「先生」にまつわる記事

ある教師が保護者に伝えた「夏休みにやってほしい9つのこと」 が素晴らしいと大評判を呼ぶ / Facebook でシェアは20万越え

夏休みと言えば、宿題だ! プールに虫捕り、花火大会、クーラーの効いた部屋でゲームなんかを楽しみながらも、頭の片隅ではいつも「ああ、まだ夏休みの宿題が終わっていないなあ」と暗く思い続ける……きっと、そんな夏休みを送る小学生もいる、あるいは、いたことだろう。

でも、これからご紹介する「宿題」なら、そんな暗い気持ちにならなくてもいいかもしれない。あるアメリカの小学校教師が、既存の夏休みの宿題を取りやめ、代わりに子供ではなく親に対して「夏休みにやってほしい9つのこと」を発表したのだ。その内容は、ネット上でも大きな反響を呼んでいる。

続きを全部読む

学校で出題されたナゾナゾに小学生が「深すぎる答え」! 先生が正しい解答を言い出しかねるほどの深さだと話題に

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」と言うように、子供の何気ない言動から大切なことを教わったり、自分の未熟さに気付く大人も多い。

今回も、ある小学校の先生がナゾナゾを出題したところ、生徒から “ハッとするような答え” が返ってきたそうだ。その深さのあまり、先生も正しい解答を言いたくなくなってしまったのだとか……

続きを全部読む

ある教師が「成功するための12のルール」を伝授! 元教え子は大麻&ゲームの自堕落生活から脱出

「変わりたい」と思いながらも、なぜだか変われない……そんな後ろめたさを抱えて生きている人も多いはず。これからご紹介する人物も「変わる変わる」と口で言いながら自堕落な生活を続けてきたという。

だが、1通のメッセージを受け取ったことがキッカケで、その人の生活は激変する。それが恩師から送られてきた「成功するための12のルール」だ。一体どんなことが書かれているのだろう……?

続きを全部読む

生徒からの “心のこもった手紙” で先生が号泣「先生と出会えて幸せ」「お父さんみたいだと思ってます」14万回以上リツイートされてネット民も号泣

尊敬できる先生に出会えた生徒、そして、生徒から深く愛されている先生は幸せ者だ。分かりきったことかもしれないが、いじめ問題やモンペ問題などの前では、つい忘れてしまいがち。しかし今、この事実を思い出させてくれるストーリーが、ネット上で話題を集めている。

生徒から心のこもった手紙を受け取った先生が、その内容に涙が止まらなくなってしまったのだとか。一体どんなことが書かれていたのだろうか?

続きを全部読む

【マジか】授業中に教師が嘔吐! → 鞄の中からワインの箱が発見されて泥酔していたことが判明

子供達を指導してお手本になるべき存在の教師は、常日頃から品行方正でいないと思わぬところでボロが出ることもあるだろう。

まさに、そんな事態を招いてしまった教師のニュースがネットで注目を集めている。なんでも、授業中に突然教師が嘔吐し、泥酔していたことが判明したというのだ!

続きを全部読む

【世界が感動】生徒全員と「オリジナルハイタッチする先生の動画」が猛烈な勢いで拡散中

いま、ある教師の動画が猛烈な勢いで世界中に拡散している。その教師はノースカロライナ州シャーロットの小学校に勤める英語教師「Barry White Jr(バリー ホワイト ジュニア)」さんだ。1人の教師が世界中に感動与える理由は何なのか? 動画と併せてご紹介したい。

続きを全部読む

【やっぱり】海外のモンペもヤバかった!「課題の点数に納得できずオバマ大統領に連絡」「子供がいない人は良い先生になれないと暴言」など

今「モンペ」と言われて、女性用の労働ズボンを思い浮かべる人は少数派かもしれない。そう、2016年の “モンペ” と言えば、すなわちモンスターペアレントの略だ。

オンライン辞書『コトバンク』では、「学校に対して、言い掛かりといえるような理不尽な要求、苦情、文句、非難などを繰り返す保護者を意味する和製英語」と説明されているが、海外にだって “モンペ” は存在するようだ。

続きを全部読む

もし間違えたらヤバイ試験問題が話題 / 先生「どれが私の写真か当てなさい」

学生がテストを受ける時は、制限時間内に全ての問題を解かなければならないし、見直しの時間も取っておきたいしで、ペース配分を考えたりと何かと大変だ。

そんな、緊張感を感じながら問題に取り組んでいるなか、「やっと最後の1問……」という段階で、思いもよらない個人的な質問が飛び出したらどうだろうか!? ある先生が試験に出した「どれが私の写真か当てなさい」という問題が、サイコーにオモロいとネットで話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

提供:株式会社エモテント

【泣ける】福岡発のアニメ『熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生』を知ってるか!? いじめを「かっこ悪い」と一刀両断するゴリラ教師が熱い!!!

この週末、記者(私)は「FNS27時間テレビ」を見ていた。そして、出会ってしまった。

じんわりと心に染みる、泣けるアニメに出会ってしまったのである。

そのアニメとは、『熱血ゴリラ教師 イチゴリ先生』。何気なく見ていたのだがぐんぐんと引き込まれ、イチゴリ先生のファンになってしまった。

続きを全部読む

【動画あり】学校の先生が生徒と一緒にキレキレダンスを披露 → 世界中からいいねの嵐

こんな先生がいたらなぁ……そう思わずにはいられない動画が、今話題になっている。Facebook にその動画を投稿したのは、アメリカで教師をしているロン・クラークさん。たとえ子供が相手であっても正面から向き合い、手に負えなかった問題児たちを更生させた伝説の先生だ。

現在、彼は自身の学校を創設し、子供たちと向き合う日々を送っているのだが、公開している動画には生徒と一緒に踊る姿が収録されている。見ているこちらまで楽しい気持ちになれるようなダンスは必見だ!

