「ミュージシャン」にまつわる記事

故デヴィッド・ボウイが星座に! アルバム『アラジン・セイン』ジャケットの稲妻形の星座が稀代のロックスターに捧げられる

2016年1月10日、癌(がん)で闘病していた稀代のロックスター、デヴィッド・ボウイが、69歳で永遠の眠りについた。

突然の悲報に世界中のファンが悲しみに暮れるなか、音楽史に偉大な軌跡と業績を残した彼が、星座として宇宙に残されることになったのだ!! 彼のライブを見たり新曲を聞くことは叶わなくなったが、空を見上げれば、いつでもボウイに出会えるという星座について紹介したい。

続きを全部読む

東京・田無のスナックで教わった究極の宴会芸『スコップ三味線』が死ぬほどカッコイイ / 忘年会はこれで決まりだ!

いくつもの人生がすれ違う「スナック」。仕事帰りにフラッと寄ったら、辛口ママにダメ出しをされたり、初対面のお客さんから慰められたりするのは日常茶飯事だ。スナックは大人の学び舎であり、疲れた心を癒すオアシスでもある。

今回紹介するスナックは、東京 西東京市の『スリーナイン』。夜な夜な「スコップ」を持った大人が集結するというスナックだ。怪しい香りは十分、店内で何が起こっているのか調査する必要があるだろう。早速 行ってきたのでレポートしたい。

続きを全部読む

シリアの難民ロッカーが苦境を乗り越えヨーロッパでツアーを敢行!! メンバーが「人間はあくまで人間で国籍は関係ない」とコメント

紛争が始まって4年半になるシリア内戦から逃れ、ヨーロッパを目指す難民の悲しいニュースが後を絶たない。紛争で家族や友人を失い、祖国を離れて難民となった彼らの旅路は、想像を絶するほど厳しく辛いものがあるだろう。

そんななか、シリア人ロッカーが苦労の末たどり着いたヨーロッパでツアーを敢行し、人々に感動を与えている。借りた楽器で演奏する彼らは、音楽を通じて人々と一体となり、「人間はあくまで人間で国籍は関係ない」と語っているのだ。

続きを全部読む

ギターアンプで有名な「Marshall(マーシャル)のスマホ」が登場! 音楽ファンは ‟地球上で最大音量のスマホ” を要チェックだ!!

ロックスターに憧れたことがある人なら、間違いなく耳にしたことがあるだろう「Marshall:マーシャル」は、世界を代表するイギリスのギターとベースのアンプメーカーだ。

スマホで音楽を聴くのが主流となりつつある時流を反映してか、Marshallブランドのスマホが登場!! 同社のアンプを小さくしたような、黒を基調としたデザインがカッコ良すぎるスマホは、音楽ファンならマストでゲットなアイテムだろう。それに、‟地球上で最大音量のスマホ” と呼ばれているらしいぞ!

続きを全部読む

音楽史に革命を起こしたニルヴァーナ「カート・コバーンの子供時代の家」に買い手がつかず値下げに!! 値を吹っかけ過ぎたことが原因か?

洋楽ファンでなくとも、米ロックバンド、ニルヴァーナの名前や曲を耳にしたことがある人は、結構多いのではないだろうか。1990年代初めにリリースしたアルバム「ネヴァーマインド」は、全世界で3000万枚を売り尽す大ヒットを記録。“グランジ・ロック” と呼ばれる音楽ムーブメントで世界中を席巻したニルヴァーナは、音楽史に革命を起こした異端バンドだ。

音楽界に多大な影響をもたらしたバンドのボーカルだったカート・コバーンは、カリスマ的な存在となるものの、27歳の若さでショットガンをくわえて自殺。そんな壮絶な死を遂げた彼の子供時代の家が売りに出されるも、買い手がつかずに値下げされたというのだが、どうやら値を吹っかけ過ぎたことが原因らしい。

続きを全部読む

【ある意味大事故動画】ノリノリのミュージシャンを襲った悲劇! 口の中にマイクがスポッ → むせて歌えず演奏中止!!

ミュージシャンが突然演奏をストップする──まれに起こることではあるが、そう頻繁に見られるものではない。そしてその原因は大体決まっており、主なものは音響機器や楽器のトラブルだろうか。

今回紹介する動画も、そんな演奏中止の瞬間をとらえたものなのだが……その原因がかなりレア。と言うより、もはや奇跡!……YouTubeにアップされた動画「Singing guy gets mic in mouth」と合わせて紹介しよう。

続きを全部読む

【バンドマンに朗報】センサー内蔵クリップを挟むだけで何でもドラムに大変身! いつでもどこでもドラムを練習できるキットがスゴいぞ!!

