皆さん、「組み飴」をご存じだろうか? 組み飴とは、いわゆる「金太郎飴」のことで、切っても切っても同じ断面が出てくる、駄菓子のことを指す。さて、そんな駄菓子を作る、名古屋の会社にトンでもない人物から、制作の依頼が来たそうだ。

その人物とは、イギリスのスーパースター、デビッド・ベッカムさんの息子である! 従業員数一桁の小さな会社に、ベッカムの息子からオーダーが来た! 会社は大慌てで商品を作り、EMS(国際スピード郵便)で送ったそうなのだが……。

・SNSで話題に

名古屋のまいあめ工房は、オリジナルデザインの組み飴をオーダーできるユニークな会社だ。小さな会社の強みを生かして、SNSの投稿を頻繁に行っていたところ、ある動画が最近海外で注目を集め、驚異の再生回数をたたき出した。

2017年2月28日の投稿動画は、なんと500万回再生を突破したのである。一体なぜ、それだけ見られることになったのか? 職人が飴を練るだけのものなのだが、これがASMR動画として人気を呼んだようだ。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略。視覚や聴覚に訴える内容で、見ていて気持ちが良くなるものをこう呼ぶそうだ。職人が飴を練る様子は、何だかクセになり、繰り返し見てしまう。

・ベッカムの息子から連絡がッ!!

さて、そんなまいあめ工房に、驚きの人物から飴の製造依頼が! その人物がデビッド・ベッカムさんの息子、ブルックリン・ベッカム(brooklyn beckham)さんだったそうだ。個人で製造を依頼できるか? と相談があった後に、ダイレクトメッセージで彼の略称「BB」と入った飴を作って欲しいと頼まれたらしい。ベッカムさんの御子息であれば、ぜひともプレゼントしたい! と製造を請け負うことに。

・発送後、連絡が途絶える……

最低ロットは3500個。すぐに製造して、500個をEMSで発送。おおむね5日間で、イギリスに到着。したはずなのだが……。

事前にデザインを見せ、制作過程の写真を送り、本人も喜んで到着を待っていたはずなのに……。発送後のメッセージに返事がなく、また既読にもならないという。本当にブルックリンさんの元にBB飴はたどり着いたのだろうか。どうして、彼は何も連絡してこないのか……。

このことについて、まいあめ工房に、「何かブルックリンさんに伝えたいことはありますか?」と尋ねると……。

「こちらで保管している残り3000個の飴、どうします?」

ブルックリンさん、まいあめ工房さんが至急連絡を取りたいと申しております。取り急ぎダイレクトメッセージをご確認ください。よろしくお願いします……。

参照元、取材協力:オリジナル飴デザイン日誌まいあめ工房英語版サイト
Photo:まいあめ工房, used with permission.
執筆:佐藤英典