私(佐藤)は大ブームの「タピオカ」がそれほど好きではない。むしろ、なくても生きて行けるタイプのおじさんである。そんな私があろうことか、約2週間のあいだになんと3回も「東京タピオカランド」に行ってしまっている

どうして行ってしまうのか、自分でも理解できないのだが、このほど4度目の訪問をしてしまった。なぜなら、 “タピオカミルクティーになれる” と知ったからだ! そんなの行くしかねえだろーーッ!!

・基本はタピオカ抜き

繰り返すが、私はタピオカが好きではない方の人間だ。実際に今回の訪問でもドリンクを購入する際に、店員さんがタピオカを入れようとしたところ、「あ! すみません、タピオカ抜きにできますか?」とお願いしたほどだ。


つまりただのミルクティーを美味しく頂いた訳である。


・タピオカミルクティーになれる!

さて、今日はミルクティーを飲みに来たのではない。ただでさえ、タピオカミルクティーに興味がないというのに、わざわざミルクティーを飲むためだけに、当日入場料1200円を払うほど、私もヒマではないのだ。今日は公式Twitterでこんなものを目にしたから、飛んできたのである。


「#コミケ で話題のタピオカコスプレが東京タピオカランドに‼︎ この度 #劇場版ゴキゲン帝国 様とのコラボでフォトブースにタピオカコスプレを寄贈頂きました これをかぶってタピオカの気持ちになってみよう」(東京タピオカランド公式Twitterより)


投稿された画像を見ると、タピオカになれる! いや、正確にはタピオカミルクティーになれるやないか!! アイドルグループ『劇場版ゴキゲン帝国』がコミケで着用して話題になった、タピオカミルクティーのコスプレが、ランドに寄贈されたとのこと。

これは被るしかないだろ。いつ写真撮りに行くの? 今でしょ! 1200円が高い? そんなの関係ねえ! ハイ、オッパッピー! ということで、この日も足を運んだ次第である。


・パイルダーオン!

実際に会場のフォトブースを見ると、たしかに置いてある。タピオカミルクティーの被るヤツが。


これはどうやら手作り? 実に素朴な造りをしている。なんだかホッコリするなあ~。




これを頭上に掲げて、マジンガーZのように頭にずっぽり「パイルダーオン」(※意味が分からない人は、40歳以上のオジサンに聞いてみよう!)すると……



タピオカミルクティーになっちゃったよ~ん♪


お~い! タピオカミルクティーになっちゃった~!! どうしよう~!?


東京ディズニーランドのように日々進化を続ける東京タピオカランドから、これからも目が離せない。タピオカランド終了まで、あと14日……。


・今回紹介した施設の詳細

名称 東京タピオカランド
場所 原宿 jing (東京都渋谷区神宮前6丁目35-6)
期間 2019年8月13日~9月16日
料金 一般1000円、当日1200円、前売り優先時間指定1200円、小学生未満無料

参考リンク:東京タピオカランド、Twitter @tapioca_land@gokigen_teikoku
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24