本州の玄関口として山口県西部に位置する下関市。ふぐや瓦そばといったグルメが有名なことは周知の通り。歴史をたどれば、巌流島の戦いや壇ノ浦の戦いなどの舞台としても知られている。

そんな下関市には、これまた有名な場所がある。日本一美しいとも言われる橋……豊北町神田と角島間の海士ヶ瀬戸(あまがせ)に架かる「角島(つのしま)大橋」がそう。ここは国内屈指の絶景スポットであり、全国各地から観光客がやってくる。

・角島大橋とは

平成12年度に開通した角島大橋は、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1780m)を誇る。絶好の観光時期は夏場らしいが、せっかく山口県に来たので実際に見てみることにした。下関インターから車を走らせること1時間弱、ナビに従って海を広く見渡せる場所へ出ると……ほげえぇぇ!

な、なんという美しさ! 当日は快晴に恵まれたこともあって、海はエメラルドグリーン色で透き通って見えるではないか。心が奪われるとは、まさにこのこと。雄大な自然と一直線に伸びる橋の組み合わせは神秘的であり、素晴らしい景色だった。

・ロケ地になるのも納得

聞けば、角島大橋はその美しさからロケ地になることもしばしばだという。あまりの別世界に時間が経つのも忘れる上、まるで海外に来たかのように錯覚するのでそれも納得。一生に一度は見ておきたい絶景と言えるだろう。

・ルールは守ろう

ただ、感動した一方でガッカリしたのが「自分のことだけしか考えていない観光客」の存在だ。駐車場があるにもかかわらず、路上駐車する人がいたかと思えば、橋の非常時路側帯に駐車して写真を撮る人……さらには道路のど真ん中に立って記念撮影するなど、一部が迷惑行為に走っていた。

1人の迷惑行為はせっかくの絶景を汚すことにもつながる。また、決して地元の人もいい気はしないので、必ずルールを守り、1人1人が良識ある行動を心がけるようにしよう。

・今回ご紹介した絶景スポットの詳細データ

名前 角島大橋
住所 山口県下関市豊北町神田~角島

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼できたら快晴が望ましい