「三田」にまつわる記事

【最高かよ】頼むのは餃子とビールだけでオッケー! 東京・三田の中華料理「大連」が都内屈指の餃子天国だった!!

実はけっこう優柔不断な私、あひるねこ。飲食店に入ると、メニューが多くて何を頼んだらいいか迷ってしまうことが多い。そのうち自分が何を食べたいのかも分からなくなり、最終的になぜ生きているのかという自問自答に陥ったことも数回。

そのため、中華料理屋なんてのはメニュー選びになかなか苦労する場所なのだ。あの山のような料理の数々……。だがしかし! そんな私のような人間にとって、非常にありがたい中華屋が存在した。そこでは頼むべきものが決まっている。餃子とビール、それだけ!

続きを全部読む

【鍋独り占め】極ウマ牛鍋定食がなんと980円! ホルモンまさるのランチはコスパが最高に高い!!

寒くなると、温かいものがご馳走だ。いや、寒くなくてもご馳走はご馳走。ウマいものは、たとえ暑いときに食べてもウマいし、寒いときに食べてもウマい。まだ鍋には早い季節。しかしながら、ウマい鍋は暑いさなかに食ってもウマいのである。

ホルモンまさるの「牛鍋定食」も、季節を問わずに食べたい一品である。コスパが高いうえに、提供される量が少ない! てんこ盛りの牛肉鍋が980円。しかも限定4食!! これは、冬が来ずとも食べるべきだろッ!

続きを全部読む

【最強ハンバーガー決定戦】第13回:塊肉を叩いて作ったゴツゴツ系パテ! 接客も最高レベルの超有名店 / 三田「マンチズバーガー シャック」

ハンバーガーの主役は肉である。バンズやパテ以外の具、さらにはバランスなどももちろん重要だが、それでもハンバーガーの主役は肉であろう。特にファストフード店ではないハンバーガーショップに足を運ぶ人の多くは、荒々しいまでの「肉」を求めているに違いない。

第13回を迎えた「最強ハンバーガー決定戦」は、そんな “肉が主役のハンバーガー” で有名な『マンチズバーガー シャック』をご紹介したい。屋台からの叩き上げで都内屈指の人気店に登りつめた同店の最大のウリは、とにかく「肉」である。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】新感覚すぎる! 元フレンチのシェフが作った創作そばがどう考えても “ラーメン” な件 / 三田『a la 麓屋』

古くから美食の伝統があるフランス。有名なレストラン格付けガイドブック『ミシュランガイド』も、食通を表す『グルメ』という単語もフランス発である。言わば料理の権威! そんな国で宮廷料理として発達したのがフランス料理だ。「フレンチのシェフ」という肩書きだけで、「凄いかも……」と思ってしまうのは、私(中澤)だけではあるまい。

今回ご紹介するのは、元フレンチシェフが信州でそば修行をした末にたどり着いた新感覚のお店。その名も『a la 麓屋(アラふもとや)』だ。ここのそばは凄いぞ! トロケる煮卵にボリューム感あるチャーシュー、極めつけはニンニク香る濃厚な汁……ってこれ完全にラーメンやないかァァァアアア!!!!!

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】病みつき必至! 辛みと酸味をベストマッチさせる紅しょうが天そばが夕日のように心に染みる / 東京『蕎麦一心たすけ 田町店』

太陽が沈む際、光と大気の関係で空が朱に染まったように見える現象・夕焼け。普段何気なく使っている言葉だが、真っ赤な空を見て「空が焼けている」と連想するとは昔の人の想像力は凄い。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回訪れたのは、燃えるような紅しょうが天がある立ち食い店『蕎麦一心たすけ』だ。紅しょうがの辛みがきいたここの天ぷらそばは、一度食べると病みつきになるぞ

続きを全部読む