バージョン 2

肉料理の中でも老若男女問わず親しまれてるメニューといえば、やはりハンバーグではないだろうか。肉汁あふれる、焼きたてジューシーハンバーグに目がないという方はきっと多いハズだ。

今回は北海道札幌市で30年以上続く、極上ハンバーグの老舗店をご紹介したい。数年前には東京進出を果たし、ランチ時には連日混雑しているというその人気店の名前は「札幌 牛亭」だ。

・ツアーで北海道を訪れるミュージシャンなどからも人気

「札幌 牛亭」は、その名前の通り北海道の札幌市で約35年続く老舗である。地元民から支持されているのはもちろんの事、観光客やコンサートツアーで北海道を訪れるミュージシャンなどからも人気の店として知られている。

なお、2016年8月現在、北海道では札幌に2店舗、東京にも池袋に1店舗を構えており、メニューの内容は店によって異なるとのことだ。

DSC03680

・名物はつなぎ不使用の極上のハンバーグ

肉好きの道民から “北海道の隠れたソウルフード” とも言われているこの店の名物料理は、つなぎを一切使わずに牛肉のみで作られた極上のハンバーグである。

DSC03721

さらに、つなぎ不使用というだけにとどまらず、オーダー時に焼き加減を指定するという点も特徴といえるだろう。ちなみに店のオススメの焼き加減はミディアムレアとのことだ。

DSC03713

・美しい赤身肉

この日筆者が注文したのは「ステーキハンバーグ 200g」のミディアムレアで、価格は税別1200円である。ジュージューと音を立てながら運ばれてきたハンバーグにさっそくナイフを入れると……なんと美しい色だろうか! しっとりとした赤身肉が顔を出したぞ。

バージョン 2 – バージョン 3

・フワッフワのやわらかな食感

続けて、ひとくちほおばると……ふんわりやわらかな食感と溢れ出す肉汁が口の中で一体となって、とろけるようにまろやかな味わいへと変わっていく。これはウマい !!

さらにハンバーグソースをたっぷりからめて食べてみると……ガーリックとブラックペッパーの風味が効いていてとってもスパイシー! ライスがグイグイすすむ味付けである。

バージョン 2

札幌 牛亭は、ふんわり&とろける極上のハンバーグが食べられる店だ。北海道の方もそして東京にお住いの方も、その特別な味と食感を求めて店へ足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 札幌牛亭 サッポロファクトリー店
住所 北海道札幌市中央区北3条東4丁目
時間 平日 11:00~15:00、17:00~22:00 / 土・日・祝日 11:00~22:00

参考リンク:札幌牛亭
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

▼「札幌牛亭 サッポロファクトリー店」
DSC03680

▼ハンバーグはグラムと焼き方を選ぶシステム
DSC03689

▼「ステーキハンバーグ200g(税別1200円)」
DSC03721

▼焼き加減は「ミディアムレア」をオーダーした
DSC03713

▼ナイフを入れるとキレイな赤身肉が顔を出す
バージョン 2 – バージョン 3

▼ふんわり&とろける食感が絶品だ!
バージョン 2