欧米諸国では日本とは違い、ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れる人が多い。それでも、いざ肌にデザインを刻むとなると、どんなタトゥーを入れるか悩んでしまうものだろう。

そんななか、メッチャ絵が下手クソなのに、大きな人気を博しているタトゥーアーティストが話題になっているというので紹介したい。ヘタウマの極致とでも呼びたい腕前なのだが、あなたなら、その彫り師に自分の肌を預けたいと思うだろうか!?

・メッチャ絵が下手クソなタトゥーアーティストが大人気!

米ニュースサイト『boredpanda』によると、メッチャ絵が下手クソなのに話題を呼んでいるタトゥーアーティストは、ブラジル出身のヘレナ・フェルナンデスさんだ。

彼女は、サルヴァドール市にタトゥースタジオを構え、自身の作品を「Trash Tattoos:トラッシュ・タトゥー」と呼んでいるのだとか。ちなみに、日本語では “ゴミ・タトゥー” という意味である。

・子供が鉛筆で落書きしたようなデザイン

o #dollynho de ressaca aaaaaa como eu amo essa freguesiaaaa melhores escolharrrrss

A post shared by tatuagens peba/trash tattoo (@malfeitona) on

タトゥーには、文字やデザインなど既存の物をもとに彫り込んでいくパターンもあるが、彫師がゼロからデッサンを描いてデザインに起こすこともある。その場合、もちろん絵の技術がモノを言う訳だが、センスがなかったり上手に描けない彫師だと、「腕を預けてもいい」と思う客は現れないのではないかと思う。

そして、ヘレナさんのタトゥーはといえば……知らない人が見たら、「子供が鉛筆で落書きした絵なのか?」と思ってしまうようなデザインなのである。

・ヘタウマの極致にハマったら抜け出せない!?

彼女のデザインはかなり個性的で、味があるとは言えそうである。そのためか、ヘレナさんのセンスに惚れこんだ人々が、ひっきりなしに彼女のスタジオを訪れるという。もしかしたら、ハマったら抜け出せない「ヘタウマの極致」と言えるデザインなのかもしれない。

筆者もヘレナさんのデザインは好みなのだが、イラストとして部屋の壁に飾るのは全然OKでも、肌にタトゥーとして彫るのは遠慮したいかな……と思った次第である。

参照元:Instagram @malfeitonaboredpanda(英語)
執筆:Nekolas