noritukudani15
甘辛い風味が激ウマな海苔の佃煮。これがあるだけでご飯が何杯でも進む。卵かけご飯に使っても良し、お茶漬けに使っても良し! その幅広さは、ご飯の最強の側近と言えるだろう。

以前の記事で「ごはんですよ!」との一騎打ちを制した関西の「アラ!」。その深みある甘辛さで、海苔の佃煮界・最強の座は揺るぎないかのように見えた。だが、そんな「アラ!」政権を揺るがす佃煮が現れた。大阪の実力者「磯じまん」である。そこで今回は、王者「アラ!」と実力者「磯じまん」の一騎打ちとしゃれこみたい。

・大阪と言えば磯じまん

実は、「アラ!」を記事にするたびに、「『磯じまん』もスゴイ」というご意見やコメントを何通かもらっていた。その中でも最も熱い意見を下記にご紹介しよう。

noritukudani2

「生まれも育ちも大阪です(ここ数年は東京住まいです) 海苔の佃煮はブンセンの『アラ!』の1択という記事がどうしても解らなくて、というか、『アラ!』を知らなくて、問合せをせずにいられませんでした。というのも、『磯じまん』1択で育ってきたからなのです。その昔、工場も都島区にあって前を通った時には強烈な佃煮臭がしたものです。

今も工場があるかは分かりませんが、磯じまんも関西人の選択肢に入れていただけないでしょうか。決してクレームでは無くて、『アラ!』を今度帰阪したら探してみようと思いました。ただ、磯じまんに強い郷愁のある大阪人もきっと沢山いると思い、その気持ちを伝えたくなり送りました」

──強い思い入れが伝わってくる声だ。確かに「磯じまん」も大阪ではかなり有名である。実を言うと、私(中澤)の祖父も「磯じまん」派で、生前はいつも枕元に置いていた(食べていたかは謎)。というわけで、今回も出身地がバラバラの9人の男女で多数決を決行することに。2つを食べ比べての主な意見は下記の通りだ。

・アラ派の意見

大阪府出身30代男性「味の深みが違う」
noritukudani4
北海道出身30代男性「甘さがいいですね」
noritukudani11
長野県出身20代女性「『磯じまん』はしょっぱくて、ご飯と食べた時にしょっぱさが勝つ気がしました。『アラ!』はその加減がちょうどいい」
noritukudani14

・磯じまん派の意見

静岡出身30代男性「『磯じまん』の方が甘さ控えめで好きです。海苔の風味も強い」
noritukudani7
東京都出身30代男性「海苔感があっていいですね」
noritukudani6

・総括

議論のような意見が飛び交った末、「磯じまん」は海苔感が強く、「アラ!」は甘みと深みのある味が特徴であることがわかった。ご飯と食べる時にしょっぱさを求める人は「磯じまん」が好きなのかもしれない。ただ個人的には、やはり総合力で「アラ!」が勝っているように感じた。そして、多数決の結果は……
noritukudani13
7対2で「アラ!」の圧勝! 思っていた以上の大差での勝利となった。今回も圧倒的な実力を見せつけた「アラ!」。この勝負により、最強の座は盤石のものになったと言えるだろう。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼「アラ!」の圧勝だった

海苔の佃煮

A photo posted by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on