「野口英世」にまつわる記事

【ナニコレ】歴史上の偉人がおもしろいことになるポチ袋! くれぐれも冗談が通じる相手に使ってネ

意匠をこらした小さな封筒の世界「ポチ袋」。子どもにお年玉をあげるくらいしか用途がないと思われがちだが、さにあらず。

久しぶりに会う親戚の子に小遣いをあげたいときにも大げさにならずによいし、ちょっとお高めの旅館で「心づけ」に使うのもよい。部屋付の仲居さんというのは最近あまり見ないが、過去には心づけがあるのとないのではその後の対応が大違い、なんて経験もした。

ポチ袋の起源は花街で使われた祝儀袋で、関西弁で「これっぽち」という意味だそう。いずれにしても、現金をそのまま人に渡すのはヤボ、という慎みの文化であろう。そんなポチ袋に、珍妙な……もといユニークな商品を発見。ちょっと見ていただきたい。

続きを全部読む

【小ネタ】顔認証アプリで紙幣を撮影すると “ちょっとだけ” オモシロい

スマホをお持ちならば、顔認証アプリをインストールしている方も多いことだろう。以前の記事でご紹介した、「MSQRD」や「Snapchat(スナップチャット)」「SNOW(スノー)」などのカメラアプリの一種である。

レンズを向けるだけで、目をキラキラさせたり、顔を入れ替えたりできる顔認証アプリだが、実は生の人間でなくてもバッチリ機能することをご存じだろうか? 今回は、最も身近な “あの人たち” の顔を、顔認証アプリで撮影してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

「補正アプリ」でお札を「デカ目」に加工するとヤバいと話題 / やってみたら「デカ目」より『小さ目』の方がヤバいと判明

現在ツイッター上で「補正アプリでお札を加工したらヤバいことになった」という話題が大きな関心を集めている。その通り、一万円札の福沢諭吉が「目はパッチリ」「アゴはほっそり」したビジュアルは、たしかにヤバい。

どれどれ……ということで筆者も補正アプリを試したところ、デカ目よりさらにヤバい加工を編み出してしまった。それは「小さ目」! 目を極限まで小さくすると、デカ目よりもインパクトある画像が出来上がったのでご紹介したい。

続きを全部読む

モー娘メンバーが衝撃証言 「どっちか偽物?」と新旧1000円札を並べてうろたえていた

人気アイドルグループ「モーニング娘。」の現メンバー、田中れいなさんがブログで衝撃的な告白をしている。「これ何!?」と1000円札2枚を並べた画像を投稿しているのだが、彼女は「どっちか偽物ってこと!? やばくない!?」と驚きをあらわにしている。しかしよく見ると、それは新旧の1000円札なのだ。この衝撃発言にファンからは「面白すぎる」や「笑った」などのコメントが相次いでいる。

続きを全部読む