最後のクリスマス。36年間ほとんどクリスマスを彼女と過ごしたことがない私(中澤)だが、どうやら2018年はクリボッチの記事を書くことはなさそうだ。3月に彼女ができたから。ネットで出会った子安辺美々(こやすべみみ)さんである。

思えば、美々さんと出会って8カ月以上が経った。長いようで短い8カ月。同棲を始めて約半年だが、色んなことを学ばせてもらった気がする。それじゃあ、そろそろいっちゃう? 両家顔合わせ

続きを全部読む

【ブチギレ】36才バンドマンがネットで出会った彼女の「オカン」に挨拶してみた → 怒声が響くアクシデント発生!!

11月。早いもので2018年も残すところ約2カ月をきった。ちょっと早いが、今年を振り返ってみると、私生活で一番変わったことは彼女と同棲を始めたことかもしれない。ネットでの彼女募集で出会った子安辺美々さん(仮名)である。

出会ったのも今年である美々さん。初めて同棲をする私(中澤)にとって、同棲生活そのものが衝撃の連続なのだが、この度、美々さんのオカン(お母さん)に挨拶することになった。だがしかし、私は現役バンドマンでネット記者の上、植毛手術中である。これ、大丈夫なんだろうか?

続きを全部読む

【衝撃】ネットで出会った彼女と3カ月同棲してみた結果 → ある日家に帰ったら机の上に超でかい「アレ」が置かれていたでござる……

気になることはすぐにネットで検索できる現代社会。「知識はあっても実際に体験したことがない」という物事は意外と多いものである。

以前の記事で、彼女がいなかった私がネットで出会った彼女と同棲するまでの一部始終をお伝えした。その生活も3カ月目に突入したある日のこと。家に帰ると、まさにそんな「存在は知っていても実際に見たことがなかった物」が机の上に置かれていた。

え? これってまさか “アレ” じゃね? うわあ……初めて見た。それにしてもデカすぎない……?

続きを全部読む

【衝撃】ネットで出会った彼女と「同棲」してみた結果……

同棲……それはだ。少なくとも、うだつの上がらない独身生活を送る私(中澤)にとっては。帰って来たら人が出迎えてくれるなんて、それだけで東京砂漠の砂嵐も渡っていけそうじゃないか。死ぬまでに1度でいいから同棲してみたいなあ

つい先日まで彼女がいなかった私にとって、「実現不可」という意味でもそれはまさしく夢だった。だが、今の私には子安辺美々(こやすべみみ)さんがいる! というわけで、同棲してみた結果……

続きを全部読む

【衝撃】ネットで彼女募集したら彼女ができたので両親に紹介してみた結果

嵐とはいつも突然やってくるものである。ゴールデンウィークも差し迫った4月の末、私(中澤)の元に1本の電話がかかってきた。携帯の画面に表示された名前は大阪に住んでいるオカン(お母さん)。

オカンはこう言った。「ゴールデンウィーク東京行くんやけど」と。東京行くんやけど……行くんやけど……くんやけど……だからなんだ!? 一瞬そう思ったが、これは良い機会なので彼女を紹介することにした。

続きを全部読む

【ブチギレ】ネットで募集した彼女を「インドの安宿より汚いゴミ部屋」に呼んでみた → 彼女「この黄色いの何?」

みんなー! 恋してる? 人を好きになるって神秘だよね。この広い宇宙であなたと出会えたことに感謝。ずーっと彼女がいなかった私(中澤)に、ネット募集で彼女ができたことは以前の記事でお伝えした通り。

あれから2カ月弱。外にデートに行くのもネタ切れだ。そもそも、私はインドア派なので、家で一緒にアニメ見たりゲームしたりの “家デート” をしてみたい。というわけで、彼女・子安辺美々(こやすべみみ)さんを部屋に呼んでみることにした。そう、「インドの安宿より汚い」と言われたあの部屋に

続きを全部読む

33才で無職だった私が人生をやり直せた理由

無職……それはこの資本主義社会において、クズにも等しい称号である。だが、私(中澤)は知っている。無職には色んな理由があるということを。なぜなら、私自身がまさに無職だったからだ

と、打ち明けると、「正社員じゃなくてもバイトはやってるでしょ?」と聞かれるが、残念バイトもやってない。33才にして真正の無職だった。もちろん貯金もゼロ。そんな私が人生をやり直せた理由をお送りしたい。

続きを全部読む

【感動巨編】ネットで彼女募集したら「彼女ができた」でござる!

