最近は、ポッチャリ体型の「プラスサイズ」と呼ばれるモデルや、地毛のドレッドヘアを活かした毛量が多すぎるモデルなど、かなり個性的な人達がファッション業界で活躍している。

そんななか、「遺伝子疾患で毛髪も歯も生えないモデルが、既存のモデル像を塗り替えまくっている」と、話題を呼んでいるので紹介したい。他とは一線を画した彼女のスタイルが超クールなのである!

・既存のモデル像を塗り替えまくるモデルが登場!

米ニュースサイト『boredpanda』によると、生まれつき外胚葉異形成症という疾患を抱えながらもモデルとして活躍しているのは、アメリカ人で28歳のメラニー・ガイドスさんだ。

この疾患は毛髪や歯、爪や汗腺などの外胚葉組に形成異常が起こるため、彼女には髪の毛や歯が生えておらず、毛穴も存在しないため肌は陶器のように滑らかなのである。

・有名写真家やデザイナーから引っ張りだこに!!

これまでのファッションモデルといえば、肢体が長くて長身、かなりの細身で典型的な美人というのが定番といったところだろう。しかし、ニューヨークの大学でアートを学ぶメラニーさんが、既存の型に当てはまらないモデルを探していた広告会社の募集に応募したところ採用。

それ以来、彼女のアンドロイド的な容姿が注目され、数々の有名フォトグラファーやファッションデザイナーに起用されるようになったのだという。

・特異なルックスが生み出すスタイルが超クール!

メラニーさんのInstagramを見ると、陶器のような白い肌を活かして天使や悪魔、神を思わせるようなイメージでポーズを取り、ゴス系ファッションに身を包んだ作品も数多く見受けられる。

彼女の特異なルックスが生み出すスタイルは、典型的なモデルには決して真似できないだろう。毛髪や歯が生えないという遺伝的疾患を乗り越えて、‟モデル” の既成概念を覆した彼女は最高にカッコいい!

何事も「典型」でいたらつまらないし、特にファッションやアートなどの世界では、斬新かつ個性的でいることは欠かせない要素だと思う。まさにメラニーさんは、そんな芸術の要素を体現するパーフェクトなモデルだと言えるのではないだろうか。

参照元:Instagram @melaniegaydosboredpanda(英語)
執筆:Nekolas

▼陶器のような白い肌を活かして、悪魔や天使などのイメージでポーズを取るメラニーさん

@avine_ @sofichernyak @corvuscrux @heartofgolddesigns #melaniegaydos

A post shared by Melanie Gaydos (@melaniegaydos) on

▼黒のロングドレスに白い肌が映える!

⚔️💎⚔️💎⚔️ @ashleyrosecouture @karen.jerzyk.photo @aliciadane #melaniegaydos

A post shared by Melanie Gaydos (@melaniegaydos) on