「スクエニ」にまつわる記事

【超朗報】著作権問題で休載中の『ハイスコアガール』が再開!!!! 回収されていた単行本も再復活でファン歓喜 / Xデーは7月25日だ!

スクウェアエニックス(以下、スクエニ)が発行の『月刊ビッグガンガン』にて連載中だった『ハイスコアガール』。アニメ化の話もあったのに、休載してしまったことを皆さんも覚えているだろう。

その理由は著作権問題だ。90年代のゲームを題材とした同作品には、SNKプレイモア社が著作権を持つ格闘ゲームのキャラクターが登場していたのだが、使用の許諾が得られていなかったというのである。

だがしかし! この度、連載再開が決定したという。この情報、マジのマジ!! やったぁぁぁああああぁ!

続きを全部読む

【速報】著作権問題で連載休止だった『ハイスコアガール』に和解が成立! スクエニとSNKから発表 / ファン歓喜「再開フラグきたあああ!」

スクウェアエニックス(以下、スクエニ)が発行の『月刊ビッグガンガン』にて連載中だった人気漫画『ハイスコアガール』。

90年代のゲームを題材とした同作品には、SNKプレイモア社が著作権を持つ格闘ゲームのキャラクターが登場していたのだが、使用の許諾が得られておらず、著作権法違反の疑いがあるとして、両社間で争われていたのだ。

それに伴い、『ハイスコアガール』は休載、コミックスやファンブックは回収となり、ファンは悲嘆に暮れていた。が、しかし!! 2015年8月26日、両社から「和解が成立した」との発表があったのである! 和解内容は以下の通りだ。

続きを全部読む

全巻回収と連載休止が決定した『ハイスコアガール』 ヤフオク出品相次ぐ / 倍以上の値をつける出品者も

大手ゲームメーカーのスクウェアエニックス(以下、スクエニ)は、同社が発行している「月刊ビッグガンガン」に連載中の漫画の休載ならびに、コミックス・ファンブックの回収を発表した。問題になっているのは、90年代のゲームを題材した作品『ハイスコアガール』である。この作品に著作権法違反の疑いがあるとして、同社は2014年8月5日に警察当局による家宅捜索を受けている。

8月6日の段階で、コミックスの全巻回収が発表されると、ネットオークションサイト「ヤフオク!」ではコミックスの価格が高騰し、さらに12日になって一時休載が決定すると、オークション価格はさらなる高値になっているようだ。

続きを全部読む

【FF14】平日の昼間なのにプレイ人数が多すぎて『ファイナルファンタジーXIV』にログインできなくて泣いた(笑)

2013年8月27日に発売されたオンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV』(スクウェアエニックス)。作品としてのデキはかなり良いらしく、実際にプレイしている記者によると「生命の息吹を感じることができる良作」と語っていた。

・多くのユーザーが殺到してアクセス
しかし、発売日から連日ログインできない状況が続いている。発売後、あまりにも多くのユーザーが殺到してアクセス。サーバーダウンやエラーが発生しないように、運営側がログイン制限をしているのだ。ひとつのサーバーに5000人ほどのユーザーがログインでき、それ以上の人たちがログインしようとすると、はじかれてしまう。

続きを全部読む

【注意】スクエニの安全確認をかたる不審メールが見分けのつかないレベルまで来ている

何度も繰り返して紹介しているのだが、ゲームメーカー「スクウェア・エニックス」(以下スクエニ)をかたる不審メールがますます変化している。以前は容易に見分けがつく内容だったのだが、少しずつ見分けがつかなくなりそうになっているのだ。これは本当に被害者が出る事態に発展する可能性もある。

・巧妙に変化する不審メール

スクエニは、不審メールが送信され始めた2013年4月頃に注意を呼びかける「重要なお知らせ」を公開した。その後も不審メールは巧妙に変化を続けている。以下は不審メールに記載されたURLの遍歴である。

続きを全部読む

【いい加減にしろ】スクエニをかたる不審メールがさらに進化 / ついにキャラクターまで使いだす始末

以前から繰り返し、ゲームメーカー「スクウェア・エニックス」をかたる不審メールについてお伝えしてきた。いずれ送信されなくなるだろうと思いきや、懲りることなく送られ続けているのである。しかも毎回微妙に進化しているからたちが悪い。

・キャラクターまで使い始める
スクエニは2013年4月にはじめて、不審メールに対する注意喚起を行った。その後、7月に再び注意を呼びかけたのだが、不審メールは途絶えることなく、ついに人気ゲーム『ドラゴンクエスト10』のキャラクター画像まで使い始めるようになったのである。

