「あつまれ どうぶつの森(あつ森・どう森・ぶつ森)」にまつわる記事

『あつまれ どうぶつの森』秋の無料アップデート到来! 今年は島でハロウィンだ!!

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』の世界にも秋がやってきた。北半球プレイでは地面にススキがはえ、「どんぐり」や「まつぼっくり」が季節を知らせる。

10月といえばハロウィンだが、現実世界では3密回避のため渋谷に集まらないよう呼びかけ、オンライン上でのイベント開催を検討しているとか。リアルでわいわい集まるのは難しそうだけれど、島には秋の無料アップデートでハロウィンイベントが配信された! 以下、詳細だ。

続きを全部読む

【あつ森】「レアな虫が全然捕れない」の巻 / 第14回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト「あつまれ どうぶつの森」が発売されて、早いもので4カ月が経とうとしています。

典型的な「熱しやすく冷めやすい」性格の私が続けていられるのですから、やはりあつ森はすごいゲームですよね。少々マンネリ気味だった人も、先日の海水浴アップデートでかなり熱が戻ったのではないでしょうか? ロケッ島(ろけっとう)で暮らす私の化身「サンチェル少年」も、どうやらその1人のようです。

続きを全部読む

【あつ森】「海開きヒャッハー!」の巻 / 第13回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。正直、以前のように寝落ちするまで熱中はしていないものの、ロケッ島(ろけっとう)では私の化身「サンチェル少年」が今日も楽しい1日を過ごしています。

これまで週1回のペースでお届けしてきた「あつ森日記」ですが、おそらく先週はほぼ全あつ森民が同じことに燃えていたハズ。そう、海開きと共に解禁となった「素潜り」です。例に漏れずサンチェル少年も「半魚人か!」というレベルで素潜りばかりしていました。

続きを全部読む

『あつまれ どうぶつの森』夏の無料アップデート到来! 海で泳いで「海の幸」をコレクションしよう!!

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』発売から約3カ月。当初からプレイしている人は、島の開発や自宅の増築も一段落し、あえて目的を持たずのんびり過ごす “まったりフェーズ” に入ってきているかもしれない。始めたばかりの人は、きっと「やることがありすぎる!」と嬉しい悲鳴だろう。

「どうぶつの森」は四季の変化を感じながら生活を楽しむ息の長いゲーム。日々の暮らしに彩りを与えてくれるのが季節のイベントやアイテムだ。というわけで、無人島に夏の訪れを告げる無料アップデートが来たぞ!

続きを全部読む

【あつ森】「部屋の内装が楽しくなってきた」の巻 / 第12回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。緊急事態宣言が解除され、みなさん家に引きこもらなくなったからなのか、一時期よりもあつ森の話題を聞きませんね。少々寂しい気もしますが、あつ森はゆるゆると長くやるゲーム。まったりと楽しみましょう。

さて、毎日の作業がややルーチン化しているものの、私の化身「サンチェル少年」は、今日もロケッ島(ろけっとう)での生活をエンジョイしています。今回はこれまでほとんど手を付けていなかった、部屋の内装についてご報告しましょう。

続きを全部読む

【あつ森】「念願のリング完成」の巻 / 第11回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。率直にお聞きしたいのですが、発売当初からあつ森をプレイされているみなさん……飽きてきていませんか? 私の化身「サンチェル少年」はと言うと、飽きてはないのですがやや目標を見失っていたところです。

あつ森は自分のペースで楽しめる一方で、自分でモチベーションを維持しなければならないゲームですよね。ある意味で “燃え尽き症候群” に陥っていたサンチェル少年はどうやって復活を果たしたのでしょうか? 今週もあつ森日記をご覧いただきましょう。

続きを全部読む

【あつ森】「ついに青バラが咲いた!」の巻 / 第10回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。早いもので私の化身「サンチェル少年」がロケッ島で暮らし始めて、もうすぐ3カ月を迎えようとしています。3カ月も同じゲームやってれば飽きるだろ……と思いきや、全然飽きません。今日もサンチェル少年はロケッ島での生活をエンジョイしています。

さて、節目となる10回のあつ森日記ですが、奇しくもゲーム的にサンチェル少年も大きな節目を迎えました。今回はそこのところを中心に、どうぶつの森らしくゆるゆるとお伝えしていきたいと思います。ぜひ、最後までお付き合いください。

