「問題発言」にまつわる記事

プラネタリウムクリエーター大平貴之氏の全裸女児を撮影したとの投稿が物議 → ネタと明かすも謝罪する事態に発展

プラネタリウムクリエーターであり、日本を代表するエンジニアとして知られる大平貴之氏がTwitterに投稿した内容が議論を呼んでいる。

大平氏のツイートによると、彼は2014年7月28日に、屋外の噴水で全裸で水浴びしているある光景を目撃したそうだ。その発言が問題視されたところ、後にネタだったとして謝罪する事態に発展している。

続きを全部読む

「レイプされた女性は犯人と一緒に絞首刑になるべき」インド人政治家の発言が波紋

インドに暗い影を落とす性犯罪。ここ数年、強姦などの陰惨な事件がクローズアップされ、その実態がインド国内外で問題視されるようになってきた。

そんな中、インドの政治家のある発言が、インド国内外で批難を巻き起こしている。「性犯罪に巻き込まれた女性は、性犯罪者を引き起こした男性と同様に死刑にするべき」という旨の発言をしたのだ。他にもインドの政治家の問題発言が、国内外で批判を浴びている。

続きを全部読む

国家公務員の不適切発言が問題視されている。経済産業省のキャリア官僚が個人のブログで「(被災地の)復興は不要」、高齢者に対し「早く死ねよ」などと発言してブログが炎上。結果、ブログが本人のものと確認され、2カ月の停職処分になったという。

匿名ブログで問題発言をしたのは、2015ミラノ万博日本政府代表を務めていた経済産業省の50代の官僚だ。問題視されているのは、東日本大震災のあった2011月9月のブログ記事。そこには震災の復興について以下のように書かれていた。

続きを全部読む

【動画あり】アントニオ猪木議員が衝撃発言「ヤクザと関わっていたのはジャイアント馬場」

燃える闘魂といえばプロレスラーのアントニオ猪木だ。つい先日の参院選では日本維新の会から出馬して見事当選。現在は「アントニオ猪木参院議員」であるが、2013年8月5日に日本外国特派員協会で行われた記者会見で衝撃的な発言をしたと話題になっている。

外国人記者から「日本におけるギャング(ヤクザ)とスポーツの関係」について質問されたアントニオ猪木参院議員は、以下のように返答した。 続きを全部読む

元交際相手が暴露! 韓流アイドルが日本を侮蔑する発言「日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブス」

日本で活動する韓国の男性アイドルグループ「CODE-V(コードブイ)」のメンバー、ジェウォンが元交際相手とのトラブルによってグループから脱退した。アイドルの交際発覚やトラブルはよくある話。しかしなぜ脱退? と思うのだが、どうやら背景には元交際相手による暴露があった。

トラブルが表面化したのは2013年3月20日のこと。ジェウォンと一年ほど交際していたという韓国人女性は、ジェウォンにフラれた腹いせに、自身のツイッターやブログ(現在は削除)で彼との会話などを次々と暴露し始めた。

続きを全部読む

仏国営放送のテレビ司会者が、福島原発を揶揄(やゆ)するような発言をして物議をかもした。その影響が思わぬところへも広がっている。司会者の発言問題を知った女優藤原紀香さんが、Facebook上で次のように発言し、怒りをあらわにしているのだ。

続きを全部読む

以前の記事で、フランス国営放送のテレビ司会者が、福島原発事故を揶揄(やゆ)するような発言をして、物議をかもしたことをお伝えした。この司会者、ローラン・リュキエ氏の発言問題に駐フランス日本大使館は文書で抗議し、政府藤村修官房長官も不快感を示したのだが、彼が再び暴言を発していたことが判明した。

ローラン氏はラジオ局「Europe1」で、日本側に抗議されたことに触れ、「(問題になった発言で)日本人も福島の犠牲者も侮辱したつもりはない」と反論。そして「フランスのテレビ放送がやることを、決めるのは日本じゃない!」としたうえで、「正気じゃない!」と猛烈に抗議した。さらに次のように表現して、とるに足らないことと言い放った。

続きを全部読む

桐生市議会議員が「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」と衝撃発言 / 事務局「検討し対処する」

群馬県桐生市の議員が、Twitterで驚くべき発言をして物議をかもしている。庭山由紀議員は、市役所前に停車している献血車の画像を公開し、「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」と投稿しているのだ。

これに他のネットユーザーから批判が続出。「公的立場の人の発言じゃないですよ!」「こんな最低最悪な人が……」など、衝撃を受ける人が相次ぎ炎上状態となっている。問題の発言は次の通りだ。

続きを全部読む