続きを全部読む

【注意喚起】またしてもスクエニをかたる不審メール登場! その内容が微妙に進化している件

2013年4月、大手ゲームメーカー「スクウェア・エニックス」を騙るフィッシング詐欺が発生しているとして、同社は注意を呼びかけた。最近になって再び同じような手口のメールが送信されていたことが判明。

・不審メールの内容が進歩している
以前騒ぎになったときには、その送信内容が奇妙であったため、すぐにインチキのメールであることが明らかになったのだが、今回のメールはやや進化している。以下は以前のものと比較したメール内容である。

続きを全部読む

【ドラクエ10】Wii版とWiiU版の両方を買った人だけスクエニからメールが届いてるから要チェック!

人気オンラインゲーム『ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン』(DQ10)。つい最近、Windowsパソコン版の発売が決定したばかりだが、皆さんはどのハードで遊んでいるだろうか?

・WiiU版を追加して購入した人もいるはず
WiiU版は、美麗なグラフィックやゲームパッドでのプレイなど、Wii版より優れたゲーム展開を楽しむことができる。なので、もともとWii版を持っていたが、WiiU版も追加して購入した人もいるはずだ。そんな人に朗報である!

・両方を購入した人向けにプレゼントのコード
Wii版とWiiU版の双方を購入した人に対して、スクウェアエニックスからメールが送信されている。そこには、両方を購入した人向けにプレゼントのアイテムコードが掲載されているのだ。その内容は以下のとおりだ。

続きを全部読む

【Amazon】ついにPS3『ドラッグ オン ドラグーン3』の予約が開始されたぞ~ッ! 公式ファーストガイドも予約開始

人気テレビゲームシリーズ『ドラッグ オン ドラグーン』の最新作が、ついにプレイステーション3で発売される。その名も『ドラッグ オン ドラグーン3』! そのまんまだが、ついにインターネットショッピングサイト『Amazon』で予約が開始されたのだ!

続きを全部読む

【ゲーム速報】狂信的ドラクエ信者の人気漫画家が『ドラクエ10』で挫折 / 漫画家「仲間が誰もいなくなった」

狂信的な任天堂信者であり『ドラゴンクエスト』マニアでもある人気漫画家が、オンラインゲーム『ドラゴンクエスト10』に挫折し、3カ月間も放置していることが判明した。本人によると「もう3カ月くらいまともにやってない」という。

・『ドラクエ10』をやらなくなった理由
漫画を描く時間だけでなく、寝る時間も惜しんでプレイし続けてきた『ドラクエ10』。いったい彼に何があったのか? どっぷりとハマっていた『ドラクエ10』にアクセスしなくなった理由とは? 彼はその理由をこう語る。

続きを全部読む

2013年の『E3』でスクエニはすごく頑張った / 無料WiFiの名称まで『FFXIV』

2013年6月11~13日に開催された、世界最大級のゲームイベント『E3』。世界中からあらゆるゲームやハードが集まり、特に次世代ゲーム機『プレイステーション4』と『XboxOne』は大きな注目を集めた。もちろん『WiiU』の新作ゲームも話題を集めたのは言うまでもない。

そんな『E3』会場では、記者やゲーム関係者のために無料のWiFiサービスが用意されていた。その無料WiFiの名称が『FFXIV Free WiFi Join the Beta』となっており、とことんPRをして、自社の気合を感じてもらおうとするスクウェアエニックスの意気込みがそこにあった。

続きを全部読む

【私はFF14を続けるよ】新生ファイナルファンタジー14が凄くおもしろそうな件 / 軽快で美麗なムービーが公開

オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジー14』(以下、FF14)。新たなゲームシステムとコンセプトのもと『新生FF14』として再誕する予定だが、その最新ムービーが公開された。

・戦闘がより楽しくなっている?
そのムービーは様々な職業のアクションを紹介しているもので、パソコン版かプレイステーション3版か不明だが、どちらにしても超美麗なグラフィックで表現されている。さらに軽快にモンスターを攻撃するシーンなども見られ、戦闘がより楽しくなっているのは間違いない。

続きを全部読む

【注意喚起】スクエニをかたる不審メールが明らかにおかしい 「アカウント異常、ロックされている私たち。ご上陸口座を通じてロックでご不便がございます」

大手ゲームメーカーのスクエア・エニックスは、2013年4月末頃、同社をかたるフィッシング詐欺について注意を呼びかけました。この騒動は一旦収束したようなのですが、最近になって新たに不特定多数のユーザーに、「アカウント異常」を伝えるメールが送信されたようです。以下がその内容になります。