続きを全部読む

【あつ森】あつまれ どうぶつの森「異常なことあるある」50連発

ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売され、およそ3カ月を迎えようとしている。社会現象と言ったら大げさかもしれないが、ここ数年で最も話題を集めるゲームの1つであろう。まだの人はぜひプレイしてみて。ホント、楽しいから。

さて、私、P.K.サンジュンもプレイ初日から1日も欠かすことなくログインしているあつ森民だが、みなさんはあつ森に隠された「異常なこと」にお気付きだろうか? 今回はあつ森民ならきっとわかってもらえる「あつ森 異常なことあるある」を50連発でお届けしよう。

続きを全部読む

【あつ森】大ピンチ「坂がこれ以上増やせない」の巻 / 第9回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私の化身「サンチェル少年」がロケッ島(ろけっとう)で暮らし始めて2カ月半ほどが経ちました。ロケッ島が浮かぶ南半球では雪がちらつき始め、いよいよ本格的な冬が始まりそうな気配です。最近はやたら「こたつ」や「ストーブ」が出るのもそのせいかもしれませんね。

さて「あつまれ どうぶつの森」はゆるゆるとプレイするゲームなので、基本的にそこまで困ることはありません。ただ、今回ばかりはピンチ……いや、大ピンチかも……! というのも、坂を設置しようとしたところ「8本の壁」に阻まれてしまったからです。

続きを全部読む

【あつ森の闇】30代女性が告白「あつまれ どうぶつの森はすごく楽しいんですけど、最近は “あつ森疲れ” しています」

新型コロナウィルスに世界が揺れる中、いまなお爆発的大ヒット記録を更新し続けるゲームソフトがある。そう、ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』だ。「自粛期間中はあつ森ばかりやっていた」という人も多いことだろう。

私、P.K.サンジュンも1日1回のログインを欠かしたことは無く、コツコツと理想の島が出来つつある……と言いたいところだが。テクニックのなさゆえ、理想と現実のギャップに悩みも尽きない。今回は私が知り合ったある “あつ森民” の方の告白が、あまりにも正直かつわかりすぎたので本人の許可のもとインタビュー形式でお届けする。

続きを全部読む

【あつ森】「月が替わって魚釣りが楽しい」の巻 / 第8回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売されて2カ月ちょい、私の化身「サンチェル少年」は今日もロケッ島(ろけっとう)での生活を満喫中。正直、全然飽きないス。むしろまとまった時間が欲しいス。

さて、早いもので6月に入りましたね。南半球にあるロケッ島では、木々もすっかり赤くなり、最近では雪もちらついて参りました。今回もここ1週間で起きたトピックをゆるゆると振り返っていきたいと思います。どうぞ、最後までお付き合いください。

続きを全部読む

【あつ森】「住民が入れ替わらない」の巻 / 第7回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売されて2カ月が経過しました。社会現象は言い過ぎかもしれませんが、近年稀に見る大ヒットゲームであることは間違いないでしょう。まだしばらくは “あつ森ブーム” が続きそうな気配です。

さて、発売開始から2週間遅れであつ森民になった私の化身「サンチェル少年」も、変わらずロケッ島(ろけっとう)での生活を満喫しています。ただ、最近はマンネリ気味というのでしょうか? あまり変わり映えのしない毎日が続いており、その一因が「住民が入れ替わらない問題」だと思うのです……。

続きを全部読む

『あつまれ どうぶつの森』 憧れのファッションブランドから美術館まで! 企業・団体コラボのマイデザインまとめ

海の向こうのどこかに、月明かりと数張りのテントしかなかった無人島から、世界中が注目するリゾートアイランドに発展した奇跡の島があるという。アパレル界からは有名なファッションブランドが続々と進出。美術館も作品の貸し出しを申し出ており、ついには東方の伝統的武道もコラボした。

……というわけで、Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』内で使える、企業・団体の公式マイデザインを一挙紹介! なお、利用には「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要。「エイブルシスターズ」に設置の「マイデザイン・ショーケース」で作者・作品IDを入力するか、スマホ連動機能「タヌポータル」でQRコードを読み込むと使えるぞ!

