2017年4月1日、愛知県名古屋市にレゴのテーマパーク「レゴランドジャパン」がオープンした。オープン直後から何かと話題になっているこの施設。2020年を目途に「ジブリパーク」がオープンすることが発表され、早くも存続を不安視する声が上がっている。

実際はどうなのだろうか? 気になったので行ってみたところ、とても良いと思う点と、改善の必要を感じる悪い点が見えてきた。正直に感じたところをお伝えしたいと思う。

・名古屋の人でも行ってない

施設オープンから約2カ月が過ぎた。名古屋在住の知人に、行ってみたかどうかを尋ねると、「まだ行ってない」とのことだった。市街地から近いはずなのに、なぜ行ってみないのか? そう聞くと「だって、(料金が)高いんでしょ」とのこと。

この知人は実際に行った訳ではなく、噂を聞いて評価を鵜呑みにしているようだった。実際に体感してみないと、その価値はわからないと思うのだが……。

・名古屋駅から電車・徒歩で約30分

施設は、名古屋駅からあおなみ線1本で行ける。名古屋駅から金城ふ頭駅まで24分。そこから徒歩で約10分だ。

なお電車は日中15分に1本の頻度で運行している。レゴランドの営業時間は10時~17時。平日は火・水曜が休園日だ。15分に1本が多いのか少ないのか、週末は運行本数が少ないように思う。

・商業施設を抜けて

金城ふ頭駅から「ファニチャードーム」と「メイカーズピア」という2つの商業施設を抜けて、施設の入り口へと向かう。徒歩約10分の道のりは、商業施設を通り抜けていくので、割と退屈しない。途中のお店を覗きながら進んでいくと、アッという間に着く。

ただ、近づいても近づいてもなかなかそれらしきモノが見えてこない。ディズニーランドなら駅を出たところから、夢の国へ誘う何かが用意されているのだが。しかも入り口の目の前は工事中で巨大なクレーンが見えている。レゴランドは本当にこっちにあるのか?

工事現場の真横を通りすぎると……。

・工事現場の裏

あ、あった! 工事現場の前から、来場を盛り上げる演出が無かったから戸惑ったが、とにかく入り口に到着。まずはチケットを購入しないと。券売所を見てみると……たまたまなのかもしれないが、誰もいない。開園1時間後の11時なのに。

ちょっと寂しいけど、並ばなくてすぐにチケットを買って入場できるのは有難い。行列がスムーズってレベルじゃねえぞ!

中を覗いてみると、来園者の姿が見えた。おそらく開園と同時に来た人たちが、ゲートの向こうに大勢いるのだろう。そう信じたい……。中の様子については、次のページでお伝えしよう。

参考リンク:レゴランドディズニーランド
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24