「患者」にまつわる記事

英看護師が耳にした “死にゆく人の最期の言葉” を告白する動画が考えさせられる…「後悔のない人生を送らなければ」と思わずにはいられない

世の中は不公平なものだが、たった一つ平等だと言えるのは、「誰もが年を取り、いつかは命が尽きる」ということではないかと思う。一体、最期の時に人々は何を思うのだろうか……。

そんな、「死にゆく人の最期の言葉」をイギリス人看護師が告白する動画が話題になっている。きっと、これを見たら「後悔のない人生を送らなければ……」と身に染みるのではないだろうか。

続きを全部読む

救急車のワイパーに挟まれていた “メモの内容” がヒドすぎて絶句 / ネットの声「こんな人が存在しているなんて」など

誰かが怪我をしたり、体調が悪くなった時に現場に駆け付けてくれる救急車は、市民の心強い味方である。ところが、そんな救急車に対して感謝の気持ちを示すどころか、迷惑がる人もいるようだ。

なんでも、救急車のワイパーに挟まれていた “メモの内容” がヒドすぎると、海外で絶句するような出来事が発生。ネット民から非難のコメントが殺到しているというのである。

続きを全部読む

死を前に「タバコと1杯のワイン」を望んだ男性 / 彼の遺志が叶えられた画像に ‟人生”とは何かを感じてしまう件

読者の皆さんは、自分の死が迫りつつあると感じた時に、最後に何をしたいと思うだろうか!?

そんな死を目前にした男性が、「最後にタバコを吸ってワインを1杯飲みたい」と病院側に伝えたところ、禁煙・禁酒である病院内での喫煙と飲酒が許されたというのだ。心ゆくまでタバコを楽しむ男性の姿を捉えた画像に、きっと「人生とは何か」を感じてしまうのではないだろうか。

続きを全部読む

【アメリカ怖い】カバンから携帯電話を取り出したつもりが拳銃だった → そのまま間違えて自分を撃っちゃった男

読者の皆さんのなかに、歯医者が大好きだという人は、あまりいないのではないだろうか。「そろそろ検診やクリーニングに行かなくては……」と思いつつも、なんだかんだと理由をつけて、先延ばしにしてしまうのである。

とにかく、ずっと口を開けているのも辛いし、歯をガーガー削られる音や感覚も好きになれない……という人は多いに違いない。なんだか、不快なことだらけな感じもするが、歯医者で、もっとヒドい目に遭った男性がいるので紹介したい。な、なんと、治療のための麻酔でラリって、自分を撃ってしまったというのである!! なんでも、携帯電話と拳銃を間違えてしまったらしいのだ!

続きを全部読む

同僚のイタズラで「入院中にピンクの女性用下着を着せられた」男性が訴訟を起こす! 精神的トラウマになって失職したことが理由

人間それなりの年月を生きていれば、人にイタズラをしたこともあればされたこともあるだろう。イタズラというぐらいなので、ほとんとの場合がたわいもない内容だろうか、人によっては深刻に受け止めてしまうこともある。

そんな冗談半分のイタズラに深く傷ついてしまった人がいる。入院中にピンクの女性用下着を着せられてしまった男性が、精神的トラウマになっと訴え、訴訟問題に発展してしまったというのだ!

続きを全部読む

飲食店やコンビニで、冷蔵庫に入ったり食品のうえに乗るという不祥事が相次いでいる。それらの出来事はインターネット上に画像が公開され、明るみになることが多いのだが、何も日本だけでそのような不祥事が起きている訳ではないようだ。

アメリカのとある病院で信じられない出来事が起こった。手術で麻酔中の患者の顔に、いたずらをしてその画像を Facebook に公開したというものだ。患者は病院と医師を告訴している。

続きを全部読む

救急救命室の医師が乳がんで妻を亡くした男性宛てに手紙を書き大反響を呼ぶ

大きな怪我や病気を患って手術や入院を経験したことがある人もいることだろう。そんなときに実感するのが医者の凄さではないだろうか。患者にとって彼らは、人生における数少ない、文字通りの「命の恩人」である。だが医者にとっては、患者というのは大勢いるものだ。

そんななか、いま海外では、ある医師がすでに亡くなってしまった患者の遺族へ宛てて書いた手紙が大きな反響を呼んでいる。おそらく彼は、一日に何人もの患者の対応をし、これまでに何度も人間の死を目の当たりにしてきたであろう。それにもかかわらず、この医師がいまは亡きたった一人の患者とその遺族を想って書いた手紙に、多くの人が心打たれているのだ。

続きを全部読む