ウルトラストレッチジーンズ──。なんと大胆なネーミングだろうか? ご存じ、みんな大好き「ユニクロ」の看板商品の1つで、あえて日本語に直すならば「極限の伸び伸びジーンズ」ということになるだろう。ほほう、極限だと……? ふーん、極限ね……?

普段からユニクロにお世話になりまくっている私(P.K.サンジュン)だが、ハッキリ言って「ウルトラストレッチジーンズ」だけは「カマシ過ぎ(笑)」と思わざるを得ない。というわけで今回は、どれだけ伸縮自在なのか、ウルトラストレッチジーンズをシバキまくってみたのでご覧いただきたい。

・いつも全身ユニクロだが……

私は普段から、全身の6割近くはユニクロでコーディネートされている。パンツも靴下もユニクロが基本で、何を隠そうジーンズもここ2年ほどはユニクロだ。ただし、それはあくまで正統派のヤツで「ウルトラストレッチジーンズ」は履いたことがない。

そういう意味で私は「ウルトラストレッチジーンズ童貞」なわけだが、本当にそこまで伸縮自在なのだろうか? しかも今回購入したのは、ピッチリ細身のスキニータイプ……。もしこれで自由自在に動き回れるのであれば「ウルトラストレッチジーンズ」の名に異論はない。

さて、検証方法は非常に簡単だ。ウルトラストレッチジーンズを履いた私が、プロレス技をかけたりかけられたりしながら、その伸縮度を体感していく。シンプルな打撃技はもちろん、複雑な関節技まで存在するプロレス技こそ、今回の検証にはふさわしい。

しかも私の相手はどこに出しても恥ずかしくないプロレスマニア、GO羽鳥が務めるから、まさに「時は来た」である。

それでは以下で、5種類のプロレス技とウルトラストレッチジーンズによる壮絶なシバキ合いをご覧いただこう。

・足四の字固め …… 難易度☆☆

ヒザ周辺の伸縮具合を確かめるため、まずはオーソドックスに「足四の字固め」からスタートだ。


地味な見た目とは裏腹に……



超痛いことで有名なこの技……



イタイイタイイタタタタタ!



でもヒザ周りはノビノーーーーービ!!



裏返っても大丈夫! ……とりあえずは合格だ。



・サソリ固め …… 難易度☆☆☆

足四の字固めで確認したヒザ周辺に加え、腰まわりを調べるため、お次は「サソリ固め」である。


うむ、脚は大丈夫だ。



イッタイイッタイイタタイタタタ!



でもノビノーーーーービ!!



腰まわりも問題なし! ……合格である。



・ジャンピングニーパッド …… 難易度☆☆☆☆

ジワジワではなく “瞬間的な伸縮加減” を調べるため、3つ目は打撃技「ジャンピングニーパッド」だ。


オー!



ダッシュからの……



ジャンピングニーーー!!



ノビノビーーーーーーーーーーール!!



瞬間的な動きにも付いてきた! ……ご、合格だ。



・ロメロスペシャル …… 難易度☆☆☆☆☆

ヒザ、腰はもちろんのこと、ストレッチ素材の持久力を試すため「ロメロスペシャル」にチャレンジした。


怖い──。



重くて持ち上がらない。



手伝ってもらいつつ……



ロメローーーーー!



ロメロでもノビーーーーーール!!



かけてる方もしんどい。……合格だ。



・ルッテンジャンプ …… 難易度☆☆☆☆☆

最後は「ルッテンジャンプ」だ。正確には技ではなくアピールなのだが、瞬発力と伸縮性を試すうえで「ルッテンジャンプ」以上に最適な動きはない。


ルッテン……



ジャーーーンプ!



ジャァァァァァアンンンンンプ!!



余裕でノビーーーーーーーーーーール!



わかっちゃいたが、完全に合格である。



ぶっちゃけて言うと、初めて履いた瞬間から「こりゃ伸びる素材だな」とうすうす気付いてはいた。だが技の邪魔をしなかったことは紛れもない事実であり、特に瞬間的な動きにも付いて来れたときには「やりおる」と素直に感心したことは記述しておきたい。

というわけで、ユニクロの「ウルトラストレッチジーンズ」は、2018年現在の地球では「ウルトラストレッチジーンズ」と名乗ってもいいのではなかろうか。今後、革命的に伸縮自在な素材が登場するまで、とりあえずはチャンピオンに認定だ。

参考リンク:ユニクロ「ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼その名の通り、ウルトラストレッチしてた。

▼ウルトラストレッチジーンズなら、そのままプロレス出来ちゃうぞ☆