サラリーマンの味方・磯丸水産。安価で海鮮が食べられるこの居酒屋の名をよもや聞いたことがない人は……まあ、いるかもしれないが、500円くらいから七輪焼きが楽しめるところは最高だ。居酒屋にほぼ行かない私(中澤)も磯丸水産は行ったりするくらい。

そんな磯丸水産の姉妹店のそば屋もまたサラリーマンの味方だった。牛肉に埋もれる大盛そば! 肉つけそばで体力満タン!!

・充実のメニュー

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ち食いそば放浪記」。訪れたのは池袋東口だ。横断歩道を渡ってすぐの飲食街にその店『玉川』がある。

メニューはそばから丼ものまでかなり多種に渡っており何より安い。例えば、「もりそば(税込290円)」は立ち食いそば屋の中でもかなり高コスパだ。また、「鶏の唐揚げ(3個で290円)」などのおつまみやビール(生中290円)があるのも仕事上がりのサラリーマンにはたまらないところだろう。

・名物

中でも名物となっているのが「肉つけそば(並580円)」。昼時、食べる気満々で来た私は、「特盛り(880円)」の食券を購入した。

ムードのある店内には老若男女の姿がある。広いため、一見さんでも入りやすいのかもしれない。奥のカウンターで食券を渡し席で待っていると、ほどなくして番号を呼ばれた。

大皿に盛られた肉・肉・肉。その肉に埋もれるようにこんもり盛り上がるそばの山。それは特盛りと呼ぶに相応しい光景だった。つゆの中でキラキラ光るのはラー油だろう。

・肉とそばの山

食欲をそそる豪快な景色に私もまた冷静ではいられない。箸で挟める量の限界までそばをつゆに泳がせた後、口に放り込んだ!

最初に感じたのは甘み。むしろ、辛いと思っていたが、つゆ自体が意外なほどに甘い。ラー油のピリ辛が顔を出す感じの甘辛さは、コシの強い麺とマッチする濃厚な味だ。

次に牛肉と一緒に食べてみることにした。再び限界までドボン! 口に放り込むと……

ウマイ! 牛肉のジューシーな旨みが味に深みをプラスするようである。海苔を入れると、磯の風味がこれまたグッド。さらに、ネギを入れるとさっぱりした後味に変わり、1つトッピングするごとにコロコロ変わる表情が飽きさせない。それにしても……


全然減らねー!!

View this post on Instagram

肉とそばの山!

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on


ちょっと食べたくらいでは不変の山っぷり。まさに動かざること山の如し。空いてたお腹も満タンになった。

・インパクトだけじゃない

色々味が変わって飽きないはずなのに飽きるまで食べられるこのそば。大都会池袋をサバイブする男たちの胃袋には持ってこいと言えるだろう。

なお、インパクトあるこの店の名物だが、他のそばを注文している人の方が多く、決してインパクトだけで闘っているわけではないことが分かる。そう言えばそば自体も甘みがありウマかった。老若男女幅広い層に支持される理由の一端が垣間見えた気がした。

・今回紹介した店舗の情報

店名 玉川
住所 東京都豊島区東池袋1-3-3
営業時間 24時間営業
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.