「ビバリーヒルズ」にまつわる記事

ビバリーヒルズにて「ペットショップでの動物の販売が禁止」されることに! 「保護動物の取扱いのみ可」との条例が可決される

以前、当サイトで「12年間、パピーミルに閉じ込められていた犬の動画」を紹介した。劣悪な環境で仔犬や仔猫を “生産” する場所のことを、「パピーミル」や「キャットファクトリー」と呼ぶが、この動画からも、動物たちがいかにひどい環境に置かれているかがヒシヒシと伝わってきた。

ところがこの度、米ビバリーヒルズ市内の全てのペットショップにおいて、営利目的で繁殖させられた動物の販売が禁止となり、シェルターや動物愛護団体で保護された動物の取扱いのみを許可する条例が可決されたというではないか!

続きを全部読む

【ザ・リベンジ!】犬のフンを片付けない飼い主に激怒した女性 → 「アンタの家で排泄してやる!!」と怒りの看板を立てる

散歩中に、ペットの犬が残したフンを片付けるのは飼い主の責任だ。だが、残念なことにペットオーナーのなかには、そのまま排泄物を残していくというマナーに欠けたことをする人もいる。

そんな無責任な飼い主にキレて、「今度見つけたら、アンタの家で排泄してやる!」と、かなり強烈な内容の看板を立てた女性が話題になっているのだ。自宅の庭先を犬のフンで汚された経験がある人なら、思わず共感してしまう内容ではないだろうか。

続きを全部読む

ディタ・フォン・ティースがもしもビバリーヒルズに住むセレブ奥様だったら? Photoshopで画像加工してみたらあまりに印象が違いすぎると海外サイトで話題に!

皆さんはディタ・フォン・ティースというアメリカのモデルをご存じですか? 1940年代のバーレスクを思わせるレトロなファッションやメイクで多くの人々を魅了している彼女。2007年には日本の下着メーカー・PEACH JOHNのカタログモデルを務めたこともあるといえば、記憶に残っている人も多いのでは。

ディタといえば、漆黒の髪に真っ赤な口紅、左目の下にあるホクロなど往年のピンナップモデルを思わせるようなビジュアルが印象的。バーレスク・ダンサー、フェティッシュ・モデルとして「クィーンオブバーレスク」の名前がつけられるほど、すべてが彼女にマッチしています。

そんなディタですが、もしバーレスクダンサーではなくビバリーヒルズに住むセレブ奥様だったら?

そうした「もしも」に応えたPhotoshop加工画像が、海外サイト「Mashable」に紹介されています。

続きを全部読む