「AV」にまつわる記事

【実話コラム】「高校生の性パワーはクレイジーだよな」と思うゾッとする話

人間の三大欲である性欲。その強さのピークは男女によって異なると言われているが、性に目覚めてからの数年間、男性の性欲は一気に人生のピークを迎える

これは今では考えられないが、「有り余る性欲」に、人格すらも支配されていた頃の筆者が体験した実話である。

続きを全部読む

【動画あり】マジか!? ゲイAV出演疑惑のスギちゃんらしき人物が映っている映像が発掘される

「ワイルドだろ〜?」でお馴染みのピン芸人・スギちゃんに関するとあるウワサが、ここ数日アツいことになっている。どんなウワサかというと、ゲイビデオ(以下ゲイAV)に出演した過去があるというのである。

そんなバカな……と思いたいところだが、電光石火のスピードで該当するゲイビデオらしき映像がネットにアップされていたのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【コラム】なぜやたらとデカくて雑なモザイクのAVがあるのか

日本独特のエロ文化、それがAVの「モザイク」だ。普通のモザイクはもちろんのこと、モザイクの薄さを売りにした「薄消しモザイク」「デジタルモザイク(デジモ)」、ギリギリまで攻めた「ギリモザ」なんてのも存在する。

だが逆に、ありえないほどデッカくて雑で、大雑把なモザイクをたまに見かけるときもある。あれは一体なんなのか。なぜ、あんな萎えるモザイクが入ってしまうのだろうか。

続きを全部読む

【衝撃事実】日本で普通に売っているモザイクありのAVには「一瞬だけ無修正」になる作品が存在する

男がたしなむ嗜好的映像といえば、言うまでもなくAV(アダルトビデオ)だ。かつてはビデオやDVDでしか見ることができなかったAVだが、今では世界中のAVがネットで見られる時代。そんな海外産のAVには、モザイクのかかってない作品も……というかモザイクなんて逆にない。

モザイクありの国産AVは、日本独特の文化である。モザイクの奥を見たくもなるが、「見えないからこそ美しさ」もそこにはある。――だがしかし。「モザイクありの国産AV」の中には、“一瞬だけ無修正” になる作品が存在することをご存知だろうか?

続きを全部読む

先日、日本政府がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加を表明し、日本中に衝撃が走った。TPPへの参加はメリットもあるが、大きなデメリットがもたらされると考えられる業界も多い。

そんななか、『週刊大衆』が報じた日本のTPP参加に関するあるデメリットが海外で話題になっている。なんと「TPP参加で日本のAV女優が消滅してしまう」というのである。日本のAVなくなるかもしれない……この報道は海外にまで伝わり、海外では深い悲しみと怒りの声が寄せられている。

続きを全部読む

【コラム】なぜエッチな動画を見終えた時「もういい」という心境になってしまうのか

基本的に、男はエッチな動画を見る。動画と書いたが、DVDでもビデオでも、写真だったり静止画だったりすることもあるだろう。見たいから見る。本能の赴くままに、ハァハァと興奮しながら見るのである。

しかし、ナニが起きたのかは定かではないが、映像を見終えた時、「もう、いいから……」といった心境になることがある。というか、いつもだ。いち早く片付けたい気持ちになるのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

00

【コラム】なぜレンタルビデオ屋のAVコーナーにいる男性客は紳士なのか

この世には、男性しか入れない場所というものがある。男性用トイレに、男風呂……。もちろん女性しか入れない逆バージョンも山ほどあるが、レンタルビデオ屋のAVコーナーは基本的には男性エリアだ。

のれんのようなビラビラの入り口をかき分け、AVコーナーへズズイと進入すると、空気がガラリと様変わりする。ある意味、戦場。だが、平和。そしてこの場にいる男性客は、なぜかみな紳士なのである。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

00

女優の高岡早紀さんの母親が経営する会社が、破産申請していたことが3月1日に東京商工リサーチの発表で判明しました。負債総額は約3000万円、6000万円の債権を保有している者もいるとのことで、今後の調査でさらに負債額が膨らむ可能性があると見られています。

この発表を受け、高岡さん自身も刑事告訴される可能性もあるようです。母親の会社「有限会社バニラポット」は平成6年設立、2011年から会員を募って飲料水を販売していました。美容に良いプラチナ入りの水だったようですが、販売が伸びず個人の出資者から損害賠償請求訴訟を起こされています。

続きを全部読む

10日、ニコニコ動画に公式アダルトチャンネルがオープンした。正式名称は「DMM.ちゃんねる」。株式会社デジタルメディアマートが運営するアダルトサイト「DMM」とのコラボレーションで生まれたチャンネルのようだ。 続きを全部読む