100円ショップで買ったのに、あまりにも便利すぎて秒速マッハで “生活の必需品” となってしまい、ついつい紹介するのを忘れていた商品を今回はお伝えしたい。通称「ハンディラップ」なるアイテムで、ホームセンターなどでも売られている商品だ。

どんな構造になっているのかというと、ずばり「手に持てるラップ」である。そして何ができるのかといえば、「まとめたいモノ」にクルクル〜♪っと巻きつけるだけで、ガッチリ結束できちゃうのだ。本当に便利! たとえば……そうね、段ボール!

テキトーに積み重ねて、テキトーに……

クルクルクル〜♪

ガッチリんこ〜\(^O^)/


雑誌もイケる。少しズレていたとしても……

クルクルクル〜♪

ガッチリんこ〜\(^O^)/ 超べんり!


Amazonで通販をした時によく出会う「段ボールにラップで固定されている状態」も……

クルクルしてから固定して〜♪

ガッチリんこ〜\(^O^)/ すごいでしょ?

ちなみに私は、古雑誌や段ボールとは比べ物にならないほどの重量をほこる「ベランダ用のウッドパネル11枚」を何セットもクルクルしたが、すべてバッチリ結束できた。本当に助かった。


・ダイソーか、それともセリアか

さて、こちらの「ハンディラップ」、どこで売っているのかと申しますと……私の場合はダイソーとセリアでゲットした。しかし人気商品なのか、なかなか売っている店舗が見つからず(特にダイソー)、発見次第、即ゲットするようにしている。

ちなみにだが、ダイソーで買った商品とセリアで買った商品には大きな違い……いいや、あまりにも大きすぎる違いがある。

まずはダイソーで購入した「青い芯」のハンディラップ。弱点は「取っ手が回転しないこと」で、クルクルする際、わりと使いにくかったりする。

いっぽう、セリアで購入した「赤い芯」のは、「取っ手が回転するタイプ」なので、ものすごく楽にクルクルできる。使い勝手の部分では、圧倒的にセリアの勝ち。こうなると、だったらセリアで買おうかな……と思うだろう。だがしかし!

セリアのほうは、長さが50メートル。それに対し、ダイソーのほうは、商品にもよるが70メートルだったり100メートルだったり……と、いずれにしてもセリアよりも圧倒的に長いのだ。く〜〜〜っ! これは悩む!

たとえばトイレットペーパーの芯を使ったりして、ラップ部分が上向きの「純手」でクルクルするなら、なんとかダイソーの方も使いやすくはなる。しかし、逆手にすると……

スポッと落ちる。

もっと工夫すれば、ダイソーの「青芯」も回転式になるかもしれないし、キャンドゥが「長いうえに回転するハンディラップ」を出してくれたら大革命が起きそうだが、めんどうなので私としては、素直にセリアの「回転式」のタイプをオススメしたい。

以前に紹介した「くるくる回すだけでヒモを結束できる商品」と使い分けをすれば、掃除や断捨離が楽しくなることマチガイナシ! 一度でも使ってしまったら、きっとすぐさま “生活の必需品” になることだろう。ホントのホントに、いいぞこれ〜。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証