今年大ブレイク中の「タピオカ」をテーマにした商業施設『東京タピオカランド』。オープン当初は大人気で入場を待つ長い列ができていたのだが、現在は比較的スムーズに入場できるので、安心して欲しい。

さて、そんなタピオカランドファンにBIGなお知らせだ! タピオカランドのオリジナルグッズ「タピオカカンバッチ」に、新色が登場したぞ! あの黒い缶バッチになんとホワイトが仲間入り! いち早く手に入れて、友達に差をつけちゃお~♪

・客足にテコ入れ?

夏休みもほとんどもう終わり。東京・原宿もいくぶん子どもたちの姿が減ったように感じられる。2019年9月16日までの期間限定で営業中の東京タピオカランドも、客足が鈍り始めているようだ。そんななか、タピオカランドは集客にテコ入れするためか、8月28日からフードメニューの提供を開始した。タピオカ軍艦巻き改めタピオカ稲荷もそのメニューの1つだ。



実はそれより数日前の8月24日、タピオカをイメージして作られた缶バッチ「タピオカカンバッチ」(300円)再入荷の知らせが入った。タピオカンバッチは売り切れていたそうだ。Twitterの投稿は次のように続いている。


「大好評にて在庫切れしておりました #タピオカンバッチ が再入荷致しました! なんと更に新色の「ホワイト」が登場しております‼︎


新色ホワイト。黒いからタピオカを模したことがわかる。白にしたら、それがタピオカをイメージして作られたとわからなくなるのに……。


でも欲しい! ということで、私(佐藤)は喜び勇んで東京タピオカランドへ! こんなにツッコミどころ満載の施設、ほかにはないぞ!! タピオカランド大好き! 最高!!


・楽々購入

もしかして、今日は混み合ってるかなあ。夏休みももう終わりだから “駆け込み需要” ってのも大いにあり得る。行列ができているのかも……と思ったが、入り口に着くとそんな心配は不要であった。開店時間の10時過ぎなのに、誰も並んじゃおらん。


楽々で入り口に到達した。ちなみにグッズの購入は場内に入らなくても可能だ。


こうして、ホワイトのタピオカンバッチを無事に購入。今日のところはほかに用事がないので、足早にその場を離れた。


・白が登場した理由(推測)

持ち帰って、従来のモデル(黒)と比較してみる。


すごく小さな文字で「TOKYO TAPIOCA LAND」と記されている。それがなければ、ただの白と黒の缶バッチだ。実際にTシャツに缶バッチをつけてみて、白が登場した理由が初めてわかった。


黒だと色の濃いTシャツにつけた時に目立たない! だから白のタピオカンバッチを作ったのかーーー!!


さすが東京タピオカランド、やることがひと味もふた味も違う! とにかく9月16日には終了だ。最後まで、ぶっ飛んだ企画で走り切って欲しい。


・今回紹介した施設の詳細

名称 東京タピオカランド
場所 原宿 jing (東京都渋谷区神宮前6丁目35-6)
期間 2019年8月13日~9月16日
料金 一般1000円、当日1200円、前売り優先時間指定1200円、小学生未満無料

参考リンク:東京タピオカランド、Twitter @tapioca_land
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24