これから夏に向けて、怪談や心霊写真、怪奇現象について語るテレビ番組が続々と放送されるようになると思うが、ひと足早く、背中が「ゾゾゾ~……!」となってまうような話をお届けしたい。

ジャック・ニコルソンの怪演が光るホラー映画の金字塔、『シャイニング』の撮影で使われたホテルに宿泊した客が、なんと心霊写真を撮影! その映像が、あまりにも不気味かつハッキリしていてマジで恐怖なのである!!

・『シャイニング』ってどんな映画!?

By golly! I think I may have captured a #ghost at #StanleyHotel. #EstesPark

A post shared by Henry Yau (@ares415) on

では本題に入る前に、『シャイニング』がどんな映画なのか簡単に説明したいと思う。

人気ホラー作家スティーヴン・キングの小説を映画化した本作の主人公は、作家志望のジャック・トランス。冬の間のみ閉鎖されるオーバールック・ホテルに、トランス一家は管理人として住み込むことに。

そのホテルでは過去に管理人が、宿泊していた家族を惨殺するという事件が起こっていた。そして、外界から孤立した環境で次第と正気を失っていくジャックが、ついに惨劇を起こしてしまう……というストーリーだ。

・映画のロケで使われたホテルに幽霊が……!?

そして、本作のロケで使われた米コロラド州エステス・パークにあるスタンレー・ホテルで、心霊写真を撮影してしまったのは、宿泊客のヘンリー・ユーさんだ。

夜間に、ホテルのロビーで写真撮影をしていたヘンリーさんの写真には、階段の踊り場付近にたたずむ人が写っている。暗いながらも修道女のような人影がハッキリと見え、その背後には、子供のような影も映っているようだ。ロビーと階段には誰もおらず、撮影した映像を最初に確認した時は、人のような幻影が写っていることに気づかなったという。

・撮影後に原因不明の体調不良に襲われる!!

その夜、原因不明の体調不良に襲われたヘンリーさんが、翌日に画像を再度確認したところ、幽霊とも幻影とも説明がつかない、人の姿が写っていたことに気付いたのである。彼は、急に体調を崩してしまった理由は、霊と遭遇したからではないかとも述べている。

スタンレー・ホテルが呪われているという話は有名で、ホテルが立っている土地は、1872年に戦いに敗れた原住民から植民者によって取り上げられ、多くの霊がさまよっていると言われているのだ。ヘンリーさんの写真が本当に心霊写真なのかどうか定かではないが、いわく付きの場所だけにその可能性は高そうだ。

ちなみにスタンレー・ホテルでは、毎年ゴースト・ツアーやホラー映画祭などが催され、ホテルをホラー博物館ににする企画が進行中だとも伝えられている。

参照元:Instagram @ares415INQUISITR(英語)
執筆:Nekolas

▼ヘンリーさんが撮影した写真について報じたニュース動画はこちら

▼女性の後ろには子供のような幻影も写っている……!?