ajit

私(佐藤)は最近所用で郷里の島根県に帰っていた。半年ぶりくらいに両親と食卓を囲み、ああでもないこうでもないと、どうでもいい話をしていた。その時に、ふと思った。親父は私がどんな仕事をしているのか、知っているのだろうか?

親父はたたき上げのペンキ職人で、18歳の頃から現在まで47年間、現場仕事をしている。半世紀にもわたってペンキ一筋で来た男だ。ネットニュースのライターとして働く私のことを、どれだけ理解してくれているのだろうか? 気になったので率直に聞いてみた。

・スマホを使いこなせない母親

有難いことに、私の両親はとても若い。22歳の時に私と弟(双子)をもうけたので、同世代の親たちよりもはるかに若いのだ。とはいえ、ネットのことにとっても疎い。親父はガラケーを使っており、母親は最近スマホに変えたそうだ。しかし、アプリなどについてはまったくと言っていいほど知識がない。

ajit4

母親「LINEはどげして使うかね」

というので、スマホを見てみると、LINEアプリがダウンロードされていない。余計なモノをスマホに入れて、ムダな問題に巻き込まれて欲しくないので、「LINEなんかせんでもいい」と言ってアプリを入れないままにしておいた。

・息子がナニをやっているか、多分知らない

そんな調子だから、当然私が仕事をしている当サイト「ロケットニュース24」を1回も見たことがない。弟から見せられたことはあるかもしれないが、自発的に見たことはないだろう。パソコンはないし、スマホも使いこなせていないのだから。したがって、私がドナルド・トランプ氏に変身したり。

donaldt21

ホストに挑戦したり。

host21

関口メンディーさんみたいになったり……。

mendy15

そんなことを知るはずもない。

・時々テレビに出演

しかし時々、偶然テレビに出演することがある。たとえば、10月のハロウィンの時のこと。私はたまたま日本テレビ系の『NEWS ZERO』のインタビューを受けていた。

ajit5

仮装で出かけるには早すぎた日に、ほかに仮装した人が誰もいなくて、集中的にインタビューを受けてしまったのだ。テレビに出たことを誰かに聞いたらしく、親父は「テレビに出ちょったらしいがな」と尋ねてきた。

ajit6

・思い切って質問!

そうだ、「IT系に勤務する会社員(42)」として紹介された。たしかにIT系会社員だけど、何かちょっと違う気もする。自分の職業は一体何なのだろうか? 自分でも自分の職業に対して、イマイチ確信が持てない。ということは、親は私のことをどう思っているのだろうか? これはいい機会だ、そう思い、思い切って聞いてみた。

佐藤「親父、俺がどんな仕事しちょうか、知っちょう?」
ajit7

親父「知らん」
ajit8

親父「興味もない」
ajit9

変にアレやコレやと聞かれても困るけど、父よ、あんたの息子やで。「興味もない」とはなかなか……。もう少し関心を持ちましょうよ、父よ。

しかし親父は、その後にこう続けた。

親父「それでも生活がなっちょうなら、いいじゃんねえか」

ajit2

おかげさんでやって行けちょりますわ。おとっつぁん。ホントにそのことだけん。欲張らん限り、満足できぃやな生活が送れちょうますわね。そげん言っても、おとっつぁん。「興味ない」はちょっこ言い過ぎじゃないかね。もうちょんぼしオラのことにも関心を持ってごすだわね。そげん言われたら、なんててかんてて言われんがね。オラももっとがんばって、おとっつぁんに関心を持ってもらえやにがんばあわ。

(出雲弁翻訳:おかげさんでやって行けてますよ。お父さん。ホントにそのことだね。欲張らない限り、満足できるような生活を送れていますよ。そうは言っても、お父さん。「興味ない」は少し言い過ぎじゃないの。もう少し私のことにも関心を持ってくださいよ。そう言われたら、何とも言えないでしょう。私ももっとがんばって、お父さんに関心を持ってもらえるようにがんばります)。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼親父に質問した動画