風吹けば透ける前髪、汗かけばぺたんこになる頭頂部。何を隠そう私(中澤)はハゲている。生え際の防衛ラインがトルシエジャパンの「フラット3」も真っ青なほどせり上がっている。特に中田(浩)と松田のオーバーラップっぷりは半端ない。そう、M字である

子供の頃からおデコが広いことを馬鹿にされてきた私は言うならば「M字エリート」。そんな私が、植毛手術でハゲを治療したことは以前の記事でお伝えした通り。これでMともおさらばだぜ! しかし、あの日から約1カ月半が経った結果……くそったれーーーーッ!!

・ある朝

思わずそう叫んでしまったのは、ある朝鏡を見た時のこと。そこには2度と見たくない広すぎるおデコがあった。念のため、前髪を上げて確認してみると……

復活のM! いま、絶望が始まる……言うとる場合か!! これくらいの時期に植毛部分が抜けることはうっすら聞いていたし、植毛した部分の髪が日に日に薄くなってきていることは薄々感づいていたがここまで復活してしまうとは。

・医師に聞いてみよう

ちょっと抜けすぎじゃない? 本当にちゃんと生えそろうのか? 髪が全然ない部分とかそのままハゲが残る可能性もあるんじゃないだろうか。不安すぎるので執刀してくれた医師に頭皮の状態を見てもらい聞いてみたところ……


医師「正常ですね。2週間くらいはちゃんと伸びてきましたよね?」



──はい。

医師「では、また生えてきますので大丈夫です」

──とのことだった。一応、これが正常な状態のようだが、もし万が一「例外」だったらと考えると夜も眠れない。手術までして生えてこなかったら絶望である。はたして、私はMの魔の手から逃れることはできるのか? 結果は追ってご報告したい。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「植毛レポート

▼1カ月半の経過

▼毛根を取った後頭部は現在こんな感じ

▼2300毛根取ったのだが、いたって普通に見える

▼ちなみに植毛前