続きを全部読む

【衝撃】漫画家が締め切りを守らず編集者激怒か / 罰としてマンガを上下逆にして雑誌に掲載

漫画家が締め切りを守らなかったため、制裁(罰)としてマンガを上下逆にして雑誌に掲載されるという、前代未聞の出来事があった。実際に雑誌を購入して読んでみたが、確かにそのマンガだけ上下逆に掲載されていた。

編集者コメントに「無断で締め切りをぶっちぎった」と書かれていることから、漫画家が編集者に原稿が遅れることを告げず、締め切りをぶっちぎった可能性が高い。以下は、雑誌に掲載されている編集者からのコメントである。

続きを全部読む

『ニーア』にハマったし『DOD3』も発売されるので『DOD』やろうと思ったらマニアに「やめとけ」って言われたので理由を聞いてみた

スクウェア・エニックスの代表的なゲームシリーズといえば『ドラッグオンドラグーン』(DOD)シリーズだ。同作品から派生したゲーム『ニーア ゲシュタルト / レプリカント』も絶大な支持を得ており、2013年には新作『ドラッグオンドラグーン3』が発売される予定だ。

筆者(私)も実際に『ニーア ゲシュタルト / レプリカント』をプレイし、その世界にどっぶりとハマッてしまったひとりである。だが、残念なことに『DOD』シリーズをプレイしたことがない。そこで中古で買って遊ぼうかと思ったら、『DOD』マニアに「やめとけ!!」と言われた。えっ? マニアなのにやめとけってどういうこと? 詳しく聞いてみた。

・生粋の『DOD』マニアのJさん
今回、インタビューに応じてくれたのは生粋の『DOD』マニアのJさん。とことん『DOD』をやりつくし、鬼のように『DOD2』をやりつくし、『ニーア』もやりつくしたという。インタビュー内の言葉や用語は正確なものではないかもしれないが、Jさんの発言のまま掲載する。しかし、少しもネタバレを読みたくない人は読まないことを強くオススメする。

続きを全部読む

元スクウェア社長が「エニックスとの合併は完全に失敗」と衝撃的な発言

このほど、大手ゲームメーカー「スクウェア・エニックス・ホールディングス」(以下、スクエニ)の2012年9月中間連結決算が発表されました。それによると、今期は最終損益54億円の赤字。前年同期の37億円の黒字とは一転し、大幅に業績を悪化する結果となりました。

続きを全部読む

スクエニ超人気3DSゲーム『ブレイブリーデフォルト』のチュートリアルがヤバくて笑った「君に彼女が二人いるとする」

購入者の多くが絶賛し、売り切れ店が続出しているニンテンドー3DS用ゲームソフト『ブレイブリーデフォルト』(スクウェア・エニックス)。プレイヤーからは「こういうRPGが遊びたかったんだよ!」という声が多く出ており、まさに「求められていたRPG」ともいうべき良作といえるだろう。

もちろん、筆者(私)も購入してドップリとゲーム世界にハマっている。そこで気になる点がひとつ目に入った。『ブレイブリーデフォルト』はプレイ中にチュートリアルが表示されるのだが、説明の「たとえ」があまりにもヤバイのである。

続きを全部読む

Amazonで大絶賛されてるスクエニのゲーム『ブレイブリーデフォルト』がスゴイらしい / 購入者「スクエニに宿った一筋の光」

スクウェア・エニックスのニンテンドー3DS用ゲームソフト『ブレイブリーデフォルト』が、オンラインショップサイト『Amazon』の購入者レビューで「近年まれにみる大絶賛」な状態になっている。つまり、『ブレイブリーデフォルト』購入者の大多数が「激しく面白い」と感じているわけだ。

2012年11月1日現在、購入者レビューは220件あるのだが、そのうち147件が最高評価の五つ星。四つ星も39件あり、ほとんどの購入者が絶賛。「買って損はない素晴らしいゲーム」と評価しているのだ。以下は、購入者たちの声を引用したものである。

続きを全部読む

ハンゲームでスクエニの超大作ゲームをプレイできるようになるらしい / 指南役のリアクションが大げさすぎて笑った

『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』シリーズなど、数々の超大作ゲームを開発しているメーカーといえば『スクウェア・エニックス』だ。

最近ではニンテンドー3DSで発売されたゲーム『ブレイブリーデフォルト』が話題になっていたが、10月23日(火)にブラウザゲームサイト『ハンゲーム』内で謎の特設サイトをオープン!  なんだかすげぇゲームが発表される予感がするぞ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2