60年以上に渡り、地球上のあらゆる世界一を探求している『ギネスワールドレコーズ』。そんなギネスに認定された1人の男性が記念すべき日を迎えた。北海道在住の「野中正造(のなか まさぞう)」さんがそうだ。

野中さんは “存命中の男性最長寿” としてギネス世界記録に認定されており、なんと2018年7月25日で113歳になったとのこと。これは大変おめでたい!

・海外からもお祝いメッセージが届く

1905年7月25日に北海道足寄町(あしょろちょう)で産声を上げた野中さん。ギネスのホームページによると、農業や林業を営み、その後親が営んでいた野中温泉で働くようになったそうだ。

ギネスの公式インスタグラムでは、野中さんの笑顔の写真とともに113歳を祝うメッセージがアップされている。すでに1万4000を超える “いいね!” がついており、海外からも「Happy birthday」といったお祝いのコメントが寄せられている。

野中さん自身が語る長寿の秘訣は「温泉とあまいもの、こだわらないこと」とのこと。ちなみに日頃の楽しみは、新聞を読んだりテレビを見ることだそうだ。野中さん、113歳おめでとうございます!!

参照元:Instagram @guinnessworldrecordsギネスワールドレコーズ
執筆:K.ナガハシ

▼いつまでもお元気で!