「登山家」にまつわる記事

僕が命がけでラグビーW杯を盛り上げる! 脱サラして「ラグビー登山家」になった男の挑戦は最終章へ

あと72日。これは何の数字かというと「ラグビーW杯」までの残り日数である。2019年9月20日、ここ日本で4年に一度の祭典が開幕する。そのことをどれだけの人が知っていて、なおかつラグビーに興味を持ってくれるのだろうか。

2015年W杯の「世紀のジャイアントキリング(南アフリカ戦)」で巻き起こった熱狂を再び──。ラグビーに携わる人は期待と不安が入り混じっているのが現状だが、自国開催のW杯を盛り上げるために一念発起した男がいる。ラグビー登山家の長澤奏喜さん(34歳)はラグビボールを抱え、出場国の最高峰に “トライ” する挑戦を2017年から続けているのだ。

続きを全部読む

脱サラして世界初の「ラグビー登山家」になった日本人がいた! ラグビーW杯を盛り上げるため出場国の最高峰山頂へトライ中

2019年秋、ラグビーW杯が日本で開催される。このことをどれくらいの人が知っているだろうか。ラグビーファンからすると何を今さら……と思ってしまうところだが、現実は悲しいかなそうでない。「日本であるの?」「いつ?」といった声も少なくないのが現状だ。

開幕日の9月20日まであと約半年。現状をどう打破するのか不安が募るが、1人の元ラガーマンが2年前から信じられない行動に出ている。「ラグビー登山家」の長澤奏喜さん(34歳)は、より多くの人にW杯のことを知ってもらおうとラグビーボールを抱えて各国の山頂へトライする挑戦を続けているのである。

続きを全部読む

【訃報】8度目のエベレスト登頂に挑んでいた登山家「栗城史多」さんの死を所属事務所が公式に発表

エベレストへの登頂にこだわり続けていた登山家の栗城史多さんが、亡くなっていたことが明らかになった。当初、海外ニュースサイトが第一報を伝え、情報の信ぴょう性が問われていたのだが、所属事務所は以下のように伝えている。

続きを全部読む

【恐怖の綱渡り】谷間に張られた1.2キロのロープを74分で渡り切った登山家がスゴい! 高所恐怖症の人は閲覧注意!!

人間は、いくつかの種類に分かれるように思う。常に自分の限界に挑戦し続けるタイプは、どんどん自身の可能性を広げて飽くなき成長を遂げていく。

まさに、そんな登山家がネットで話題になっているので紹介したい。なんでも彼は、谷間に張られた1.2キロのスラックライン(綱渡り用のベルト状ライン)を渡り切り、綱渡りの世界記録を樹立したというのである!

続きを全部読む