「マイケル・ジャクソン」にまつわる記事

【衝撃サッカー動画】試合中に「ムーンウォーク」をしながら香川真司選手を見つめる選手が話題

「ムーンウォーク」といえば、「キングオブポップ」と称されたマイケル・ジャクソンが得意としていたバックスライドだ。前に歩いているように見せながら後ろへと滑る技は人々に衝撃を与え、今でも彼の代名詞として人気が高い。

そんな「ムーンウォーク」だが、なんと海外サッカーの試合でマイケル魂を感じるシチュエーションがあったと話題になっている。ということで今回は、その様子を動画と共にご紹介するぞ!

続きを全部読む

史上最強の “歌ってみた” 誕生か! ケイティ・ペリーの人気曲を20組のアーティストのスタイルで歌う男が話題 「ニルヴァーナ」「クイーン」や「メタリカ」など!!

もしかしたら、史上最強の「歌ってみた動画」が誕生したかもしれない! 先日、ある男性が米国の歌姫ケイティ・ペリーの大ヒット曲『ダークホース』を歌った動画を投稿して大きな話題となっている。

彼の “歌ってみた” の何がスゴイのかというと、その歌声とスタイル。なんと彼は、でケイティ・ペリーのヒット曲『ダークホース』を、たった1人で20組のアーティスト風に歌い上げたのである!! これがまた素晴らしい。どれくらい似ているか、動画「Katy Perry – Dark Horse (Sang in 20 Styles) Ten Second Songs」で確認だ!

続きを全部読む

【動画】世界的アーティストに成長したイケメンチェロデュオ「2CELLOS」の最新PVが超絶カッコいい!!

今から3年前の2011年、マイケル・ジャクソンの名曲『Smooth Criminal』をカバーした楽曲が YouTube で話題となった。その映像は2台のチョロによるもので、演奏をしていた2人組「2CELLOS」はこれをきっかけに一躍世界的に注目を集めることになったのである。

そんな彼らが最近公開した動画が、またしても海外で注目を集めている。数々のロックナンバーをカバーしている彼らの最新PVは、豪州を代表するロックバンド「AC / DC」の『Thunderstruck』だ。クラシックで培った音楽的素養を踏まえた名カバーで、見応え十分。さすが 2CELLOS だ!

続きを全部読む

【必見動画】エンタ芸人「コウメ太夫」さんのムーンウォークが予想外にキレキレすぎると話題

とっくに忘れているかも知れないが、「チッキショー!」といえば、お笑い番組『エンタの神様』で一躍ブレイクした芸人・コウメ太夫さんである。まさしく「一発屋」の代名詞的存在であり、『デベ・コンヒーロ』という番組では「コウメ太夫で笑ったら即芸人引退SP」という企画が組まれたほどの男である。

そんなコウメ太夫さんが……なぜか今! 今になって! 再び「スゴい!」と注目を集める事態となっている。何がどうスゴいのか、その答えは動画「第一回ムーンウォーク世界大会 小梅太夫」を見れば一目瞭然!! 超必見である!!

続きを全部読む

豪州のストリートミュージシャンのギターテクニックが超絶ハンパない!! しかし公式ページは絶望的なほどダサい!!

音楽の可能性とは、プレイヤーが諦めない限り無限に広がるものだ。以前の記事で紹介した弦が1本しか張っていないギターで、ソウル(魂)のこもった曲を歌うブラッシーもその1人。

今回はアコースティックギターを巧みに奏で、ロックだろうがヘビメタだろうが何でも弾きこなしてしまう達人をお伝えしよう。オーストラリアのサム・ウェスパレンにとって、おそらく音楽ジャンルは関係ない。弾きたいから弾く、そんな思いが伝わってくるほど卓抜したテクニックを持っている。

ただ少し残念なのは、公式ページが絶望的なほどダサいことだ! なんじゃこのページはッ!?

続きを全部読む

甦る伝説! マイケル・ジャクソンを表現した米国ハーフタイムショーに世界の音楽ファンが大興奮!! 海外の声「マジでスゲー!」

「キング・オブ・ポップ」と呼ばれ、世界の音楽シーンを盛り上げていったマイケル・ジャクソン。2009年に亡くなった後も、彼の音楽は愛され続けている。

そんなマイケル・ジャクソンの楽曲を演奏した動画が話題になっている。アメリカのマーチングバンドがフットボールのハーフタイムショーで演奏しているのだが、ただ演奏しただけではない。約200名のバンドメンバーによる超巨大マイケルがフィールドに現れ、全米を興奮の渦に巻き込んだのだ! 