バンドマンの中でも、特に苦労が多いのはドラマーではないだろうか。ギターやベースと違って、とにかくドラムセットは場所を取ってしまうので、ナカナカ購入できる物ではない。それに、ドラムセットを自宅に置けるスペースがあったとしても、騒音が近所迷惑になることを考えると、本格的に練習できるのはスタジオだけである。

そんな悩みを抱えるドラマー達に、ぜひゲットしてほしい商品がある。センサーが内蔵されたクリップを挟むだけで、そこら辺の物がアっという間にドラムに変身してしまうキットが登場したのだ!!

続きを全部読む

地元を盛り上げたいと考えているミュージシャンは要チェック! スガシカオさんが全国10公演でオープニングアクトを募集してるぞ~ッ!!

音楽を志す者にとって、大勢の人の前でパフォーマンスを披露する機会は貴重である。とはいえ、名前が知られていなければ、その機会もなかなか訪れない。地方であればなおさらだろう。

実はミュージシャンのスガシカオさんが、そんな地元中心に音楽活動をしている人のために、ライブのオープニングアクトを務めてくれる人を募集している。スガさんはFacebookで次のように投稿して、思いを伝えているのだ。

続きを全部読む

【洋楽ファン必見】オジー・オズボーンをはじめ20アーティストのモノマネで「スリラー」を歌う芸達者男がスゴい!! マニアックなチョイスも秀逸

今週末はハロウィンで3連休ということもあり、コスチュームに身を包んでパーティーに繰り出す人もいるのではないだろうか。そしてハロウィン・パーティーのマストソングと言えば、マイケル・ジャクソンの「スリラー」だ!!

そんなハロウィンをテーマに、オジー・オズボーンから果てはスパイス・ガールズに至るまで、20アーティストのモノマネで「スリラー」を歌っちゃう芸達者男を紹介したい。彼のモノマネっぷりもさることながら、歌唱力にもブっ飛ぶこと間違いナシだ! 

話題のモノマネは、動画「Michael Jackson – Thriller | Ten Second Songs 20 Style Halloween Cover」でチェックできるぞ!

続きを全部読む

【保存版】音楽史に名を刻む超有名ミュージシャンの前職・アルバイト20選 / 「オジーは食肉解体処理作業員」「ミック・ジャガーは病院スタッフ」など

ミュージシャンは一見華やかな職業に見える。その中でも、世界的に名前が知られているミュージシャンは、「想像がつかない世界に住んでいる」というイメージを持たれがち。ただ、今でこそステージでスポットライトを浴びる彼らだが、ブレイクする前は、普通の人と同じく何らかの仕事に就いていた人が多い。

そんな有名ミュージシャンの前職や学生時代にやっていたアルバイトが、海外サイトに掲載されていたので紹介したい。「イメージ通り!」という人もいれば、「想像できない……」という人など様々だ。

続きを全部読む

【音楽って素晴らしい!】偶然居合わせた3人のジャムセッションが最高に気持ちイイ! 動画が注目を集め1000万回再生突破

音楽って素晴らしい! 音楽大好きな音楽ラバーに絶対、絶対、絶対に見て欲しい動画をご紹介したい。

世界の至るところにストリートミュージシャンは存在するのだが、もしも何も語らずとも心が通じ合う表現者同士が、運命的に出会ったら何が起きるか? それを教えてくれるステキな映像だ。その出会いがもたらすもの、それは最高に気持ちのいいグルーヴである。突然始まった3人のジャムセッションは超カッコいい!!

続きを全部読む

なんと心地良い美声だ! メインボーカルもコーラスも楽器も! 全部ひとりでやってのける18歳青年スゲェ!

ひとりでメインボーカルからコーラスまでフルで担当し制作された、多重録音作品。

動画サイトYouTubeには常、こういった作品が数多くアップロードされているわけなのですが、本日みなさまにご覧いただく映像は、そのどれをも凌駕しかねないとんでもないクオリティーを誇る作品の数々です。

続きを全部読む

世界でもっとも稼いでいるミュージシャンTOP25 / 1位はガガ様ではなく、あのバンド!

このほど、世界有数の経済史『フォーブス』が、世界のミュージシャンの年間収益ランキングトップ25を発表した。近年活躍の目覚しいレディ・ガガやジャスティン・ビーバーは上位にランクインしているものの、1位ではない。ナンバー1の座に輝いたのは、世界一のツアー売り上げを達成した、あのバンドである。

続きを全部読む

地震発生から時間を追うごとに、甚大な被害状況が明確になっている。日本のみならず、海外でも報道され、支援に関する働きかけが、TwitterやFacebookでも展開されているようだ。

レディー・ガガがブレスレットをデザインし、販売とともに寄付を呼びかけているのをはじめ、マドンナも公式ページのトップに赤十字のバナーを貼り、寄付への参加を働きかけている。そのほか、発生直後から寄せられている海外アーティストたちの励ましの言葉をご紹介したい。

・パリス・ヒルトン(モデル・デザイナー・歌手・女優)
「ニュースの映像を見て、悲しい気持ちになりました。日本の皆さんが心配です。日本の皆さんの心痛をお察しするとともに、神のご加護があることを願います」

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2