「夫」にまつわる記事

60年前に書かれた『夫をゲットする129の方法』が衝撃的 「狩猟ライセンスを取る」「新聞の訃報欄をチェックする」「ばんそうこうを貼っておく」など

「出会いがない」と思い悩んでいる人に対して、あなたならどんなアドバイスを送るだろう。「出会い系サイトに登録する」「趣味仲間を作る」「友達に紹介してもらう」なんて案が思い浮かぶが、うーん、どれも平凡。いまひとつパンチがない。

なら、今ネットで話題の1950年代に書かれた「夫をゲットする129の方法」を参考にするといいかもしれない。その強烈な内容に、多くの人が衝撃を受けているのだ。

続きを全部読む

家事を1人でこなす女性が「“察してちゃん” はダメ! 手伝ってほしいなら自分から言って」という言葉に大反論! ネット上で正論すぎると納得の声が多数集まる

「何かやってもらいたいことがあるなら、頼まなきゃ。誰も、あなたの頭の中を読める訳じゃないんだから」。あなたはこんなことを言われた経験があるだろうか? つまり “察してちゃん” はダメ。要求があるなら、自分のお口を開いて相手に伝えましょう……ということ。

うーん、こう言いたくなる気持ちは分かる。一緒にいる人がず〜っと黙ったまま仏頂面だったら、「黙っていても分からないよ! 言いたいことがあるなら言って!!」なんて叫びたくなるもの。

その一方で「いや、頼まなくても、自分で判断できるでしょ?」という場合もある。例えば、パートナーとの家事分担などがそうだ。この度も家事を1人でこなしている女性が「いやいや、ちょっと待てよ!」と、冒頭の台詞に対して反論し、話題となっている。

続きを全部読む

『子持ちママの1日を追ったタイムラプス動画』がマジ忙しそうで泣ける! パートナーから「何もやっていない」と言われて反論するために撮影

専業主婦って楽だよね〜。だって1日中家にいて、家事と育児をするだけなんでしょ?」……これまでどれだけ多くの女性が、こんな心無い台詞を言われてきただろう。最近ようやく家事も子育ても1人で抱える “ワンオペ育児” の大変さが認識されるようになってきたが、まだまだ甘い!

というのも、この度もある女性が、パートナーの男性から「家事と子育てだけなんて休日みたいなもの」などと言われてしまったのだとか。そこで女性は、子供と過ごす1日がいかに大変であるかを証明するために、ある日の行動を動画に収めてみたという。すると……。

続きを全部読む

「妻が自分を殺そうとしている」と知った夫が強烈カウンター! “死の偽装” までして妻を刑務所にぶち込む展開がまるで映画!!

「事実は小説より奇なり」という言葉があるが、時には、まるで映画に登場しそうな現実離れした出来事が起こることもある。

なんでも、ある女性が夫の息の根を止めようと殺し屋を雇い、その事実を知った夫が自分の死を偽造する事態が発生。FBIまで絡んで、映画のシナリオ並みに展開にした事件がスゴすぎるので、紹介することにしたい。

続きを全部読む

【国際結婚の日】外国人夫に「日本人妻ならではの不満」を聞いてみた

毎日が特別。2月9日が漫画の日だったり、3月3日が耳の日だったり、3月10日が佐藤の日サンジュンの日だったり……実に色々な日があるもんだ。

そして本日3月14日は「国際結婚の日」! せっかくの記念日なんだから、国際結婚夫婦の間にわだかまった不満に光をあててみたい。ということで今回は、外国人夫に「日本人妻ならではの不満があるか」聞いてみたぞ!! さ〜て、なんて言われるのだろうか……?

続きを全部読む

【ちょっとショック】「夫が花束を贈ってくれた!」と思った妻……実はペットのワンコ宛てだった件がビミョーに悲しい

毎日一緒に過ごして、いつもそばに寄り添ってくれるペットは家族の一員である。そんなペットを大切にするのは飼い主なら当たり前のことだが、ある一家は、ペットのワンコに花束が届いたことで思いもよらぬ誤解が生じたというのだ。

なんでも、「夫が花束を贈ってくれた!」と妻が喜んだのも束の間、なんと、カードにはワンちゃんの名前が書かれていたというのである!!