もうすぐ4月。春は目の前だ。だが、私(中澤)の春は遠い。ロケットニュース24で以前、彼女募集をした私。あれから2年が経ったがいまだに独り身である。寒いよお……。

本当にもう一生彼女できないんじゃないだろうか? ほぼ諦めかけていたその時、届いた1通の問い合わせメール。そのメールにはこう書かれていた。「もし可能であれば彼女募集に応募したいのですが」と!

続きを全部読む

【マジかよ】ネットで彼女募集したら「カナダ美女」からメールが来たので会いに行ったらこうなった ~完結編~

月。鋭利な輝きを放つ月。夜空にたった1つだけ、今夜も美しく冷たい光を放つ。だが、私(中澤)は月を見る度思うのだ。「この広い空で1人ぼっちとはどんな気持ちなのだろうか」と。

以前の記事で、ネットでの彼女募集に応募してきたカナダ人に会いに行ったことをお伝えした。彼女ともっと話したいし、もっと色んな場所に行きたい。そこで、また誘ってみることにした

続きを全部読む

【好きだ】ネットで彼女募集したら「カナダ人」からメールが来たので会いに行ったらこうなった

寒い。48年ぶりに東京都心の気温が氷点下4度まで下がるなど、今年の冬の寒さは記録的である。早く来いや春!!!!!!

そんな祈りが届いたのか、以前ロケットニュース24で私(中澤)がおこなった彼女募集に応募があった。カナダ人から。すでに応募は締め切っているのだが、これは冬将軍の贈り物か!? というわけで会いに行ってみることにした。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2017年のお気に入り記事6選 〜中澤星児編〜

早くなった夕暮れがどことなく切ない今日この頃。慌ただしい街は、すっかり年末の空気だ。すでに忘年会をしている人もいるかもしれない。もうすぐ2017年が終わる。

今年やり残したことはないだろうか? そんな自分への問いかけも含めて、2017年に書いた記事を振り返ってみたいと思う。題して『【私的ベスト】記者が厳選する2017年のお気に入り記事6選 〜中澤星児編〜』、はじまりはじまり!

続きを全部読む

【コラム】ジャニーズに興味がない私が『キスマイ』の宮田くんだけは「別格」と思う理由

SMAP が解散して世代交代が進むジャニーズ。35歳のオッサンである私(中澤)が思い入れのあるグループで、残っているのは、TOKIO と KinKi Kids、V6 くらいか。嵐はギリで、それ以降にデビューしたグループはメンバーの顔と名前が一致しない。KAT-TUN や NEWS って今何人なの

そんな中、唯一、私が認識するようになったのが『Kis-My-Ft2(キスマイ)』の宮田俊哉(みやたとしや)くんだ。ハッキリ言って別格すぎる。そう思う理由を以下に述べたい。

続きを全部読む

【検証】「いつか伊勢海老を食べてみたい」という後輩に “野生のザリガニ” をご馳走したらこうなった

まぐろやアワビ、カニなどと並ぶ海の高級食材、それが「伊勢海老」だ。記者のような一般市民は滅多に口にすることの出来ないセレブ食材だが、それでもこれまでの人生で何度かは伊勢海老を食べたことがある。お味はもちろんウマかった……ハズだ。

それはさておき、当編集部内で最近やたらと伊勢海老に憑りつかれている男がいる。中澤星児だ。彼はことあるごとに「伊勢海老食べてみたいな~」と口にしているのだが、残念ながら伊勢海老を奢ってあげられるほどの余裕はない。何とか中澤に伊勢海老を食べさせてあげたい……そこで思いついたのがザリガニである。

続きを全部読む

【衝撃画像】限界突破をしまくった靴下が激写される

限界突破──。それは能力の限界を超え、さらなる力を発揮する際に使用される比較的新しい言葉だ。例えば、超1流アスリートの多くは幾度もの限界突破を繰り返し “高み” へ近づいていくものなのだろう。

今回は1度の限界突破ではなく、度重なる限界を突破し続けてきた “靴下” をご覧いただきたい。今日、あなたの中の「靴下の限界」が変わる。

続きを全部読む

【実録】私に「髪の毛ラブレター」を送ってきた女のブログを発見したのでコメントしてみた!

