m85-1

Amazonベストセラーのエアガン部門などを地味ィ〜に攻めていく「GO羽鳥のエアガンシリーズ」であるが、3丁目となる今回は、まいどおなじみ『東京マルイ』のエアガンではない。謎の中国メーカーが作り上げた、怪しさ満点の電動エアガンだ。

箱に書いてある銃の名前は『M85』。しかし、銃の形としては『H&K G36』に限りなく近い。一体なぜ、M85という名前になったのかは謎である……が、そこが中国産の良いところ。このような「?」が満載されているのが、この商品の特徴だ。

・Amazonベストセラーの「サブマシンガン」部門1位

まず最初に価格について書いておきたい。なんとアマゾン価格は4980円! 送料1000円が別途かかるが、それでも安い。その安さが魅力なのか、Amazonベストセラーの「サブマシンガン」部門では、不動の1位を守り続けている。m85-2

・【付属品】レーザーサイト(付属致しません)

さらに、Amazonの商品説明もスゴイ。付属品の欄には「レーザーサイト(付属致しません)」や、「※付属のBB弾はバリがあるため使用しないで下さい。弾詰まりの原因になります」と書かれてたりして、いやが上にも期待&不安は高まる。

しかしながら、Amazonのユーザーレビューを見てみると、なかなかの高評価。悪いところは、もちろんある。しかしながら、これはこれで良いんじゃねえか的な、実に心が広くて大らかな感想が多いのだ。はたしてその声は本当なのか? 買ってみた!

注文してから約10日、やっとこさ『M85』が届けられた。なぜこんなにも時間がかかったのかは謎であるが、このあたりの JIRASHI(じらし)も、一種の中国式プレイであると考えれば逆に快感に変わってくる。好(ハオ)よ〜、好(ハオ)よ〜。m85-3

・とんでもなく充実している付属品

ドキドキしながら開封してみると、うわさ通りの「異常に充実している付属品」たちが目の中に飛び込んできた。本体、マガジンは2本、サイレンサーにサーチライトにレッドドットスコープ、AVアダプタにバッテリー、ご丁寧に単4電池まで同梱だ!

ちなみに説明書は中国語&英語。日本語なんて一切書いてない。さらに、バッテリーを何時間充電すればいいのかすら一切書いていないというスパルタ方式。Amazonの商品説明欄によれば、初回は12時間、2回目以降は8時間とのこと。わりと長い。m98-4

・とんでもなく音がうるせえ

ともあれ、ガチャガチャと組み立ててカタチにしてみる。……イイ。わりとイイ。オモチャっぽくはあるが、フルスケールの大きさと、ほどよい重さがタマランチ。マガジンに30発ほどの弾を入れ、いざトリガーを引いてみると……

ガンガンガンガンガンガンガンッ!!

──と、想像以上の機械音。正直言えば、かなりうるさい……のだが、その野暮ったらしさが中国風と考えれば逆に快感に変わってくる。好(ハオ)! 好(ハオ)!! どんだけ野暮ったいのかというと、今から20年くらい前の電動エアガンの音といった感じだ。

しかしながら、命中率はナカナカのもの。そしてパワーも実に強力。個人的な印象としては、東京マルイの電動ガンボーイズシリーズよりも威力的には上だと思う。ちなみに飛距離は約25メートルらしい。このままサバゲーに持っていってもOKだろう。m85-6

・これはある意味「カラシニコフのコピー銃」だ

結論としては、オモチャとしては実に良い。こんだけ安いのだから文句なしだ。Amazonレビューによると「壊れやすい」との声もあるが、そもそも完璧な商品なんて中国産に求めていない。「カラシニコフのコピー銃」と考えたらシックリくる。

しかも、これだけ付属品が入って5000円なら、「これはこれで良いんじゃねえか」というのが私の正直な感想だ。だが、この銃をオススメできるのは心の広い上級者。電動ガン初心者や、女性に対しては、マルイの電動ガンボーイズをオススメしたい。

参照元:Amazonベストセラーサブマシンガン1位「M85エアガン」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼ドキドキ開封の感動を動画でお届け

▼Amazonの商品説明のここ、マジで一休さんなみのトンチ
amazonnandeyanen
▼電動ガンボーイズとの大きさ比較
m85-5
▼充実し過ぎな付属品
m85-1
▼レッドドットスコープは気分がアガる
m85-7
▼動画を見る時間が無い人はこれで機械音をチェック

こちらもどうぞ → 「GO羽鳥のエアガンシリーズ