「イスラム教徒」にまつわる記事

ハラール対応のCoCo壱番屋に行ってみた! 物足りないかと思ったら全然アリだ!! 東京・秋葉原

カレーライスはラーメンと並んで日本の国民食といっても良いだろう。外国人観光客も日本で食べてみたいメニューのひとつとして考えているかもしれない。しかしイスラム教徒の場合、宗教上の理由で口にできないものがある。残念ながら一般的な日本のカレーには、彼らが口にできない食材が入っている場合が多いからだ。そんななか……

カレーチェーンのCoCo壱番屋(以下、ココイチ)が、イスラム教徒に配慮した「ハラール店舗」を2017年9月25日にオープンした。実際にお店に行きカレーを食べてみると……物足りないかと思ったら全然アリだった!

続きを全部読む

人種差別主義者が「バスの座席をイスラム教徒の女性」と見間違える → ネットで超笑い者に!

アメリカでは、2017年上旬にトランプ大統領が中東・アフリカ7カ国の渡航者の入国を90日間禁止する大統領令を発令。そして欧米・北欧諸国では、中東系移民によるテロ事件やシリア難民問題に揺れ、世界各地で中東系の人々に対する差別が絶えないという事態が起きている。

そんななか、ある人種差別主義者が、「バスの座席を民族衣装を着たイスラム教徒の女性」と見間違える珍事が発生。ネットで「その違いも分からないのか」と笑い者になっている。

続きを全部読む

【感動的な展開】イスラム教徒を嫌っていた米男性と中東移民がご近所さんになった結果 → 米男性の考え方がガラリと変わって話題

第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が就任して以来、米国内で、異人種や異教徒に対するヘイトクライムが後を絶たず問題になっている。

そんななか、今までイスラム教徒を嫌っていた米男性が、中東からの移民がご近所さんになったことで、先入観が覆されたというエピソードが感動を呼んでいるので紹介したい。彼らと触れ合う機会を持つようになったことで、すっかり考えを改めるようになったというのである。

続きを全部読む

同性愛が重罪のサウジアラビアで『ゲイ大好き(I Love Gays)』のハッシュタグがトレンドに! ネットの声「愛する自由を信じているから」

同性婚が合法化される国が増え、世界中でLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の権利が認められつつあるなか、中東やアフリカにはLGBTに否定的で、場合によっては死刑を言い渡される国もある。

そんな国のひとつサウジアラビアで、最近「I Love Gays:ゲイが大好き」のハッシュタグがトレンドとなり、「そろそろLGBTの権利を認めるべきではないか」との声が高まっているというのだ!

続きを全部読む

目隠しをしたイスラム教徒が「私はムスリムです」と紙に書いてパリの広場に立った結果……人々の反応が感動を呼ぶ!

いかなる人でも宗教や肌の色、国籍で差別されるべきではない。だが、イスラム国の侵攻やパリ同時多発テロで、世間のイスラム教徒やアラブ系民族への風当りが強くなっているようだ。頭にターバンやビシャブを巻いているだけで、テロリストの仲間だと思われてしまう……周囲の先入観や偏見で辛い思いをしているに違いない。

そんな、あるイスラム教徒男性が、‟私はムスリムです” と紙に書いて広場に立ち、人々がどんな反応を示すか映し出した動画「Blindfolded Muslim man with sign “Do you trust me?” hugs hundreds in Paris」が感動を呼んでいるのだ!

続きを全部読む

【世界が感動】イスラム教徒の女性が「反イスラム運動」を行っていた人に突然ハグ!その後の素敵な展開に世界中から拍手喝采!!

突然だがみなさんは、敵にキスをして戦意を喪失させる「戦メリ戦法」をご存知だろうか? 大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』に登場するワンシーンを、マンガ『海街 diary』や『Banana Fish』で知られる吉田秋生先生が “戦法” として紹介したものだ。

そして今回、あるイスラム教徒の女性がこの「戦メリ戦法」を実際にやったと話題となっている。なんと彼女は、反イスラムを主張する人間に突然ハグを与えたというではないか! さて相手はどんな反応を返したのだろう?

続きを全部読む

ユニクロが展開する「イスラム教徒の女性向けファッション」が注目の的!! 頭を覆う ‟ヒジャブ” などがカラフルで素敵!

低価格でオシャレなデザインが豊富なユニクロは、日本で大人気! 世界中で店舗をオープンし、海外でも着実にファンを増やしているユニクロが、今度はイスラム教を信仰する消費者のために、デザインを展開して話題を集めている。

イスラム教徒の女性が身に着ける ‟ヒジャブ” と呼ばれる頭を覆うスカーフなど、カラフルかつスタイリッシュなデザインが登場。保守的でない、個性を主張できるイスラム教徒向けのファッションが、とにかく素敵なのである!

続きを全部読む

【ハンカチ必須】カナダで起きたテロ事件で「犠牲になった飼い主を待ち続ける2匹の犬」の姿が切なすぎる……

2014年10月22日、カナダの首都オタワにある戦没者慰霊碑で警護にあたっていた兵士が撃たれ、命を落とすという悲惨な事件が起きた。犠牲となったネイサン・シリロ伍長には2匹の飼い犬がいた。いま、飼い主の死を知らないペット達が、ご主人の帰りを待っている姿が “切なすぎる……” と涙を誘っているのだ。

先日、「飼い犬が自宅で倒れたパーキンソン病患者の老女の窮地を救った」との記事をお伝えしたが、改めて犬と飼い主の絆の強さを実感してしまうニュースに、多くの人が心を動かされるのではないだろうか。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】クリスチャンのほうが無神論者よりも陽気なツイートをしていることが判明 / 宗教が人々の幸福感に影響しているらしい

クリスチャンとはキリスト教徒のことを指す。クリスチャンと聞くと真面目で堅苦しいイメージが思い浮かぶが、ツイッター上ではその逆のようだ。ある調査により、クリスチャンの方が、無神論者よりも陽気で前向きなツイートをしていることが判明したのである。

続きを全部読む