体感を鍛えるのにもってこいなのが、デッカいゴムボールみたいな「バランスボール」だ。意識の高いオフィスワーカーが、デスクワークの椅子としてバランスボールを使っている意識高すぎな光景を見たことある人もいるだろう。

価格はピンキリ、大きさによってもマチマチだが、少なくとも数千円以上はするシロモノ。ところが! さすがはダイソー、500円で売っていた〜!! でもコレ、ちゃんと使えるモノなのかしら? プロにいろいろ聞いてきたぞ♪

協力してくれたのは、約2年前の肉体改造実験「1カ月間メシをモリモリ食ってガチで筋トレ」に付き合ってくれたプライベートジム『世田谷フィジコ』だ。前回の「プッシュアップバー」に引き続き、今回もよろしくおねがいします!

まずはダイソーの500円バランスボール「フィットネスボール」の中身などを確認してみよう。ボールサイズは直径約35〜55cmで、耐荷重量は200kg。空気栓は付属しているが、空気入れは別途必要なので用意しておこう。

……と思ったら、同ジムのプロトレーナー「こうぞうコーチ」は、「このほうが早い」とばかりに、空気入れを使わず自らの息を使って膨らまし始めた。なんという肺活量! そしてパンパンになったボールを見て……

触ったり……

座ったりした後……


コーチ「ぜんぜん使えますよコレ〜٩( ‘ω’ )و


ありがとうございます! プロの太鼓判いただきました!! ということで、結論としては「ダイソーの500円バランスボール『フィットネスボール』はプロが試しても全然使えると判断するほどのクオリティ」である。ヨッシャー!

ただし、「サイズ的には男性が使うモノよりも少しだけ小さいので、どちらかといえば女性のほうが適してる」とのこと。というわけで、女性のみなさん、コレ買いです。ちなみに私は男だが、その後もこのボールで鍛え続けている。

んで、ここからは実践編。どのように使うのが効果的なのかをプロのトレーナーに教わってきたので、身体を鍛えたい人はぜひとも参考にしてほしい。


・その1:座って骨盤体操

まずは初級編。ボールの上に座って腰を回す運動。ポイントは上半身は動かさず、大きく円を描くように「腰だけを動かす」こと。骨盤を動かす意識でグル〜リグル〜リと回していけば、腰回りの柔軟性、猫背、反り腰に効果アリ。

また、「これだけでお腹全体の筋肉が動くから、ウエストのくびれにも効果がある。腸も動くから便通も良くなるし良い事ずくめ」であるという。ダイソーのボールはサイズ的にも女子にはピッタリだし、女性の皆さん要チェック!


・その2:プランク

腹筋や腕や体幹も同時に鍛えてしまう超オトクなトレーニング。まず最初は、ボールに肘をついて、身体をピーンと伸ばしての1分間キープ。腰が反れて下半身が落ちてこないように要注意。1分間が永遠に感じる地獄のトレーニングだ。それに慣れたら……

肘を「前後」や……

左右」……

ゆっくりグルグルと「回す(時計回り・逆周り)」を、それぞれ20回ほど頑張ってみよう! しかし無理は禁物、女子は10回ずつからでも十分効果がある。終わったら起き上がれなくなるほどヘトヘトになること間違いなしだ。

ちなみに私が同ジムでトレーニングを受ける際、ほぼ毎回、この運動をさせられる。それほど効果的かつ重要なトレーニングである証であろう。


また、このほかにも……


壁を使ってのスクワットや……

足はさみトレーニングなど……

様々な使い方を教わっているのだが、長くなるので今回はこのへんで。興味のある人は、実際に世田谷フィジコの門を叩いてみよう! ちなみに今なら「お試し無料キャンペーン」もやっているもよう。詳しくは公式サイトを要チェック!!

参考リンク:世田谷フィジコ
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証