「おバカ」にまつわる記事

気付いた人だけ吹き出しちゃう “おバカ広告” がこれだ!

「おバカ!」といえば、漫画『クレヨンしんちゃん』で野原みさえが息子しんのすけを怒るときの台詞。現在、 Twitter 上で “愛すべきおバカ” と注目を集めている広告があるので、ご紹介したい。

それは妊娠検査薬の広告。ニッコリ笑って妊娠検査薬を眺める男女が写っているのだが……あることに気が付くと、ああ、おバカ! さて、なぜ人々は「おバカ!」と叫んでいるのでしょうか?

続きを全部読む

【なぜだ!?】ある男性が自分の足をピストルで2回も撃ちぬく / その理由がシンプルかつバカ? それとも深い?

銃は怖い。その殺傷力、その攻撃力……銃を持ったことがなくても、「恐ろしいものなんだろうなあ」となんとなく想像できる。

そんな銃がこの度、1人の男性の足を打ち抜いた。スワ! 事件か!? いや、どうやらこの男性、自分で自分の足を打ち抜いたというのだ。なぜ? なにか深いわけでもあったの? 映画『ソウ』みたいな恐ろしいシチュエーションだったの? 

続きを全部読む

【やはり?】おバカな死に方をしてしまった人々に贈られる「ダーウィン賞」!候補者・受賞者の約9割が男性だとの調査結果が発表される

幸か不幸か、自分がどのようにしてこの世を去るか、正確に予想できる人はいない。なので、自分が賞を貰える程の “華々しい死” をとげるだなんて、誰も想像だにしないだろう。

しかし、この広い世の中には、愚かな死に方をした人々に贈られる賞が存在するのだ……その名も「ダーウィン賞」! そしてこの度、この賞には一つの傾向があることが判明した。なんと、候補者・受賞者の約9割が男性だったのである!!

続きを全部読む

【直接インタビュー】正直その人気の理由がピンと来ないから「上地雄輔ファン」に一体何が魅力なのか聞いてみた!

上地雄輔さんがアーティストデビューし、5年が経とうとしている。今年も全国30カ所で、「あの・・最高の出会いを一緒につくりたいんですケド。」ツアーを行うなど、アグレッシブに活動しているのだ。

上地雄輔……。彼がおバカタレントとしてブレイクし、「羞恥心」として歌手デビュー、その後ソロで歌手活動を始めたことは私(筆者)も知っている。だが、それから5年もの間、音楽を続けていることは知らなかった。

どんなファンが彼を支持しているのか? 何がファンを惹きつけるのか? 正直、見当もつかない。そこで7月中旬に東京国際フォーラムで行われたライブ開始前のファンに、直接その魅力を聞いてきたぞ!

続きを全部読む

バカすぎる! ブロワー(送風機)を使って回り続ける男が「くだらない」と話題に

あなたの身近にもいないだろうか? あきれるほどバカなことをやって笑わせてくれる友人や知人。この男性もその一人、YouTubeに公開された動画「Dumb Ideas.mp4」(「バカなアイデア」の意味)は、その名のとおりバカなことを考え出して行動に移してしまった彼の姿だ。この動画を見たネットユーザーたちからは「バカだけど面白い!」と大人気になっている。

続きを全部読む