私はヘヴィーな加熱式タバコスモーカーであり、根っからのglo(グロー)派なのであるが、ここ数カ月は、やけに「IQOS(アイコス)、うまいなぁ〜」と思うようになってしまった。たまのアイコス、これが実にウマいのだ。7:3くらいの割合かな。

さて、そんなアイコス意識も高まっている今日このごろ、100円ショップのキャンドゥにて、「ついにきたか!!」と思わずにはいられないアイコス用の商品が売られていたのでご紹介しておきたい。まずはシリコンケースだ。

・シリコンケース

商品名は『iQOSポケットチャージャー専用 フタ付きシリコンケース』で、その名の通り、まさしくアイコス専用の商品だ。パッケージには「360°フルガード」、「iQOSをキズ・ホコリ 衝撃から守る」と書いてある。

さっそくチャージャー本体を入れてみると……

ほほう、いいじゃん。


フタが「そっちかよ!」的な方面にパカッと開くが、これはこれで良しである。


慣れてきたら、かっこよさげなムービングでフタを開くこともできるので、ちょっとした「カッコよくジッポーを開けて火をつける」みたいなカッコツケも可能だ。モテるかも?

このシリコンケースをつけたまま充電もできるし、ボタンも押せるし、ランプも見える。ストラップホルダーもついているので、キーホルダーなんかをつけることすら可能である。100円にしては、なかなか良い商品なのではないだろうか?


・クリーニングスティック


続いて紹介するのは『電子タバコ専用 クリーニングスティック』だ。なんでも、スキマ汚れを削り取れる「トンガリ綿球」が片方に付いており、もう片方はいつもどおりの「丸い綿球」。さらに、「しっかりした強度の木軸を採用!」とのことである。

実際にアイコスを掃除してみたが……

ふむ、なるほど、これは、なかなか……

なかなか良い掃除グッズだぞ!

まず良いなと思ったのは木軸の強さ。しっかりと、狙ったところをゴシゴシできる。フニャフニャした綿棒よりも、圧倒的に木軸のほうが掃除しやすかった。

また、「トンガリ綿球」も予想外に便利だった。加熱板にこびりついたコゲなどを、この細い先っちょでコリコリコリコリ……とコスりながら綺麗にするみたいな。いいぞこれ〜!

ちなみに1袋に入っているのは20本のみ。もっと入っていたらもっともっと嬉しいナァ……と思いつつ、純正品の掃除グッズや、綿棒などと併用して使っていこうと思っている。それにしても、掃除後のアイコスは格別にうまい! ぜんぜん違うんだ、味が。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証