0
2015年7月31日、2022年冬季オリンピックの開催地が、中国・北京に決定した。史上初の夏季・冬季の両方のオリンピックを開く都市が誕生したのだ!

その嬉しいニュースに沸く一方で、早くもパクリ疑惑が浮上している。北京冬季オリンピック招致活動のテーマソング「冰雪舞動」が『アナと雪の女王』の「Let it go」にソックリだと、ネット上で指摘されたのだ。

・レリゴーに激似という「氷雪舞動」

レリゴーこと「Let it go」と、今回パクリ疑惑が浮上した「氷雪舞動」。2曲ともピアノで始まる前奏。実際に聞き比べていただきたいが、確かに似たように聞こえる。 

・ネットユーザーの声「完全に一致」「似すぎててオシッコ出た」

この2つの曲が似ているとネット上で指摘されると、中国版Twitter・Weibo上で話題に。中国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「完全に一致」
「似すぎててオシッコ出た」
「俺たちが気づかないとでも? バカにしてるのか?」
「恥ずかしい」
「確かに似ている。しかも五輪招致ソングとか恥ずかしすぎる」
「せっかく北京冬季五輪が決まったのに、パクリで台無しにしてほしくない」

などの声が寄せられている。その一方で、「集中して聞いたら、そんなに似ていなかった」「後半は完全に別の曲。レリゴーみたいな盛り上がりがない」という意見もあり、この疑惑に関心が寄せられていた。

・中国メディアが苦言

中華圏のいくつかのメディアで「パクリ疑惑」が報じられたが、中国メディア環球時報では、この件について「聞いた感覚だけで判断してはいけない」と苦言を呈されている。パクリかどうかは、専門的な分析を経て判断すべきである、としているのだ。

そう言われると、最後まで聞いてみると、前奏と終奏のピアノ部分は似ているものの、途中から旋律が変わってレリゴーの完全コピーという印象は薄れるのは確かだ。

パクリ疑惑の「氷雪舞動」は、アナ雪の中国語名『氷雪奇縁』を想起させるタイトルというのも「激似」という印象を強めたのかもしれないが……。この2曲を聞き比べてみて、あなたはどう思っただろうか?

参照元:YouTube新浪新聞環球時報(英語)
執筆:沢井メグ

▼こちらが「氷雪舞動」

▼レリゴーの中国語版

▼比較動画

▼こちらは台湾のニュース動画だ