Instagramに美肌アプリ、素人でも簡単に “盛れる” この時代、世に出回る「画像」に多少の加工がされていることはもはや大前提だ。加工自体は特に驚くことでもないだろう。

だがしかし! いくらなんでもコレはやりすぎィィィッ!!!! それはある市議会選の選挙ポスターなのだが、候補者の顏がフォトショされすぎて「お前誰だ」状態。市民から総ツッコミを受ける事態となっているのだ。 

・選挙ポスター、フォトショしすぎで完全に別人

話題になっているのは、台湾・台北市議選に国民党から立候補している「王致雅(おう・ちや)」さんだ。まずは彼女の選挙ポスターを見てみよう。色白、卵型の輪郭とツルンツルンのお肌が印象的な美女。なんだか髪型や表情に昭和っぽさを感じるが、見たところ20~30代くらいである。

……がしかし! ポスターの前でご本人を撮影した画像にネットユーザーは騒めいた。そこに写っていたのは……誰やねん! リアル王致雅さんとポスターはまるで別人! そう、ポスターをフォトショしすぎて完全に別人になっていたというのだ!!

A post shared by 王致雅 (@wangchihya) on

・市民から総ツッコミ!

本物の王さんは47才。おデブというほどではないが、ほどよくふっくらした体型と笑顔がチャーミングで「人当たりの良さそうなオバちゃん」といった印象だ。ポスターの美女とは似て……なくもないが、同時代の同一人物ですと言われると困ってしまうだろう。

この画像に台湾のネットユーザーは総ツッコミ

「笑い死ぬ!」
「ママが娘の応援に来ているかと思った」
「まさか昔の写真!?」
「加工したヤツ出てこいよ(笑)」
「プロの仕事とは思えないわ~」
「なるべくコストをかけないようにと思ったんじゃない? 良い政治家じゃないか(笑)」

などの盛り上がりを見せたのだった。

・候補者はダイエット&Photoshopの勉強を決意

ネットでの盛り上がりに対し、王さんは「時間とは残酷なもの、フォトショ加工すればいつでも美しいのにね」「Photoshopの勉強をしたいと思います!」など華麗に切り返している。

また、「5月4日までに3キロ痩せる」とも。確かに昔の彼女の映像を見ると、ポスターに近いものもあるしなぁ。この宣言に対し、国民党のスポークスマンも、彼女のダイエットの成功を祈るとともに「これで画像加工しなくて済みますね」とコメントしているそうだ。

A post shared by 王致雅 (@wangchihya) on

ポスターをきっかけに知名度がグンと増した王さん。その後、Facebookのプロフィール画像が「盛りすぎ画像」であるところを見ると、本人は「オイシイ」と思っているのかも!? なんとたくましい。政治家も、タフすぎて損はないだろう。

参照元:中時電子報、聯合新聞[1][2]Facebook、Instagram @wangchihya(中国語)
執筆:沢井メグ

▼こちらが話題の画像。コメント欄を見ると王さん本人も完全に話題に乗っている様子

▼2014年に撮影された選挙用のミュージックビデオ。ネットでは「痩せればポスターに近いかも」という声が出ているぞ