続きを全部読む

メキシコのろう人形館が似てなさすぎてヤバい

ろう人形といえば、日本だったら東京タワーの「東京タワーろう人形館」、海外だったらイギリスやバンコクや香港などにある「マダム・タッソー館」が世界的に有名である。どちらもクオリティはピカイチで、本物ソックリのろう人形が展示してある。

そんななか……。メキシコのろう人形館が似てなさすぎてヤバいと中国の掲示板で話題になっている。

続きを全部読む

絶対に二度見してしまう! 疾走感がハンパない「スーパームーンウォーク」の動画

なんじゃコリャッ! アメリカのとあるネットユーザーが公開した動画が、世界中で話題になっている。その動画とは、「スーパームーンウォーク」と題されたものだ。ムーンウォークといえば、マイケル・ジャクソンがステージで行った「背面歩き」である。動画の男性はそれを100倍くらいパワフルにして、なぜか上半身裸で歩いている。手足の動き、疾走感ともにハンパねぇえええ!! いったいどうなってんのッ!?

続きを全部読む

これぞ金の取れる仕事! 超ノリノリで踊りまくりながら「光るわたあめ」を作る男がスゴイ!

わたあめといえば、日本のお祭りや縁日では欠かすことのできない、チビッコたちに大人気の食べ物である。人気キャラクターが描かれたビニール袋に入れた瞬間に価格が倍近くなるのは解せないが、ともかくチビッコたちはわたあめが大好き。

一方、海を渡った海外でも、わたあめの人気は絶大なようすで、さらに独特な進化を遂げているもようである。どんな状況になっているのかは、YouTubeにアップされた動画「Cotton candy pro」などで確認できる。

続きを全部読む

突然『今夜はビート・イット』を踊り始めた男が出現、その後あれよあれよと300人以上が踊り始める動画がスゴイ

マイケル・ジャクソンが1983年に発表した名曲中の名曲『今夜はビート・イット』(Beat It)。曲もさることながら、ウエストサイド物語をモチーフとしたダンスしまくりのミュージック・ビデオもまた名作中の名作。

そんな『今夜はビート・イット』のダンスを、突如、街中で踊り始めた男が出現した!……かと思ったら、あれよあれよと300人以上の規模で『今夜はビート・イット』を踊りまくる動画がスゴイのである。

続きを全部読む

イケメン・チェリスト2人組のアルバムがついに発売開始! 作品を支配する緊張感がハンパない

以前、イケメン2人組のチェリストがロックの名曲をカバーし、世界中から注目されているとお伝えした。ステファン・ハウザーとルカ・シュリックの2人のユニット「2cellos」のアルバムが7月19日に発売開始となった。残念ながら日本版はまだ発売されていないのだが、輸入版の取り扱いがアマゾンで行われていたので早速購入してみたぞ。

すでにYoutubeで2~3の楽曲が公開されていたのだが、アルバムは事前の期待を裏切らない素晴らしいものとなっている。作品全編を漂う緊張感が凄まじく、聞いていて鳥肌が立ってしまうほどだ。

続きを全部読む

チェロ2本でロックの名曲を演奏する2人がカッコ良すぎ! はっきり言って惚れるレベル

今年1月、カーボンチェロ2本でマイケル・ジャクソンの『Smooth Criminal』を演奏し、世界中から注目を集めたクロアチアのチェロ奏者、ステファン・ハウザーとルカ・シュリック。イケメン2人の類稀な演奏に、世界中が圧倒された。

その2人が最近、新作を発表したのである。その曲とは、高い人気を誇るロックバンド、ガンズアンドローゼズのデビュー曲『Welcome To The Jungle』だ。原曲を凌駕するほどの圧巻な演奏は、「カッコ良すぎ!」と言わざるを得ない

続きを全部読む

衝撃の死から2年!マイケル・ジャクソンのオフィシャル香水が登場

キング・オブ・ポップ「マイケル・ジャクソン」が亡くなってから早2年。あの日の衝撃は、今でも忘れることができないという方が少なくないのではないでしょうか。

マイケルに関しての最近のニュースとしては、レコチョクが実施した「神だと思うアーティストランキング」で、レディー・ガガについで2位を獲得。「いまだに心の奥に有名な曲が残っている」「もう存在自体が神!」など、音楽ファンの心に今なお鮮やかに生き続けていることが分かります。

続きを全部読む

毎朝700人以上でマイケル・ジャクソンの『Dangerous』を踊る中国の小学生

みなさんは小学校の朝の体操といえば、何を思い浮かべるだろうか? 日本人であれば、恐らくほとんどの人がラジオ体操と答えるだろう。しかし、ここ中国重慶市の山奥にある篤坪小学校では、日本のラジオ体操とは一味も二味も違う体操を毎朝踊っている。

篤坪小学校の生徒が毎朝踊っているもの、それはかのキング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンの『Dangerous』なのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2