「歌謡曲」にまつわる記事

今、演歌界がアツい! 浅草の老舗レコード店『ヨーロー堂』店主に聞いた最新演歌事情 / 若手男性歌手は戦国時代

先日浅草を訪ねた私(佐藤)は、雷門からほど近いレコード店『音のヨーロー堂』で演歌のカセットテープを購入した。記事を公開した後に、店主の松永好司さんからご連絡を頂き、「演歌・歌謡曲を深堀りしませんか?」とお誘いを受けたのである。

実に魅力的なお誘いだ。専門家でなければ、おそらくなかなか知ることの出来ない演歌の話。それは聞いてみたい! ということで再度ヨーロー堂を訪ね、松永さんのお話を伺い、演歌の手ほどきを受けた。そしてわかったのだが、今の演歌界はアツい! 実にアツい!!

続きを全部読む

【ブレイク目前】今聴くべき演歌・歌謡曲の若手アーティスト5選

乙女たちの黄色い声援が飛び交う男性アイドルたちのライブ。そんな彼らに負けないくらい、中高年レディーたちを熱狂させている「ブレイク目前のアーティスト」の存在をご存知だろうか? 何を隠そう、それは「演歌・歌謡曲系の歌手」たちである。

歌謡界には歌唱力やルックス、そして人柄の良さを兼ね備えた若手がわんさかいる。そこで、今回は元演歌雑誌の記者だった私(りょう)がおススメする、今注目すべき男性歌手 & グループを紹介したい。「演歌かよ……」となめてる若者も、彼らのステージを見れば熱狂……いや、ヤケドするかもしれないぞ

続きを全部読む

謎の書物『亞書』の出版元の住所地に行ったら理容室だったので「スポーツ刈り」にしてもらった

謎の作者に謎の出版社、謎の価格(1冊6万4800円)に謎の大長編(全96巻)、それなのに、なぜかAmazonでしか流通していない──という、すべてが謎に包まれた書籍『亞書』については以前の記事でお伝えした通りであるが、それらの謎は未だに解明されていない。

だがしかし、出版元の住所地を調べてみると、意外な場所であることが判明した。実際に行ってみると……なんと理容室だったのである! 出版元との関係は不明なのだが、せっかくなので「スポーツ刈り」にしてもらったぞ!

続きを全部読む

ベーシストが聞いたらスゴすぎて絶対に笑う! ベースラインがカッコいい歌謡曲・演歌15連発

皆さんは音楽のベースラインに、耳を傾けたことはあるだろうか。どうしても、メロディーやリードギターなどの音が耳についてしまいがちだが、よくよく聞くと、地味ながらカッコいいフレーズを演奏しているベースの音が聞こえてくる。今回はそんなカッコいいベースラインの歌謡曲や演歌についてお伝えしよう。

続きを全部読む