「ぐるなび」にまつわる記事

提供:ぐるなび

【期間限定】何度も言うけど飲食店を予約するなら「ぐるなび」を絶対見ろ!マジで半端ないポイントをゲットできるから(笑)

2018年も残すところあと2ヶ月を切った。時間が経つのはホントに早いものだ。ん、待てよ……てことはもう忘年会シーズンか!

ということで、突然だが朗報だ。今、ある方法で飲食店を予約して来店すると、なんと楽天スーパーポイントが最大12000ポイントもらえるぞォォォオオオオオーーーー!! 言っておくが、これは抽選じゃなくて “もれなく” だ。忘年会の幹事必見ともいえる、そのキャンペーンの詳細は次の通りである。

続きを全部読む

【朗報】2016年「今年の一皿」が『パクチー料理』に決定 → 自称「黒帯パクチニスト」に感想を聞いてみた

日本全国8000万のパクチー大好きっ子、通称 “パクチニスト” たちに朗報だ。2016年12月5日、大手飲食店検索サイト「ぐるなび」が決定する『2016年 今年の一皿』が「パクチー料理」に決定したゾォォォオオオ!

英名でコリアンダー、タイ語でパクチー、中国語で香草(シャンツァイ)、和名だと「カメムシソウ」……ということからもわかる通り、独特の香りが毛嫌いされていたパクチーがついに栄冠を手にしたのだ! 今夜はパクチニストたちがお祭り騒ぎやで!!

続きを全部読む

提供:ぐるなび株式会社

【女子力全開!】クリスマス1人ぼっち確定女子で集まって女子会してみた「みんなこれからも一生友達だゾッ☆」

もうすぐクリスマス、街はいろんなところが飾り立てられて、すっかり恋人気分を煽ってるけど、素敵なステディがいなくたっていいじゃない! ぷんすか! 女には女同士の付き合いってものがあるんですから、男子はお断りの女子会の楽しさを教えちゃうよ♪ テヘッ!

・店選び、予約を簡単にする方法

年末ということでぇ、お店はちゃんと予約しておかないと入れないかもしれないから、幹事さんの責任は重大って感じですの(ギャグじゃないからね、一応(わら))。でもぶっちゃけ幹事って面倒、いくら段取り上手でも、ぶっちゃけ考えるのが面倒って感じ? だから簡単に予約とかお店選びができる方法、見つけちゃったのだ! 私ってエライぞ♪ エッヘン!

続きを全部読む

提供:株式会社ぐるなび

【大盤振る舞い】最大で45%のポイントが還元される「ぐるなびのキャンペーン」がスゴイ! 実際に試してみた

お得情報に目がない人、集まれい! 朗報! 朗報! 朗報じゃい!

というのも、あのグルメ情報サイト「ぐるなび」がまた大盤振る舞いなキャンペーンをやっているのだ。過去にもこの会社は色々やってきたが、今回のも相当スゴイ。ぐるなびさん、こんなことして本当に大丈夫?

さて本題に入ろう。今回のキャンペーンとは、「お支払いにぐるなびデジタルマネーを使うだけ!お得な3DAYS! 25日、26日、27日は45%ポイント還元」(2014年1月27日まで)というもの。

続きを全部読む

大切なことだから何度も言うけど『リンガーハットでタダ飯する裏技』があるからね

なんだよ、今年のこのくそアツイ夏は! いくら頑張っても出るのは汗だけだし、もうやってられねーよ、こんな会社! なんて若干ネガティブなやつ、ちょっくら、こいやぁぁぁぁぁあああああああああ!

とりあえず、リンガーハットの海鮮とくちゃんぽん(500円)と生ビール(490円)をタダで飲食して、エナジー吸収しようぜ。勤務中にビール? いいんだよ、世の中には上司がいないからって、会社でビール飲みまくっているやつもいるんだから(笑)

つーことで、どうやってタダ飯するかだけど、その方法は「ぐるなび」のポイントを賢く利用するだけ。しかもある方法を使えば、毎週タダで「海鮮とくちゃんぽん」と「生ビール」が飲めるから、よ〜く以下をチェックしてくれ! 昼間っからタダでビール、激ウマぁぁぁぁぁぁあああああああ!

続きを全部読む

日本初! ぐるなびのTwitter公式アカウントが「中の人」を募集してるぞ~ 急げ!

最近はTwitterを活用して情報配信する企業が増えているのだが、飲食店の情報サイト「ぐるなび」が驚きの企画を行っている。それはなんと、「ぐるなび」のTwitter公式アカウントにログインする権利を提供するというもの。つまり、「中の人」を募集しているのである。本当にそんなことしちゃって大丈夫? 問題とか起きないの?

続きを全部読む

ネットで無料公開された漫画『ブラック会社によろしく』がリアルすぎて切ないと話題に

「ブラよろ」といえば、病院を舞台とした佐藤秀峰先生作の人気漫画『ブラックジャックによろしく』だ。だが、今、もうひとつの「ブラよろ」がインターネット上で話題となっている。

話題の「ブラよろ」の正式名称は『ブラック会社によろしく』。ブラック企業のSEの物語なのだが、リアルすぎて切ないと話題になっている。

続きを全部読む