続きを全部読む

【鳥肌】総勢1700名以上! 男子高校生が『魂のダンス & 雄叫び』で亡き教師への死を悼む / これがニュージーランド民族舞踊の「ハカ」だ!

心から尊敬できる先生との出会いは、まさに人生の宝。今回ご紹介する男子高校生たちも、1人の先生をとても尊敬していた。しかし教師は、ある日亡き人となる。生徒たちは嘆き悲しみながらも、恩師にサヨナラを言ったのだが……その方法が「感動的だ!」と話題を集めているのだ。

彼らは、なんとも熱く男気あふれるダンス「ハカ」で、教師をあの世へと送り出したのだ! 総勢1700名以上の男子生徒が行ったそのパフォーマンスは、鳥肌ものの迫力!! さあ、動画『PNBHS Haka for Mr. Dawson Tamatea’s Funeral Service』でチェックだ!

続きを全部読む

【凄いぜ若者!】高校生一同が「修学旅行には行きません!」と宣言 /その理由が “真似できないほど立派” だと話題に

学生生活の最大行事といえば、修学旅行! 京都に奈良、広島、長崎、東京などなど、クラスのみんなとの旅行を学生時代のハイライトに据える人も多いだろう。

しかし今回ご紹介する高校生たちは、「修学旅行には行きません!」と力強く宣言したのだ。そして、その理由がとっても立派だと話題になっている。なんと浮いた旅費を、ガンと闘う校長先生に寄付するというではないか!

続きを全部読む

いくらなんでもお茶目すぎる教師の画像9連発

“好きな先生の条件” は、人によって様々だ。教え方が上手、雑談が面白い、親身になって相談にのってくれる……などなど。ただ、その条件は人によりけりと言えども、「ユーモアがある」「お茶目」というのは、多くの人が魅力的と感じるポイントの1つではないだろうか。

そこで今回は、そんなユーモアがあふれまくっている学校の先生や大学教授の姿を、画像とともに紹介したい。題して、「いくらなんでもお茶目すぎる教師の画像9連発」だ!

続きを全部読む

100歳でも現役バリバリ! 世界最高齢の算数の熱血先生がとっても前向き 「リタイアなんて言葉聞きたくないわ!!」

「もう歳だから……」と、いつから人は言い始めるのだろうか? 我が身を振り返ってみるとまだ若き10代の頃に、そう口にしていたような気がする。ただイキがっていただけなのだろうが、どう思うかは人次第のようだ。

というのも、今回紹介するある高齢の女性は、「もう歳だから」とは決して言わないからである。彼女は、100歳という年齢をものともせず、小学校で算数を教え続けているのだ!

続きを全部読む

先生が踊り出したと思ったらまさかのブレイクダンスで生徒大熱狂! 超絶クールな高校教師が話題に

教師というと、真面目でつまらないといったイメージを持たれがち。いわゆる「堅物」である。

が、しかし! いま海外では、教え子たちから「史上最高にクール」と称される教師が現われ話題を呼んでいる。その人気の理由は、彼が「踊れる先生」であること。しかも! しかも! 彼が披露したのは、まさかのブレイクダンス!! その様子は、動画「Old School Teacher Can Dance! Best Teacher EVER.」で確認できる。生徒たちの熱狂ぶりも必見だ。

続きを全部読む

学校の先生の目前で挑発的にダンスを踊ったらアイリッシュダンスで応戦してきた動画が話題に

もしも突然、誰かが目の前に立ち、挑発的な表情と動きでダンスを踊ってきたらどう対応すればよいだろうか。「ちょ、ちょっと……やめてください」と冷静に対応するのが正解だろうか。それとも苦笑いをして「私には無理です」と拒めば良いのだろうか。

その答えとなる動画が現在話題になっている。先に答えを書いておこう。対抗して踊れば良いのである。YouTubeにアップされている動画のタイトルは「Turn Up ’13 Style.」だ。

続きを全部読む

大阪市の教職員入れ墨調査の結果は小学校の先生をふくむ10人 「教え子に “うかつにタトゥー入れるとメンドクセーことになるよ” と教えればいい」の声も

大阪市で行われている大阪市職員を対象とした入れ墨(タトゥー)調査。前回は職員133人に入れ墨があったことが分かったが、今回は職員ら約1万7000人に対して調査を実施した。

その結果、小学校の教員1人をふくむ、合計10人の教職員が「入れ墨あり」の申告をしたという。また、小学校の教員は、児童の目の触れる場所に入れ墨があるが、今後、入れ墨を消すことを予定しているのだとか。この調査結果に対し、ネットユーザーは……

続きを全部読む

「教師は堅物でつまらない」はウソ!? 真面目にインタビューを受ける生徒の後ろで踊る先生たちを世界が絶賛

「教師なんて堅物でつまらない」。そんなイメージをお持ちの方、特に現役の中高生にはぜひとも観てもらいたい動画がある。

「Teachers Dancing Behind Students」と題された動画には、そのタイトル通り生徒の後ろで踊りまくる先生たちが映っている。この映像がいま世界中で話題を呼び、「教師は堅物」という万国ほぼ共通だと思われるイメージをものスゴイ勢いで覆そうとしているのだ。

続きを全部読む