続きを全部読む

【あつ森】「いらない花が捨てられない」の巻 / 第6回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私の化身「サンチェル少年」がロケッ島(ろけっとう)に移住してかなりの月日が経ちました。プレイし始めたその日から、最低でも1日2時間はロケッ島で過ごしています。

おかげ様で徐々にではありますが、ほぼ完成したエリアや施設も出てきました。今回はその辺りをお披露目しつつ、あつ森民ならば誰もがぶち当たるであろう「花が捨てられない問題」についてお話させてください。

続きを全部読む

※追記あり【6月30日まで受付】「どうぶつの森 amiiboカード」再販決定! 受注生産なら確実に購入できるが注意点も

無人島、発展しているかな? この度『あつまれ どうぶつの森』で使える「どうぶつの森 amiiboカード」の再販が発表された! ゲーム内に好きなどうぶつを呼び出せる便利なアイテムだが、発売が2015〜2016年だったため、新たに入手することが難しくなっていた商品だ。今回は通常販売の他に受注生産も行われ、6月30日までに予約した人は全員が購入できる。

再販されるのは「どうぶつの森 amiiboカード」第1弾、第2弾、第3弾、第4弾(それぞれ全100種類)、そして『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』amiiboカード(全50種類)の5シリーズ。カード総数なんと450枚だ! ただし注意点もあるので十分に考慮して欲しい。

続きを全部読む

【あつ森】「はじめての流星群に大興奮」の巻 / 第5回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私の化身「サンチェル少年」があつ森をプレイし始めて1カ月と数週間が経過しました。プレイ時間は150時間を超え、1日たりともログインしなかったことはありません。あつ森、本当に楽しいです。

さて、プレイ時間が150時間を超えていれば、そろそろ理想の島が完成しても良さそうなものですが、正直なところ島の開発は遅々として進んでいません。その理由にも触れつつ、今回は初めて遭遇した「流星群」についてお話していきましょう。

続きを全部読む

【あつ森】「ガーデニング沼にハマる」の巻 / 第4回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私「サンチェル少年」が “あつ森” をプレイし始めてから1カ月が経過しました。南半球は秋の気配が濃くなり、最近ではキノコが生えてきています。キノコはDIYの素材になるんですが、今のところ何も作っていません。だって、置く場所がないから──。

そう、今回お話させてもらいたいのは「スペースが無い問題」について。それなりに広い面積を誇るロケッ島(ろけっとう)ですが、実はいま深刻な「スペースが無い問題」に見舞われています。その理由は……花。ガーデニングで咲き誇る、可愛いお花ちゃんたちがスペースを取って仕方ありません。

続きを全部読む

【あつ森】目指せ貧乏脱出!「カブ100万で大勝負する」の巻 / 第3回「あつまれどうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私「サンチェル少年」があつ森をプレイし始めて1カ月が経とうとしている今日この頃。つい先日「島クリエイター」も解放され、いよいよ悲願の「世界一のリングづくり」も現実味を帯びてきました。

夜な夜な あつ森YouTuberさんの動画を観ては「なるほど……!」「そんなことも出来るのか……!!」と感動しており、サンチェル少年のモチベーションも最高潮。ついに本格的に島クリエイターを始めた矢先のことでした。……足りないのです。圧倒的に金が、つまり “ベル” が足りないのです……。

続きを全部読む

『あつまれ どうぶつの森』無料アップデートの詳細判明! 早くも「神アプデ」の呼び声が

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』の発売からおよそ1カ月、以前から予告されていた無料アップデートの詳細が明らかになった。その内容が充実しすぎていて、配信前から「神アプデ」との呼び声が高まっている。

任天堂公式サイトで明らかになった内容は以下の通り。季節のイベントが追加されるだけに留まらず、新しい(そして懐かしい)キャラクターの登場、博物館の増築と、ゲームシステムのボリュームアップがあるぞ。詳しく見ていこう!

続きを全部読む

「あつ森」を2時間プレイしてやっと聞くことができた感動の名言 / ぼくはこの森の博士だ!

あつ森」が大人気である。世界中で大ヒットを記録し、日本でも売り切れが続出。現在はゲーム機・ソフトともに入手困難な状況だ。外出自粛要請が続いている今、自宅で楽しめるゲームは人々の退屈や不安を和らげるのだろう。やってみたいぜ……あつ森。

──というわけで、遅ればせながら私も「あつ森」をネット注文してしまった。引きこもり確定ィィイイイイイ! やっぱりほのぼのとした世界観は最高で、部屋の模様替えはもちろん魚釣りなんか大人でもハマっちゃいます。いや~マジのマジで買ってよかった……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2