img_6032

2016年7月22日から国内配信が始まった『ポケモンGO』。一時期に比べると勢いは落ち着いたものの、スポットでのトレーナーらしき人の姿は数多い。その人気はまだまだ健在と言っていいだろう。

人の集まる場所にポケモンはいる。トレーナーであれば常識中の常識で、東京であればお台場や公園などが激アツスポットとなっているが、なんと空の玄関「羽田空港」も群を抜いてモンスターが出現する “隠れた穴場” らしい。これは確かめねばなるまい!

・ゲート内では出現しないポケモンたち

ということで、実際にハンティングしてみたのが今回の話である。羽田空港に降り立った私(筆者)は、すぐさまアプリを起動。ワクワクしながら画面を覗いてみた。すると……あっ、あれっ?

haneda

全然いない。思い返せば、ポケモンは立ち入り禁止区域などに出現しないことになっていたような。もしかしたらいつぞやのアップデートで羽田空港全体が……と思いきや! 第1ターミナル地下1階のポケストップが集結している場所へ行ったところ……ブルッブルッ!!

・入れ食い状態

スマホがブルッた次の瞬間から完全に入れ食い状態! 次から次へモンスターが顔を出しては、ラブコールを送ってくるではないか。それに応えるべく私も奮闘。ポッポだろうがコラッタだろうが、出現したら即捕獲。出会って3秒でボールを投げ続けた。

termi

そうして1時間ほどハンティングしたことでわかったのは、属性タイプを問わずモンスターが出現するということ。また、初期系はもちろん、レア系に当たるモンスターもガンガン出現したから驚かされた。個人的には初めてジュゴンに遭遇した。逃げられたけど。ちなみに遭遇したポケモンは以下の通りだ。

・1時間で遭遇したポケモン

No.1:フシギダネ
No.10:キャタピー
No.13:ビードル
No.16:ポッポ
No.19:コラッタ
No.20:ラッタ
No.21:オニスズメ
No.23:アーボ
No.27:サンド
No.29:ニドラン♀
No.32:ニドラン♂
No.37:ロコン
No.39:プリン
No.41:ズバット
No.43:ナゾノクサ
No.44:クサイハナ
No.46:パラス
No.47:パラセクト
No.54:コダック
No.58:ガーディ
No.60:ニョロモ
No.63:ケーシィ
No.66:ワンリキー
No.69:マダツボミ
No.72:メノクラゲ
No.74:イシツブテ
No.77:ポニータ
No.79:ヤドン
No.81:コイル
No.87:ジュゴン(逃亡)
No.96:スリープ
No.98:クラブ
No.100:ビリリダマ
No.102:タマタマ
No.109:ドガース
No.111:サイホーン
No.116:タッツー
No.118:トサキント
No.120:ヒトデマン
No.123:ストライク
No.129:コイキング
No.133:イーブイ
No.140:カブト

・タマ切れ注意

数を見ていただけたらおわかりだろう。一応、スポットの近くにポケストップが複数あるものの、フリックして回す暇があればモンスターが出現してきた。基本的に『ポケモンGO』は電池の心配をしなければいけないアプリだが、羽田空港ではタマ切れしないようボール残数も頭に入れておいた方がいいだろう。

飛行機を利用しなければ、まず行くことはない羽田空港。しかし、1日いても飽きないレベルのスポットと言ってもよかった。飛行機を利用する際、出発の2時間前には空港にいることが理想とされるが、羽田を利用するポケモントレーナーなら3時間……いや、4時間前に着いてもいいかもしれない。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

▼ポケストップが集結しているのは、京急線に乗り換える前あたりだ
img_6040