「少年マガジン」にまつわる記事

約35年ぶりに少年誌「月刊コロコロコミック」を買ってみた! 今の主流は○○を題材にした作品であると判明

私(佐藤)が小学生の頃、男子は2つの漫画雑誌に派閥が分かれていた。月刊コロコロコミック(小学館)派と月刊コミックボンボン(講談社)派である。ボンボンは2007年に休刊になって以降、いまだに復活していないのだが、コロコロは健在である。

現在のコロコロはどうなっているのだろうか? つい懐かしくなって、約35年ぶりに購入してみたところ、現在の少年漫画の主流は○○であることがわかった。今はこうなっているのか!

続きを全部読む

【悲報】『はじめの一歩』の幕之内一歩さん、とんでもない姿になってしまう / 連載30周年の末に辿り着いた境地

悲報である。様々な出来事があった2018年であるが、これ以上ないほどに悲報である。本日2018年12月26日に発売された「週刊少年マガジン」最新号を、皆さんはもうご覧になっただろうか? とんでもないことになっているぞ……。

以下はネタバレを含む内容となっているため、覚悟ができた人だけ読んでいただきたい。あらかじめ言っておくが、『はじめの一歩』は連載30周年である。

続きを全部読む

環境問題も世界情勢も深刻ですが「ミスター味っ子」と「将太の寿司」が11月30日まで無料で読めます

もしかしたら平和な世界なんて訪れないのかもしれない──。我々人間でせいでゆっくりと、だが確実に破壊されていく地球。もはや温暖化を止める術はないに等しく「異常気象」という危機的な言葉にも多くの人間は鈍感だ。

世界情勢に目を向ければ、絶えず紛争を繰り返す地域や国があることは紛れもない事実であり、そこには宗教や貧困などの問題が、複雑に、そして根深く絡み合っている。だがしかし、これだけは言わせてもらいたい。2018年11月30日まで「ミスター味っ子」と「将太の寿司」が無料で読める、と……!

続きを全部読む

【必見】『進撃の巨人』作者が19歳の時に描いた読み切り版が無料公開される / 才能を見抜いたマガジン編集部スゲーーーッ!

「別冊少年マガジン」で連載中の漫画『進撃の巨人』。人類と巨人との戦いを描いたダークファンタジーで、アニメはもちろん、ハリウッド映画化まで決定しているメガヒット作だ。

その『進撃の巨人』のプロトタイプとも言える読み切り版が、漫画投稿サイト「マガジンデビュー」にて無料公開されている。作者である諫山創先生が19歳の時に描いたもので、ファンならずとも必見の内容になっているぞ!

続きを全部読む

【困惑】『はじめの一歩』の作者、今週のマガジンでブチ切れる?

本日2017年11月22日に発売となった「週刊少年マガジン」最新号で、何やら不穏なことが起きているらしく話題になっている。しかもそれは、掲載作品の中で起きているのではない。巻末の作者コメントのページで起きているのだという。

なんでも、マガジンの看板漫画『はじめの一歩』の作者である森川ジョージ先生のコメントが、ちょっと普通ではないようなのだ。一体何があったというのか? 気になった私(あひるねこ)は、急いでコンビニに走りマガジンを買ってきた!

続きを全部読む