「関門海峡」にまつわる記事

旧型客車を改装したカフェ「オハフ33」がレトロ過ぎて最高 / 昭和初期の木目調の雰囲気も車窓からの景色も完璧

つい先日、福岡県北九州市の門司港エリアを運転していたら、国内最大級の「たこの滑り台」を見つけた。デカ過ぎィィイイイ! さっそく車をとめてタコに近づいてみると……おや、タコのさらに奥に、謎の機関車が放置されているぞ。おいおい何だアレ?

ということで、タコはスルーして機関車の元へ。ほほう、どうやら放置されているわけではなく、旧型客車を改装したカフェとして営業しているようだ。昭和時代のレトロな雰囲気が楽しめるらしい。マジかよ最高じゃないか。よし、中へ入ってみるぞ!

続きを全部読む

【歩行者無料】本州と九州の間を歩いて渡れる「関門トンネル人道」に行ってきた! 海底で山口県と福岡県の県境を発見ッ!!

本州と九州を隔てる「関門海峡」は、もちろん車や電車で渡るのが一般的……だが、どうやら歩いて渡ることもできるらしい。もちろん「忍者のように特殊な修行を積んだ人間が水面を歩く」という話ではなく、誰でも徒歩で山口県と福岡県を行ったり来たりできるそうだ。

──って、どういうことだよ! という流れで調べてみたら……なんと世界的にも珍しい「歩行者専用のトンネル」が海底にあることがわかった。しかも、今年2018年に開通60周年を迎えたという。おいおいマジかよ、行くなら今でしょ! ということで行ってきたぞ!

続きを全部読む

中国地方では『白い恋人』じゃなくて『平家の恋人』が売っている

北海道の土産と聞いてパッと思い浮かぶ商品といえば、もちろん『白い恋人』である。そのおいしさと名前は日本で知らない人がいないレベル。今では中国人が爆買いするくらい大人気だ。

定番中の定番土産だけに全国各地で似たようなものが存在するのもこの商品だが、なんと中国地方でも『恋人』が売られていたのでご報告したい。聞いて驚くなかれ。その名も『平家の恋人』だ!

続きを全部読む

海の下にある県境が感動的すぎる件 / 関門海峡に行ってきた!

関門海峡といえば、本州の山口県と九州の福岡県を隔てる海峡であるが、その海の下を歩けることをご存じだろうか。しかも無料(タダ)で!

ということで、実際に関門海峡に行ってみた。まず車で「関門トンネル人道入口」(山口県側)に行き、駐車場に車を停車。もちろん、駐車場代もナシ!そして、ここからが面白い。巨大なエレベーターに乗り、地下深くまで行くのだ。感覚的に10階以上のマンションから降りてくイメージで、耳が詰まるほどだ。 続きを全部読む