あなたが「この人……天才だな」と認める人物は誰だろうか? スポーツの世界でも将棋の世界でもお笑いの世界でもいい、きっと1人くらい「天才でしかない」と思う人物がいるハズだ。私、P.K.サンジュンにとっては『中西圭三(なかにし けいぞう)』さんが、まさにそれに当たる。

中西圭三──。きっと40代以上の方ならばその名をご存じであろう、日本のシンガーソングライターである。1990年代前半に自身がリリースした「Ticket To Paradise」や「You And I」も名曲だが、楽曲を手掛けた「Choo Choo TRAIN」と「Timing」、そして「ぼよよん行進曲」は天才・中西圭三が生み出した傑作中の傑作だ。

・「Choo Choo TRAIN」と「Timing」

自身は1991年にリリースされた「タンジェリン・アイズ」でCDデビューを果たしている中西圭三さん。冒頭でもお伝えした「Ticket To Paradise」や「You And I」はスマッシュヒットを記録し、実は期間限定ユニット「ICE BOX」のメンバーでもあった。

A post shared by Keizo Nakanishi (@keizo1111) on

伸びやかで明るい歌声は今なお素晴らしいが、自身名義でリリースした曲より有名になったのは1991年、ZOOに楽曲を提供した「Choo Choo TRAIN」だ。当時も社会現象的なヒットを記録した同曲は、2003年にEXILEがカバーし世代を超えた名曲として知られている。

さらに1998年、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」内で結成された音楽ユニット「ブラックビスケッツ」に提供した「Timing(タイミング)」もミリオンセラーを記録するなど、こちらも爆発的なヒットとなった。

……と、中西圭三を語る上で「Choo Choo TRAIN」と「Timing」まではご存じの方も多いハズだ。だがしかし、今回ご紹介したい「ぼよよん行進曲」は、この2曲にも勝る名曲と言っても過言ではない。

・本当の神曲は「ぼよよん行進曲」

「ぼよよん行進曲」は2006年にNHK「おかあさんといっしょ」で発表された子供向けの曲で、当時は今井ゆうぞうお兄さんと、はいだしょうこお姉さんが歌っていた。その後も横山だいすけお兄さんと三谷たくみお姉さん、そして現在でも花田ゆういちろうお兄さんと小野あつこお姉さんに歌い継がれているのだ。

リズムについて言葉で説明するのは難しいので、歌詞について説明すると以下のような内容となっている。


「君の足の裏にはバネがついている。押しつぶされそうなときもヒザ小僧に勇気を貯めて “ぼよよーん” と飛び上がってみよう。あの星まで手が届くらい高く飛び上がれるよ」


一言でいうと超ポジティブな歌詞であり、シチュエーションや年齢問わず、ひたすら勇気付けられる内容だ。「Choo Choo TRAIN」と「Timing」も本当に大好きな曲だが、今では「ぼよよん行進曲」こそが中西圭三の最高傑作だと確信している。

きっと世の中のお父さんお母さん方はご存じだろうが、まだ「ぼよよん行進曲」を聴いたことが無い人はぜひご一聴願いたい。もしかしたら、あなたをいざという時に勇気付ける1曲になるかもしれないぞ。

参考リンク:中西圭三オフィシャルサイト
執筆:P.K.サンジュン
イラスト:マミヤ狂四郎
Photo:RocketNews24.

▼Choo Choo TRAIN。マジで好き。踊れる。

▼Timing。本当に好き。踊れる。

▼そしてぼよよん行進曲。初めてiPhoneから曲を買っちまった。