気になることがあればまずはネットで検索! もはや、インターネットは私たちの生活になくてはならないものだ。だが、有益な情報からくだらない情報まで何でも揃う広大なネットの海は、時に我々に衝撃を叩きつけてあざ笑う。

以前の記事で、ネットを使って「彼女募集」をした私(中澤)。その際、果たし状のようなラブレターと共に髪の毛の束を送ってきたのが通称・原桐子(はらきりこ)さんである。なんと、彼女が当時のことをブログにアップしていた。「彼氏いた」ってマジかよォォォオオオ

続きを全部読む

【実録】ネットで彼女募集したら「髪の毛の束」が届いた上「女が突撃してきた」ので一緒に映画に行ってみた!

弱々しい陽の光が徐々に柔らかくなり、日中は温かくなりつつある今日この頃。すでに暦は4月、春である。そして、春と言えば出会いの季節。1年前、私(中澤)はロケットニュース24で彼女募集を行った。

この企画が、突然届いたヤバイ手紙により中止となったのは以前の記事でお伝えした通り。だが、実は事件はこれだけでは終わらなかった。というより、「始まった」という方が正しい。なんと、手紙の送り主が突撃してきたのである!

続きを全部読む

【新人類】中澤星児『非常識伝説』5連発!「片手で名刺を渡す」「突然タメ口になる」など

常識的であることが、必ずしもイイことだとは限らない。いわゆる “新発見” は、常識を破ってこそ見つかることが多いし、実際に「常識破り」は悪い意味で使われる機会の方が少ないハズだ。だがしかし……。

世の中には、常識的な方がいい事案が多いこともまた事実。特に1日の大半を共に過ごす「職場の同僚」には、なるべく常識的でいて欲しいもの。今回はその常識とは真逆の「非常識人間」にまつわる『非常識伝説』を、ランキング形式でお届けしたい。

続きを全部読む

【実録】ネットで彼女募集したらヤバすぎる手紙が届いたでござる

気がつけば2017年も2カ月が過ぎた。もうすぐ春がやって来る。春と言えば出会いの季節……1年前、私(中澤)はロケットニュース24で彼女募集を行った。だが、現在も私には彼女がいない。なぜか?

あわよくば進行状況を記事にしていこうと思っていた彼女募集だが、記事化どころか企画自体を諦めざるを得ないほどヤバい手紙が届いたのである。その時のことを今、明らかにしたい。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2016年のお気に入り記事5選 〜中澤星児編〜

2016年もあといくつか寝るだけで終わりだ。ロケットニュース24に入社して2年目を迎えた私(中澤)。初年度も衝撃の連続だったが、それにも増してこの1年は色んなことにトライさせてもらえた。今、1月や2月の記事を見てみると「これも今年だったか」という企画ばかりである。

伸びた記事もスベった記事もあるが、願わくば来年も常に新しいチャレンジを続けていきたいものだ。そんな私が今年印象に残っている記事は以下の5つである。

続きを全部読む

ロケット編集部の自称『最終兵器』中澤星児が生放送に出演!「トークまわしてやりますよ」と豪語した結果

当編集部で、誰が1番大物なのか? 私(佐藤)はそう尋ねられたら、間違いなく中澤星児と答えるだろう。なぜなら、彼は普通人が気にすることを一切気にしない。全然動じない。そうかと思ったら、些細なことが気になって、夜も眠れなくなるそうだ。大胆なのか繊細なのか、よくわからない男である。

その中澤がついに、当編集部メンバーが交代で出演している「ホウドウキョク」に出演を果たした。生放送のこの番組、出演中に中澤は何かやるのか? 心配していたところ、やはり……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2