続きを全部読む

【最強の妻】夫を殴られ激怒した妻が犯人を猛追跡する動画がスゴい!「勇気がある」とネット上で賞賛

他人と一緒になる電車内では、ときにトラブルが起こる。今回も地下鉄内で、ある男性が見知らぬ人物から顔をぶん殴られた。男性はどう対応するのか……と思いきや、とっさに反撃に出たのはその妻!

しかも口で言い返すだけでなく、彼女は逃げる犯人を追いかけ始めたのだ。現在ネット上で動画が公開され、話題になっている本件の詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

“うつ病の妻” に夫が伝えた『私が妻を愛する15の理由』が感動的だと話題

週末婚、通い婚、別居婚、事実婚など、様々な結婚の形があるように、「結婚」に対する捉え方も時代と共に変わってきた。けれども「良いときも悪いときも、富めるときも貧しきときも、病めるときも健やかなときも」という、“一生を添い遂げる決意” は変わらないはず。

今回は、そう思わせてくれる1組の夫婦をご紹介しよう。妻がうつ病に苦しんでいるこの夫婦。そして、なんとか妻の力になりたいと思った夫が愛のメッセージとして「私があなたを愛する15の理由」を送ったのだが、その感動的な内容がネット上で話題になっているようだ。

続きを全部読む

夫のアレがデカ過ぎて結婚から1週間で離婚申請 / 妻「悪夢だった」

性格の不一致、浮気、暴力、子供の教育方針の違い……夫婦が離婚する原因は様々である。が、端的に言えば、「合わない」ということに尽きるだろう。それが、性格なのか、価値観なのか、優先順位なのか、モラルなのかはケースバイケースだろうが、とにかく相手と「合わない」から離婚するのだ。

今回紹介するケースも、早い話が「合わなかった」ことが離婚の原因。何が合わなかったのかと言うと……アレである。アレが合わなかったのだ。もっといえば、夫のアレがデカ過ぎて、合わなかったのである。

続きを全部読む

超愛妻家の66歳男性「妻を喜ばせたい!」 → バイアグラを大量摂取 → フィーバーがおさまらずお宝切除

自らを犠牲にしてでも愛する妻を喜ばせたいと願う夫……なんとも素晴らしい夫婦愛である。だが、どんな愛妻家でも払える犠牲には限界があるはず。自分のいちばん大事なものを失うことには抵抗があるだろう。死守すべきお宝というのが男にはあるものだ。

が、しかし! 妻を喜ばせることに夢中になりすぎて、意図せず自らのお宝を失ってしまった男性がいる。愛する妻のためとはいえ、彼の払った犠牲はあまりにも大きく、現在その出来事は世界中で話題となっているのだ。

続きを全部読む

死を覚悟した夫が66年間連れ添った妻に贈った「ひとつの歌」が世界で感動を呼ぶ!

愛する人へ贈ったひとつの歌が、現在世界中で感動を呼んでいる。歌を贈った人物はジェームス・ピネガーさん(86歳)であり、贈った相手は66年間連れ添った妻のコリーンさん(85歳)である。

そして動画「You Are My Sunshine- 66 Years in Love Caught on Film」に映し出されている通り、ジェームスさんがコリーンさんに贈った歌は『You Are My Sunshine』(和訳:キミは僕の陽の光)である。しかしなぜこの歌のプレゼントが、世界の多くの人の心を震わせているのだろうか?

続きを全部読む

夫婦のランチに格差! 夫が「500円」で済ませるのに対して妻は「1000円以上」の優雅な食事

明治安田生命は11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、全国の既婚男女約1000人に対して夫婦についてのアンケートを実施。その結果、ランチについて興味深い事実が! 夫は一回の昼食を500円台で済ませる一方で、妻は1000円以上の優雅な食事を楽しんでいることが判明したのです。お、お、奥さんアンタ……。

続きを全部読む