国内線の場合、飛行機搭乗の約1時間前には空港に到着しておくのが一般的だが、スケジュールに余裕があればもっと……もっともっと早く空港に来るべきだ。理由はシンプル「超楽しいから」で、たとえば羽田空港のレストラン・ショップ充実度はマジでえげつない。

つい先日、搭乗の約4時間前に羽田空港入りした筆者は、空港オフィシャル情報マガジン『ビッグバードプレス』でイチオシ情報をゲット。そこで特に気になった “世界でも羽田空港だけ” という「ねんりん家」の特別カフェに行ってみたのだが……ああ~もう本当に最高でございました。

・第2ターミナル出発ゲート内

ねんりん家」といえば、デパートや百貨店等に入っているチョイ高級なバームクーヘン専門店だ。テイクアウトが専門だが、羽田空港内にある店舗はカフェ利用OKで、バームクーヘンの “新しい味わい方” を楽しめるという。新しい味わい方とは……気になるな。

てことで、第2旅客ターミナルの保安検査場を通過後、出発ゲート内を左手奥の方にグングン進んで行き……51番搭乗口の前にある『CAFÉねんりん家』へ。もうお気づきの方も多いと思うが、こちら「飛行機に搭乗する機会」がないと来られないレアな場所にあるのだ。

・カフェ限定メニュー

そんなわけだからメニュー選びも慎重になる。せっかくだから “新しい味わい方” を提案しているカフェ限定メニューをいただきたい……と、アレコレ悩んだ末に『ホットバームクーヘンセット(ドリンク付き720円)』を注文。トッピング無料の「バニラジェラート(ホイップクリームでも可)」もお願いした。

さあ、ホカホカのバームクーヘンを受け取ったら店舗前のパブリックスペースへ。なんだか開放的で気持ちいいですね~。搭乗までの時間をゆっくり過ごすことができそうだ。それとまだ食べる前だが、たまごとバターのオイシイ香りがたまらんぞ

バームクーヘン自体は「ねんりん家」定番メニューである「マウントバーム しっかり芽」と「ストレートバーム やわらか芽」の2種類。もちろんホカホカで食べるのは初めてだ。それでは……バニラジェラートを乗せて~パクリ! ああ~もうウンマッ!! わかってたけどウンマ~~ッ!!

しっとりほのかに甘いバームクーヘンは、コーヒーとの相性も抜群。軽い食感だから一瞬で完食してしまったが、かなり優雅な時間を過ごすことができた。それにしても、1口目に味わったバニラジェラートとの温冷ハーモニーは感動的だった。温めて食べるのもアリなんだな~

・サンドイッチもあり

ちなみにCAFÉねんりん家には、「ホットバームクーヘン」の他に「バームクーヘンのサンドイッチ」なんかも置いてある。バームクーヘンの知られざる魅力を存分に堪能できるので、第2ターミナルを利用する機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくれ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 CAFÉねんりん家
住所 東京都大田区羽田空港3-4-2羽田空港第2ターミナル出発ゲート内「51番搭乗口」前
時間 6:00~20:00
休日 無休

参考リンク: CAFÉねんりん家 / 羽田空港オフィシャル情報マガジン「ビッグバードプレス」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼かわいい席を確保

▼赤い紙容器にバームクーヘンが入っている

▼「マウントバーム しっかり芽」と「ストレートバーム やわらか芽」

▼とても贅沢な時間でした